ノロウイルスによる食中毒を予防する方法

代表的なノロウイルスの食中毒の要因としては、二枚貝のカキなどがあります。しかし、このようなものを食べていない場合でも、ノロウイルスによる食中毒に多くの人がかかっています。

ノロウイルスは人体に口から入り、小腸で増え、大量に嘔吐物や便から出されます。手などにこのウイルスが付き、感染が食べ物を介してすれば食中毒になります。例えば、手にウイルスが付いている人が料理をすると、ウイルスが食べ物について感染するようになります。

ノロウイルスによる食中毒を予防する方法についてご紹介しましょう。二枚貝のカキなどの場合は1分間85度以上に中心温度がなるように調理をする、包丁やまな板などは消毒を行ってこまめに洗う、果物や野菜など、口に生のままで入れるものはよく洗う、料理の前には手をしっかりと洗う、下痢や嘔吐などがある場合は料理をしない、ということが必要です。

調理する器具類を洗浄したり消毒したりする

調理する器具類を洗浄したり消毒したりすることが、ノロウイルスによる胃腸炎を予防するためには必要です。
ふきん、まな板などの調理器具は十分に洗いましょう。消毒する場合には、煮沸あるいは塩素系の消毒剤が有効です。

1分以上85℃以上で加熱すればノロウイルスは感染力が無くなります。次亜塩素酸ナトリウムの成分で5%~6%の塩素濃度の台所用の塩素系の漂白剤が、塩素系の消毒剤としてはあります。調理器具類の消毒を行う場合は、200ppmに薄くして使いましょう。使う場合には、薬剤に書いてある注意事項を十分に確認して使いましょう。

参考までに、200ppmの次亜塩素酸ナトリウムの作り方についてご紹介しましょう。使う直前に、ペットボトルに1リットルの水を入れ、塩素系の漂白剤を4mlのペットボトルのキャップ入れて混ぜます。

十分に手洗いをすること

十分に手洗いをすることが、ノロウイルスによる胃腸炎を予防するための基本です。調理する前や食事の前などには、手をしっかりと石けんで洗いましょう。

汚れが特に残りやすい指の間、指先、手首、親指の周りは、十分に洗いましょう。一般的に、手指を消毒するための消毒薬や消毒用アルコールは、あまりノロウイルスに対しては効果がないため注意しましょう。

食べ物は加熱することが、ノロウイルスによる胃腸炎を予防するためには必要です。加熱して調理する場合は、火を中心まで十分に通しましょう。二枚貝を調理する場合は、中心部まで90秒間以上85℃~90℃で加熱しましょう。二枚貝の生のものを扱った調理器具や手指については、十分に洗いましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

12月13日の「ビタミンの日」に考えるインフルエンザ対策

急に寒くなった今日この頃ですが、今日12月13日は「ビタミンの日」ということで、風邪やインフルエンザ予防のた…

負けないアクションーその2 よくねむる

毎日規則正しくたっぷり眠ることは、ウイルスに負けない体づくりにとっても大切なんだ。眠っている間に疲れが取れて…

インフルエンザ、子供のワクチン接種について

インフルエンザワクチンの摂取に関するまとめです。 生まれた後6か月以上で13歳未満の場合は、インフルエンザワ…

乳酸菌を摂取する

ウイルス感染を防ぐために大事なことは、内側からのガードです。 その為の方法のひとつとして考えられるのが、乳酸…

はしかの集団感染 はしかから身を守るには?

ニュースで大きく取り上げられた「はしかの感染」報道。関西空港付近で多くのはしか感染が発覚し、大騒ぎになりまし…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子

Sponsor