ビタミンの日とは?

『ビタミンの日』制定委員会では「ビタミンB1」(オリザニン)の発見者として知られる鈴木梅太郎博士を顕彰し、ビタミンの知識の普及に寄与する情報発信活動を行っていくことを目指し、博士が当時の学会(東京化学会例会、1910年=明治43 年) に発表した12月13日を『ビタミンの日』として制定しました。

なじみのある「ビタミン」を約100年前に日本人が発見したことを思うと、日本人として誇りを感じますね。化学者の鈴木梅太郎博士が脚気に効く物質を発見して、それをオリザニンと名付けて発表した日にちなんで制定されたようです。

後に発表されたビタミンB1と同じ物質であることが確認されたため、ビタミンを最初に発見したのは日本人ということになります。

しかし、日本語の論文であったため認知されず、「ビタミン」の名前で世界に広まったみたいです。

ビタミンの名前の由来は、「vital(生命)」と「amine(化学物質のアミン)」という単語から名前がついたようです。

動脈硬化や老化を防ぐビタミンA

ビタミンAはがんや風邪の予防、美肌効果が期待できるビタミンです。風邪予防にはビタミンC同様大切な効能をもっています。ウィルスの侵入を防ぐために大切な粘膜の形成や正常化を保っているのがビタミンAなのです。

鼻やのど、口の粘膜が弱るとそこにどんどんウィルスは侵入し、風邪だけでなく様々な病気を引き起こしてしまいます。そのため、予防のためにもビタミンAは健康を維持するために大切な栄養素です。

ビタミンの中で一番働き者のビタミンC

みなさんに一番なじみがあるのもビタミンCだと思います。
ビタミンCは、水溶性ビタミンの1種で、化学的には L-アスコルビン酸を指します。身体の活動においてさまざまな局面で重要な役割を果たしているのはご存知ですよね。

皮膚や粘膜の健康を保ち、免疫力を高める効果を持っていますが、ようするに抵抗力をあげる作用があるということです。

ビタミンAで細菌やウイルスの侵入を防いで、ビタミンCで抵抗力をあげる

ビタミンCは、みなさまも馴染みがあると思うのでいいとして、ビタミンAって何をとったらいいのっていう方のためにリストアップしてみました。

■レバー

■牛乳

■卵

■にんじん

■にら

■チンゲン菜

■ルッコラ

レバニラなんかは一石二鳥ですね。

これから寒い季節は、これらの食材を取り入れた食事を心がけるといいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

乳酸菌を摂取する

ウイルス感染を防ぐために大事なことは、内側からのガードです。 その為の方法のひとつとして考えられるのが、乳酸…

恐怖!旦那さんインフル感染、我が家のインフル攻防戦

現在妊娠中の私。 風邪やインフルエンザには人一倍気をつけ、旦那さんにも念を押していたのにもかかわらず… イ…

はしかの集団感染 はしかから身を守るには?

ニュースで大きく取り上げられた「はしかの感染」報道。関西空港付近で多くのはしか感染が発覚し、大騒ぎになりまし…

寒気南下。冬の寒さ到来。インフルエンザと風邪の違いについて

秋冬になると毎年流行する、インフルエンザやノロウイルス。 ウイルス感染による子どもやその家族への影響は、社会…

室内温度は20~25度に保ち、湿度は50~60%にすること

人体をウイルスから守るために必要なことは、室内を快適な環境に保つことです。室内温度は20度から25度くらいに…

関連するキーワード

ウィルスに負けるなP

秋冬になると毎年流行する、インフルエンザやノロウイルス。
ウイルス感染による子どもやその家族への影響は、社会的にも深刻な問題となっています。
本プロジェクトでは、ウイルス感染する子どもたちを減らし、1校、1学級でも多く学級閉鎖を減らすことを目指して、公益団体と民間企業が一体となり様々な啓発活動を行います。
3つの推奨アクションで、ウイルスに負けない社会を作っていきましょう。

Sponsor