年代別にみると、40代以降は浮気傾向にあるようです。

①1月31日が「愛妻の日」の認知率はわずか8%。
②愛妻家の妻の呼び方の1位は「下の名前」が過半数。
③妻の為に気にかけていること1位は「トイレに座ってする」。
④約75%の愛妻家が、妻も自分のことを「愛している」と実感
⑤愛妻家は、妻との夜の営みに関して「月1~5回」が1位で約半数。
40代以降から妻以外の女性との経験が増加傾向に
⑥愛妻家は10年後も「愛妻家」であると思う人が約70%。

<調査概要>
・対象エリア :全国
・対象者:20代~50代の(子どもが1人以上いる)既婚男性(有効回答数)
愛妻家と回答した300人/愛妻家ではないと回答した300人
・調査期間:2016年1月8~9日
・方法 :インターネット調査
・クリエイティブサーベイ調べ

「愛妻の日」の認知率はわずか8%!

1月31日が「愛妻の日」であることを「知らなかった」と回答した人が92%と高く、「愛妻の日」の認知率は8%と低い結果になりました。

愛妻家の妻の呼び方の1位は「下の名前」が過半数近く。

愛妻家の自宅での妻の呼び方は「妻の下の名前で呼ぶ」が一番多く54%と過半数以上であることわかりました。
また、愛妻家でない人は「妻の下の名前で呼ぶ」が39%となり、愛妻家と愛妻家でない人で差がある結果になりました。

愛妻家が妻の為ために、気にかけていることの1位は「トイレに座ってする」。

愛妻家が普段の行動の中で、妻に対して気を付けていることは「トイレに座ってする」が一番多い結果になりました。次いで「休日一緒に出かける計画をする」「家事を極力手伝う」といった結果になりました。
 また、「スキンシップをとる」「感謝の気持ちを口頭で伝える」という質問では、愛妻家は31%に対し、愛妻家でない人は15%と半分に留まりました。

愛妻家の約75%上の人が、妻も自分のことを「愛している」と実感

愛妻家に「妻はあなたを愛していると思いますか?」という質問をしたところ約75%が 「愛している」と回答。
一方、愛妻家でない人は妻に愛されている実感がある人は約40%と、愛妻家との大きな差がある結果となりました。

愛妻家は、妻との夜の営みに関して「月1~5回」が1位で約半数。

夜の営みに対する問いでは、愛妻家は「1~5回」が48%で一番回答数が多く、愛妻家でない人は「0回」が一番多く57%と、妻への愛情の高さに応じて、夜の営みの回数も変化することが分かりました。

40代以降から妻以外の女性との経験が増加傾向に。

結婚してから妻以外の女性との身体関係についての質問では、愛妻家の20代と30代男性では「経験がある」と回答した人が13%に対して、40代男性が25%(12%増加)、50代男性が35%と、40代を境に増加傾向がある結果になりました。一方、愛妻家でない人は、20代が15%、30代が27%(12%増加)、40代が39%、50代が50.70%と30代を境に増加傾向にあることがわかりました。

愛妻家は10年後も約70%の人が、「愛妻家」であると思っている

10年後も愛妻家であるかどうかという質問に対しては、愛妻家の7割が「そうだと思う」と回答し、一方で、愛妻家でない人は「そうだと思う」が3割、「わからない」が4割、「違うと思う」が3割以上という結果になりました。

本調査で20代~50代男性の「愛妻の日」の認知率は低いものの、愛妻家の認識がある人は、妻からも愛されていると実感し、そのため10年後も愛妻家でいられる自信があるということが明らかになりました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

浮気をする男性は「本能」で行い、女性は浮気を「理性」で動く

男性が浮気をしても夫婦関係が完全に壊れることが少ないのに対して、女性が浮気をすると完全に夫婦関係が壊れること…

旦那さんに上手く家事を手伝ってもらうコツとは?!

あなたの旦那さんは家事に協力的でしょうか? ワーキングママにとって旦那さんの協力は必要不可欠な要素の一つ。 …

旦那様のキャバクラ通いはNG?男の本音は...

あるアンケートで「旦那がキャバクラに通っているのを許せるかどうか」という質問がありました。それに対して許せる…

婿入り「マスオ婚」上手くいく秘訣は?

男性が婿に入って、奥さんの実家で同居する。 いわゆるマスオさんの状態です。 今は、昔に比べて婿に入ること…

産後クライシス。あなたは経験しましたか?

ずばり、今回のテーマは「産後クライシス」! この言葉自体、私はあまり知りませんでしたが、みなさんはご存知でし…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子

Sponsor