夏のプールに危険が潜む

では、子どもが夏にかかりやすい病気にはどのようなものがあるのだろうか?


「一般的に『プール熱』と呼ばれる『咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)』は、アデノウイルスというウイルスが原因で起こります。

感染経路は、唾液などを介してうつる飛沫感染と、密接に近くにいることでうつる接触感染。

感染力はかなり強いので、家庭生活を共にしている兄弟姉妹間でうつることも多いです。

目からも感染しますので、タオルなどの共有はやめましょう」


プールで感染することが多いので「プール熱」と呼ばれている。

感染から発症するまでの潜伏期間は、5~7日間。

名前の通り、ノドと目の症状と発熱が主な症状とのこと。


「40℃前後の高熱が5日前後続く、眼の白みの部分の充血、眼やに、ノドの痛み、ノドの腫れや赤くなる、などが特徴として挙げられます。

この他、全身倦怠感、頭痛、食欲不振なども見られます。

時に肺炎を起こすことがあるので、注意が必要です。


プール熱は学校保健法で第二種伝染病に指定されているため、感染がわかった場合は出席停止になります。

主要症状が無くなってから2日間経過すると、学校などは登校可能です」


プール熱の予防法は、第一に感染者との接触を避けること。

他の多くの感染症と同様、うがいや手洗いでの予防も有効なのだそうだ。

高熱が続いているのに咳や鼻水が出ない夏風邪って?

続いて、夏風邪の代表格といえる「ヘルパンギーナ」にも注意しよう。


「突然の39℃以上の高熱が2~4日続いたり、ノドの痛みが見られます。

ノドの奥を見ると、周りが赤く、中心に水を持った水疱が半円を描くようにできているのが確認できます。

水疱が破れると、白い口内炎のような潰瘍になり、痛みが出てきます。

まだうまく症状を伝えられない子どもの場合、不機嫌、食欲不振、水分を摂らない、ミルクや母乳を飲まないといった傾向が見られる場合が多いです」


突然の高熱のため脱水の危険もあり、熱性けいれんを起こすこともあるのだとか。

ヘルパンギーナは4歳までに多くかかり、成人での感染は少ないのだそうだ。


「主に便を介した接触感染と、ツバから感染する飛沫感染によって感染します。

感染力が強いのは発熱時で、解熱して2日もすれば、感染力が少なくなります。

しかし、熱が下がった後も2 ~4週間にわたり、便からウイルスが出てしまいます。

この間も感染力があるので、トイレ後の手洗いなどを徹底しましょう」


ウイルスが体内に感染して発症するまでの潜伏期間は2~4 日とのこと。


「ほとんどは4日以内の発熱とノドの痛みのみで治りますが、ごくまれに、激しい頭痛と嘔吐を起こす『無菌性髄膜炎』、血液が全身に流れなくなる『急性心筋炎』などを合併することがあります。

しかし、ヘルパンギーナ自体はほとんどが軽症なので、登園や登校を禁止する必要はありません」


プール熱もヘルパンギーナも現時点で特効薬は無く、症状を抑えて自然治癒を待つしかないとのこと。

普段から手洗い、うがい、水分補給などをしっかり行い、免疫力を高めることが大切なのだそうだ。

もちろん、これだけというわけではないですが、代表的なものを紹介してみました。

せっかくの夏休みですから、子供も大人も夏バテや病気をせずに、元気に乗り越えられたらいいですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

子供を勉強のできない子にしてしまう親のNGコミュニケーション4つ

世の中、勉強がすべてじゃない。もちろんそう思います。 ただ、勉強ができたら得はあっても損はないと思います。子…

赤ちゃんの1歳はママの1歳。パパからの感動サプライズ!

大変な苦労を伴うお産を乗り越えたあの日から、日々、子育てに対する不安や喜びと向き合い、赤ちゃんと一緒に成長し…

「子供に早く文字を読ませたい」親がしてあげられる3つのこと

我が家では子供たちに無理に何かを覚えさせるということはしていません。 自由に、自然に、といった感じで子育てを…

お子さんの小学校前と入学後の違い

幼稚園・保育園の巡回相談をしていると、同じ年長さんでも月例の違いもありますが、本当に発達や成長段階で大きな違…

子供に思いを伝える話し方

仕事に育児に家事、と毎日忙しくされている方も多いと思いますが、そんな時、何度伝えても変わらない子供の行動に、…

関連するキーワード

BIGパパ

はじめまして。三十路の2児の父、BIGパパと申します。
(実は、年内に3児になる予定です。)
B型。趣味は野球。家族や子供のことを面白おかしく書いています。
これから、イクメンパパとして様々な情報を投稿していきたいと思います。

Sponsor