どんな子供がなりやすいの?

いい子症候群とは、親の期待に応えないと自分の存在価値を見出せない状態。

つまり、子どもの性格によるものではなく、親子関係におもな問題があると考えられる。

いい子症候群は一般的に、第1子がなりやすいといわれている。

長男・長女がイメージしやすいが、最近ではひとりっ子が増えたために、いい子症候群が増えているそう。

親の価値観の押し付けがいい子症候群に

ひとりっ子は親の期待を一心に受けるために、その影響を受けやすい。

親が自分の希望を押し付け、そぐわないと子どもに『お前はダメだ』というサインを送り続けていると、子が自分らしくいることができなくなってしまう。

子どもをいい子症候群にしてしまう親の反応として、勉強の成績の良し悪しで機嫌が変わる、いつも笑顔でいるべき、といった条件付きの承認をしていることが考えられる。

ほめる行為も子どもを肯定しているようですが、条件付きでほめているとしたら、それも同様。

実は、いい子症候群が進んだ状態は虐待にもなる。

親の意向に沿えないと自分の存在価値が危ぶまれえるため、子どもは親の悪口を決して言わないのだとか。

子どものためと思ってしている行動が、子の自主性を奪っていることがある。

子をいい子症候群にしないためには、親が子ども自身に問題解決をさせ乗り越えさせるなど、子どもの自主性を伸ばすことが大切といえそうだ。

いかがでしたか?

手がかかる子だから、悪い子。

そんなことありませんよね。

もちろん毎日長時間子どもと接していることの多いお母さんは、手のかからない子のほうが助かりますが。

手がかかることも、その子の個性だと思えるくらい寛大になりたいものです。

でも、手がかかるとイラッとしてしまいますよね。

わかります!

そんな時は、今日の記事を少しでも思い出して、落ち着いて頂ければ幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

挨拶ができない子どもが増えた?しつけとは何か?

ただ最近は当たり前のことができない子供が増えているとのこと。 それは親のしつけにも問題があるみたいです。

「スマホ」が赤ちゃんに与える悪影響4つ

忙しい時や静かにしてて欲しい時などついつい子供にスマホを渡してしまいます。動画を見せたり、簡単なゲームをやっ…

親が病気になった時の子供の不安について

僕が大学2年生で父が52歳の時、くも膜下出血で倒れました。その時に僕が抱いた不安などを書いていきたいと思いま…

子供に思いを伝える話し方

仕事に育児に家事、と毎日忙しくされている方も多いと思いますが、そんな時、何度伝えても変わらない子供の行動に、…

見習うべき私の上司、スーパーバツイチお母さんについて

私の上司は、バツイチで一人の男の子のお母さんです。たまに見せる上司の弱気な部分が可愛いと思う反面、いつも自分…

関連するキーワード

BIGパパ

はじめまして。三十路の2児の父、BIGパパと申します。
(実は、年内に3児になる予定です。)
B型。趣味は野球。家族や子供のことを面白おかしく書いています。
これから、イクメンパパとして様々な情報を投稿していきたいと思います。