公益財団法人 交通事故総合分析センターの「子供の歩行中の事故」調査で、平成23~27年度のどの年度も7歳の交通事故が最も多いことが分かりました。

他の年齢より2~2.5倍という数字となっています。下の図を見ても7歳の事故率の高さは明確ですよね。どうして、突然走り出す3~4歳などではなく、7歳の子どもが事故に遭いやすいのでしょうか?

7歳児に交通事故が多いその理由は

7歳というと、小学1~2年生の時期で保護者と離れて行動する機会が増え、身の危険を察知できるようになるまでの時期です。それまでは保護者の監視下の元に幼稚園・保育園を行き来していましたが、小学生になると子供だけで登下校をすることになります。放課後も子どもだけで行動することが増えるのようになり、これが原因で事故が急増しているようです。
そして、7歳の事故の多くは、「日中」に起こっているのです。

男の子は女の子の2倍!?

そして7歳での事故の男女比は、男の子が女の子の2倍となっていま。つまり、男の子の方が事故に遭いやすい年代だと言うことが数字でも証明されました。

事故を防ぐには

登下校の練習

入学前までに、通学路の行き来は徹底して練習しましょう。まずは親と一緒に通学路を歩き、危ないポイントや横断歩道の交通量なども確認しましょう。できれば登校、下校両方の時間に合わせて練習してください。

親と通学路を確認した後は、親が後ろからついていきながら、一人で歩かせてみましょう。その際、一緒に練習した親が「気を付けて」と言ったポイントを子どもが守っているかを確認してください。忘れている箇所は、再度一緒に歩き注意を促しましょう。
何度もくりかえし、身体に覚えさせることが重要です。

車の運転手と目を合わせる練習

横断歩道を渡るとき、右折車など車の運転手が子どもに気付かずにそのまま横断歩道に進入し、事故を起こすことがありますが、そのような事故を防ぐには、「車の運転手とかならず目を合わせること」を習慣づけることが効果的です。

事故というのは、加害者も被害者も「大丈夫だろう」という先入観から起きやすいものです。「きちんと自分を見ているな」と確認して、横断歩道を渡る「クセ」をつけておくと事故にあう確率が激減します。普段から練習していると、子どもが焦っているときでも周りを見ながら横断歩道を渡れるようになるでしょう。

私の子供も今年8歳になりました。
まだまだ保護者なしで道を歩くことを安心していられない年齢です。
今回のこの調査結果で、あらためて子供に交通事故の危険性を教えるいい機会になりました。

学校でも交通指導をしていてくれていますが、みなさんも再確認を含めて、お子さんと通学路や近所を歩いてみてはいかがですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

やってよかった!手軽な子供の「思い出作り」をご紹介

あっという間の1年でもその間には様々なイベントや出来事がある子育て、せっかくなら成長の記録や思い出を手軽に思…

子供が小さいときの大変さと大きくなってからの大変さ…

子供が小さいときは、私も育児と家事に必死で「早く、あれして」「次はこれして」と動き回っていた気がします。もち…

パパ・ママ必見! 1ヶ月の主夫を終えたパパ つるの剛士の感想

タレントのつるの剛士さんが6月30日、1ケ月間の主夫生活についてブログにコメントをしていました。 なかなか育…

今話題のベビーマッサージ!ママの手のぬくもりで赤ちゃんとコミュニケーション

妊娠してから自分のお腹の中ですくすくと育った赤ちゃん。生まれた赤ちゃんとの対面はなんとも幸せな瞬間ですよね!…

ネット販売される母乳について&食中毒予防について☆お買い物をする際にはできるだけ食品…

食の安全に対しての意識やネット販売されている母乳に対し何処までが安全なのか?保管に仕方が、解らないけど、購入…

関連するキーワード

ゆきママ

今年小学校にあがった1年生のママです。ママ歴6年のプレママです。

Sponsor