喉ごしもよく食べやすいおやつ

手足口病や口内炎など、小さいお子さんで口に腫れ物ができてしまうと、どうしても食欲が落ちてしまい、食事をとる事自体が難しくなってしまう事も多いと思います。

そんなときには、なるべく味付けに刺激が少なく、口の中を刺激しない食事を心がけるようにします。
また食事の量自体が普段に比べると減ってしまうお子さんが多いので、食べやすく工夫したおやつを食事とあわせてとるようにし、体力の低下を防ぐようにしましょう。




<ミルクくずもち> 材料と作り方

(材料)~子供4人分~

片栗粉…24g
牛乳…100g
砂糖…100g
きな粉…15g
砂糖…10g


(作り方)
1、 トッピング用のきな粉、砂糖は混ぜておく。
2、 鍋に片栗粉、牛乳、砂糖を入れ火にかける。たえず混ぜ続け底からフツフツとし
て固くなってきたら火からおろす。
3、 バットに流し入れ冷蔵庫で冷やす。
4、 お皿に取り分け、きな粉をトッピングする。

もちろん普段のおやつにも

ご家庭で簡単に出来て、舌触りも滑らかで小さなお子さんでも食べやすいおやつです。手足口病や口内炎で食事が取れない時にでも、舌を刺激することなくおいしく、牛乳や大豆の栄養であるタンパク質、ミネラル、を取る事が出来ます。

加熱直後は柔らかい状態ですが、冷蔵庫で冷やす事でプルプルとしたなめらかな食感になります。
病気のときはもちろん、お子さんが食べやすい味付けなので普段のおやつとしても重宝します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

「食べること」について

管理栄養士の宮本仁美です。 私の考える「食育」、食べることについてご紹介します。 乳幼児期は食習慣を決める第…

低GI食品で腹持ちも◎ 焼きビーフン

ビーフンは米から作られた麺です。 お米に比べると比較的腹もちが良い食品です。同時に、色んな野菜と一緒に炒めて…

便秘予防に れんこんきんぴら

レンコンには、食物繊維が多く含まれており、便秘予防に効果的です。 ごま油の風味が良く、甘辛い味付けは小さいお…

免疫力を高めるので手足口病の時にも 芋ようかん

カルシウムと食物繊維を多く含むさつま芋を使用した芋ようかんは、成長期に適したおやつです。 腸を刺激し活発化さ…

咀嚼力をつけよう 五目豆

大豆、昆布、鶏肉、椎茸、いずれも小さいお子さんには良く噛まないと食べられない食材です。

関連するキーワード

管理栄養士 宮本仁美

プロフィール
宮本仁美
1968年生まれ、1991年女子栄養大学を卒業
平成11年社会福祉法人 高砂福祉会 六高台保育園入職

以降、栄養バランスのとれた保育園給食献立の作成を行ってきた。 

Sponsor