子育てにかかるオカネ

日本で子育てした場合、養育費はトータルでいくらかかるのでしょう?
この質問に、どれだけの人が答えることができるでしょうか。
AIU保険によると正解は約1640万円です。(AIUの現代子育て経済考2005)
一般的な出産から大学卒業で1640万円です。私立の学校に行ったり、医療系の学校に行ったり、お子さんの進路によって合計の支出額は大きく変動することでしょう。お子さんがどのような進路に進んでも大丈夫なように、資金を用意することが必要です。

教育に一番オカネがかかる時期と奨学金

教育費が一番かかるのが大学入学時です。日本の大学や短期大学への進学率(過年度高卒者も含む)は2014年には60%に迫るほどで、日本の家庭の過半数以上は教育費の負担が大きいという単純計算になります。中高までの費用は家計から捻出し、同時に大学進学用の費用を積み立てていくのが理想です。しかし、すべての家庭が十分な所得を得ているわけではないので、保険の見直しや、教育ローンの検討をするのも良いでしょう。中でも、大学生の時期に利用する人が多いのは「奨学金」だと思います。有名な奨学金で日本学生支援機構が実施する奨学金があります。1種、2種からなっている奨学金で、第2種のみ卒業後に有利子となり、どちらも返済が必要です。修士課程、大学昼間部の受給者の数は過半数以上を占めます。奨学金といっても、ある意味では「借金」ですから、若者は社会に出た途端に「借金」を抱えている状態だといっても過言ではありません。就職難で返済が滞ったり、自己破産したりする若者がいるという本末転倒な状況もあるほどです。
なるべく借りずにすむのならば、そちらのほうが負担は少ないでしょうから、借りたくないものですね。

将来のお子様の進学に備えて

私大に進むと学費が高かったり、大学生のお子様がいると仕送りをしたり、大学生に始まった話ではないですが、子育てはお金がかかるものです。先ほど記したように地道に節約したり、資金のやり繰りをしたり、様々な苦労があるでしょう。学外学習費も一般家庭にとっては非常に大きな負担です。しかし、学外学習で子供の学校での授業をサポートしてあげたい、我が子の教育機会はなるべく増やしてあげたいというのが親のホンネです。Teachers Marketの家庭教師サービスは先生と契約前に直接面談し、子供の学力を伸ばせそうか、授業内容に見合った時給なのか、すり合わせを行うことで、適正料金で、家庭教師契約を行うことができます。また、より低価格を目指して新たなサービスも開発中です。

今なら登録だけで5,000円クーポンがもらえる生徒登録キャンペーン実施中!

生徒登録キャンペーン実施中!

0円

Teachers Marketは、正式リリースを記念して生徒様を対象としたクーポンのプレゼントキャンペーンを実施中!今、生徒登録いただいた方には実際に授業料の支払いに使える5,000円分のクーポンをプレゼント!お得に授業が受けれるチャンスです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

我が子を自信のない子に育ててしまう叱り方3パターン

勉強、スポーツ、私生活においても自信があるというのはいい事ですね。ただ、根拠の無い自信では困りますが。笑 …

今だからこそ知りたい、発達障害とは

発達障害という言葉、きっと昔からあるのでしょうが、心理の私たちの立場で普通に使われ始めたのがほんの20年ほど…

おじいちゃんおばあちゃんの子供の接し方

おじいちゃんおばあちゃんはお孫さんがとても可愛いものです。そんな愛情表現もときに子どもの親からすると目に余る…

大人だけじゃない!子供の疲労「小児慢性疲労症候群(CCFS)」

大人に見られる慢性疲労ですが、子どもにも似たような症状があることを知っていますか? それは「小児慢性疲労症候…

赤ちゃんの1歳はママの1歳。パパからの感動サプライズ!

大変な苦労を伴うお産を乗り越えたあの日から、日々、子育てに対する不安や喜びと向き合い、赤ちゃんと一緒に成長し…

関連するキーワード

Teachers Market

Teachers Marketは個人間でも簡単に生徒と家庭教師をつながることができるマッチングサービスです。
全国の家庭教師の中からあなたにとって理想の家庭教師を見つけよう。

Sponsor