陣痛の痛み、それは男性の想像を遥かに超える!

現在第二子を妊娠中で、8ヶ月になった私。
お腹も大きくなり、胎動も痛いほどに感じるようになってきました。

出産が近づくにつれ、思い出してみるのが一人目の出産の時のこと。
朝方から陣痛が始まったものの、結局お産が終わったのが夜の22時頃で、数えてみれば19時間程の陣痛を耐えたことになります。
それでも比較的順調な出産だったのではないでしょうか。

その話を旦那さんにすると、
「ねぇそんな痛かったのに、よくまた出産しようと思えるよね…」
との返事が帰ってきました。

ええ、ええ!だって例え嫌でもそれを経てじゃないと産めませんからね!(笑)

最近では無痛分娩を行ってくれるクリニックや病院もだいぶ増えてきてはいますが、まだまだ通常分娩であれば陣痛の痛みを経験してからの出産になるのが現実です。

そんな陣痛を男性が疑似体験してみたら…。
こんな面白い検証実験を海外でやっているそうです。

その陣痛にはレベル1から10まであるそうですが、最大レベル10であっても、女性の経験する本物の陣痛の痛みに比べるとまだまだ弱いものなんだとか。

それでも男性の反応はものすごいものだったそうです(笑)

今回はこの様子を記録した動画をご紹介したいと思います。

…私も旦那さんに、ぜひとも経験してほしいなぁ(笑)

アメリカの男性が陣痛を体験したら

実験開始前に、「女性は大袈裟なんだよ!」なんて余裕をかましているお二人さん。

しかし、実験が始まるとその表情は一変。

看護師さんが徐々にその痛みのレベルを上げていくと、
「身体をノコギリで切られるようだ!」「痛くて吐きそう!!」と弱音を吐きまくり、最後に出産直前相当の陣痛を体験すると、ただただ超悶絶するしかありません。

How Men React To Labor Pain - YouTube

出典:YouTube

疑似体験をした後、この二人は

「僕の母さんはスーパースターだ!」
「お母さん本当にありがとう!!母の日おめでとう!」

と母の日でもないのに、この壮絶な痛みを耐え自分を産んでくれた母親に対して、感謝の言葉をコメントしています。

そうです、母は偉大なんですよ!(笑)

オランダ人男性が陣痛を体験したら

こちらもアメリカ人男性の場合と同様に、電気を使った装置で陣痛を疑似体験します。

徐々に上がっていく痛みに、「この装置を取り外してくれ!」と思わず懇願する男性(笑)

Proefkonijnen - Dennis en Valerio krijgen weeën (with English subtitles) - YouTube

出典:YouTube

体験した後、この二人は、

「想像していたよりももっと痛くてまるで拷問。」
「自分の奥さんがこんな拷問的な痛みに耐えないと出産できないなんて、本当に子どもが欲しいといって良いのかどうか迷ってきた」

と感想を漏らしています。

この疑似体験、日本でもやってくれないかなっ!(笑)

陣痛の痛みを疑似体験した男性は口をそろえて「こんなに壮絶な痛みだったとは…」とコメントしていますよね(笑)

そうです、女性はこれ以上の痛みを普通に耐えるんですよ!

さらに実際の陣痛ではこのように機械的なものではないですし、痛みの強弱も様々、なんの予兆もなく突然MAXの痛みで始まることだってありますもんね。

男性も少しは産みの苦しみと苦労を味わうと、子育てや奥さんに対する対応、気遣いなんかも変わってくるのではないかと思います。
会社でマタハラなんかしている男性社員には、ぜひともMAXレベルを1時間以上味わってほしいものですよ(笑)

私もこの動画を旦那さんに見せて、改めて出産の苦労を痛みを理解してもらおうと思います。

そしてこんな痛みを経験しても尚、二人目をまた出産しようとしている自分も、しっかり女で母親だね!なんてちょっと自分で自分に感心しちゃったり。

あなたはどう思いましたか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

いつまでも夫婦なかよく♡1日3分の夫婦円満術

子供に手がかかるので、旦那さんのことは後回し...。大人なんだから自分でやって!なんてことありませんか?確か…

1月31日 愛妻の日の認知率 わずか8%愛妻家の約75%の人が、妻も自分のことを「愛…

クリエイティブサーベイさんが、1月31日「愛妻の日」に合わせ、愛妻家に関する自主調査を実施したのですが、面白…

家に帰りたくない!「帰宅恐怖症」を招く妻の行動とは?

世のお父さん方、毎日仕事が終わって家に帰るのは何時頃ですか?さまざまな方がいて、各々毎日頑張っていることと思…

男が奥さんから言われて傷つく言葉

男性の言い分と女性の言い分は全く違うでしょうが、「口は災いの元」となってしまうことが多いです。これがきっかけ…

IT企業の不倫事情

某IT企業に勤めているのですが、周りは不倫だらけです。不倫ではなくても、「兄弟」になった友人が何人もいます(…

関連するキーワード

タネちゃん。

働くお母さん。
時に謎の神経質、それ以外は適当かつ豪快。
好奇心旺盛な楽観主義者。

お母さん歴はまだまだ、の新米かあさん。
5月に第二子・女の子を無事出産し、息子と娘に日々、奮闘中。

まだまだ「タネ」だけど、いつか、「お母さん」の花を咲かせたい☆

Sponsor