重い症状になることが特徴

原因も症状も、インフルエンザと風邪ははっきりと違います。
風邪の場合は、急性の呼吸器の炎症で、鼻水、のどの痛み、咳などの症状があります。
発熱、食欲不振、頭痛などが起きる場合もあります。

インフルエンザの場合は、インフルエンザウイルスによる病気です。
風邪の場合よりも急に病気になり、重い症状になることが特徴です。インフルエンザになると、1日~5日経ってから、全身に筋肉痛や38℃以上の高い熱などの症状が出てきます。
健康な場合には、3日~7日間この症状が続いてから、治ってきます。
肺炎や気管支炎が一緒に起きやすく、心不全や脳炎になることもあります。

インフルエンザウイルスは感染力が非常に強く、一度流行すると、性別や年齢に関係無く、短い期間で多くの人に感染します。
日本においては11月~4月に毎年流行します。

急に全身に痛み、発熱などの症状が出る

インフルエンザの症状としては、急に発熱、全身に筋肉痛や関節痛、頭痛、倦怠感などの症状が出てきます。
激しい咳がほとんどの場合あります。後から鼻水が出てきます。思い症状になって、感染してからしばらくして急に悪くなって、40℃くらいの熱が出る場合もよくあります。
インフルエンザが流行っている時に、高い40℃近い熱が出た場合には、間違いなくインフルエンザと考えておきましょう。

インフルエンザと風邪の症状の違いについてご紹介しましょう。
風邪の場合には、症状がのど・鼻に現れ、ゆるやかに進んで、熱は出ないか、出たとしても37℃~38℃くらいです。
一方、インフルエンザの場合には、症状が全身に現れ、急に進んで、熱が40℃くらいになります。
このように、風邪とインフルエンザは症状が明らかに違っています。

全身がだるくなる、などのひどい症状がある

インフルエンザはインフルエンザウイルスによる病気で、ウイルスが鼻や気管支、のどなどに感染します。症状としては、急に38℃~39℃をオーバーするような発熱と関節痛、頭痛、筋肉痛などがあります。
さらに鼻みず、せき、のどの痛みなどの症状が出てきて、全身がだるくなるなどのひどい症状になります。このような症状がインフルエンザが流行っている時期にあった場合には、インフルエンザの恐れがあります。

症状が現れるまでの期間は、平均では3日間くらいと言われています。
約1週間でほとんどの場合は治ります。

しかしながら、高齢者、乳幼児の場合には、肺炎、気管支炎などが一緒に起きたりして、最も悪くなった場合には亡くなる場合もあるので注意しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ふうしんについて

ふうしんは、ふうしんウイルスによってかかる急性の感染症です。ふうしんウイルスは、空気感染、飛沫感染、接触感染…

5歳以下に起こりやすい「小児肘内障」 ヒジが抜ける原因と対処方法とは?

子どもは成長するにつれて、その行動の予測がしづらくなります。時にはヒヤッとする場面に出くわすこともありますよ…

デング熱の国内感染事例の発生状況について

デング熱というのは、急性の熱性の感染症で、デングウイルスが感染することによって起きるものです

発熱についてしっておこう!その7

おたふく風邪の正式名称は「流行性耳下腺炎」といいます。 ムンプスウイルスの感染により発症するもので潜伏期間は…

インフルエンザにかかったら、どのくらいの期間外出を控えればよいか

インフルエンザになった場合には、外出するのをどの程度の期間控えるといいのでしょうか?

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子