柔らかさを調整して小さいお子さんにも食べやすく

豆腐ハンバーグは、かなり柔らかいので1歳未満のお子さんでも食べやすいハンバーグです。
付け合わせの野菜は柔らかさを調節して手づかみ食べにもなるので、お子さんの発達の食べる意欲にもつながります。

離乳食から通常食へ移行する際に活用したい献立です。

<豆腐ハンバーグ> 材料と作り方

(材料)~子供2人、大人2人分~
木綿豆腐…250g
玉葱…50g              
鶏挽肉…150g
パン粉…16g
卵…24g
塩…0.1g               
植物油…1.6g
 <A>
  醤油…7g
  塩…0.1g
  砂糖…5g
  みりん…1.6g
  片栗粉…1.6g
 <付け合せの野菜>
  さやいんげん…50g
  塩…0.6g
  植物油…2g
  人参…40g
  コンソメ…1.2g
  砂糖…0.4g
  バター…2g


(作り方)
1、玉葱はみじん切り、豆腐は水切りをしておきます。さやいんげんは食べやすい大きさにカットし軽く茹でておきます。人参は、横4等分にし、細い部分はそれを縦に4等分、太い部分は8等分にカットします。
2、水切りした豆腐、みじん切りにした玉葱、挽肉、パン粉、卵、塩を混ぜ合わせハンバーグのタネを作ります。
3、フライパン又はオーブンに油を入れてハンバーグを焼きます。
4、Aの材料を火にかけ、たれを作ります。
5、さやいんげんに塩をかけて油でソテーします。人参は人参がかぶるくらいの水にコンソメ、砂糖、バターを加えて煮ます。
6、ハンバーグにたれをかけて、いんげんと人参を添えます。

「TOFU」は世界共通の健康食品へ

豆腐は良質なタンパク質を含む大豆から作られ、非常に消化吸収に優れた食材ですが、タンパク質や脂質などの栄養素のみでなく、体の機能を調節してくれる食品としても注目されるようになってきました。

身体の調子を整えたり老化を遅らせたりする成分を持っている豆腐は、比較的にお肉を食べることが多い欧米等でも非常に高い関心を持たれている食材です。長寿の国・日本で食べられている豆腐は、世界でも「TOFU」として通用する言葉になっています。

今回のように豆腐ハンバーグにすると、子供達が喜んで食べてくれますので、豆腐と混ぜる食材に少し工夫してみると、好き嫌いの克服にも役立ちます。
例えばひじきと枝豆を一緒に混ぜたり、椎茸や人参もとても良く合いますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

「食べること」について

管理栄養士の宮本仁美です。 私の考える「食育」、食べることについてご紹介します。 乳幼児期は食習慣を決める第…

風邪予防に ブロッコリーのシチュー

緑黄色野菜である、ブロッコリー、ニンジンがたくさん入ったシチューです。 ブロッコリーはビタミンAを豊富に含み…

解熱効果も期待! 梨の寒天ゼリー

梨には様々な薬効があり、解熱効果が期待できます。 また、風邪をひいて咳が出る時や、のどがひりひりする時、痰が…

成長期にピッタリ 豆腐のうま煮

豆腐の原料である大豆は、畑の肉と言われ、良質なたんぱく質と脂質を含む、栄養価の高い食材です。 またビタミンD…

成長期のお子さんに ビーンズスープ

大豆はあまり消化が良くないと言われていますが、豆乳になると消化吸収率は格段にアップします。 その為、消化機能…

関連するキーワード

管理栄養士 宮本仁美

プロフィール
宮本仁美
1968年生まれ、1991年女子栄養大学を卒業
平成11年社会福祉法人 高砂福祉会 六高台保育園入職

以降、栄養バランスのとれた保育園給食献立の作成を行ってきた。 

Sponsor