アンチエイジング。あなたは気にしていますか?

年齢を重ねるにつれ、女性なら誰もが気にする老化減少。

若い頃には当たり前にあった肌の艶がなくなり、シミやシワが増え、お肌のハリは失われていく…。

世間では「アンチエイジング」を謳った化粧品が数多く発売され、年齢以上に若く見えるいわゆる「美魔女」という言葉がもてはやされていますよね。

そんな時代の流れを一刀両断するかのような女優・小泉今日子さんと社会学者の上野千鶴子さんの発言に多くの女性が共感しているようです。

アンチエイジングって言葉が、大嫌い」。

女性誌の対談で、こうハッキリと時流に反旗を翻した人気女優の小泉今日子さん(50)と社会学者の上野千鶴子さん(68)の発言に、女性の共感が広がっている。テレビでは若づくりの「美魔女」がもてはやされてきたが、これに徹底抗戦する構えだ。一体何が起きているのか--。【横田愛】

 小泉さんと言えば、アイドル時代の輝きが加齢とともに増すイメージで、2000年の化粧品コマーシャルのキャッチコピーは「さびない、ひと。」。

アンチエイジングの女神にもなれそうな立場だが、表面的な「若さ信仰」にモノ申したのだ。
注目の対談は、40代向け女性誌「GLOW」(宝島社)9月号に掲載された。「アンチエイジングって言葉が、大嫌いなんです」と切り出した上野さんに、小泉さんは日ごろの思いを爆発させるかのように、次のように語った。

 「私もです。ずっとアイドルの仕事をしてきて、30代の半ばくらいから『かわいい』って言われる中に、『若い!』という声が入ってくるようになって。これ違くない? 喜んじゃいけないんじゃない? って」

 実年齢より若く見えることを尊ぶ「美魔女」現象への批判にも小泉さんは同調し「これは抵抗しなきゃと。私は『中年の星』でいいんじゃないかと思ってます」と言い切った。

年齢を重ねること、それは誰しもが平等に受け入れるもの

上野さんは、反響の大きさは、アンチエイジングを強いる社会的な空気の裏返しだと分析する。

「女性の価値は賞味期限付き。若さがなくなると女の値打ちが減るとみんな思い込んでいたからじゃないですか。日本の男が女にそう思わせてきたのだけど」


 ネット上では、育児などから復帰した女優の容姿が「劣化」したなどと心ない攻撃が今も相次ぐ。
これに対しても上野さんは「私は逆のことを思っています。アイドルには同世代のファンたちと一緒に老いていって、老い方をちゃんと表現してほしい。表現者にはその責任があると思う。

小泉さんにはこれからも中年の星、老年の星になっていってほしい」と力説した。

これ、ほんとーに、そうですよね(笑)
女の価値=若さ、って誰が決めたのでしょうか。

結婚をして出産をして仕事をして…。
そうやって積み重ねてきた歳月を、「劣化」の一言で済まされてしまうなんて、女性にとってはたまったものではありませんよね。

この期間は女性にとって人生で最も忙しく、最も大変で、最も愛おしい日々でもあるのではないかと思います。

加齢を否定しない、は負け犬の遠吠えなんかじゃない!

40代前後の「アラフォー」女性を対象に「国民的美魔女コンテスト」が始まったのは10年。
「年齢を感じさせない美しさ」が脚光を浴びた。


GLOWの創刊はくしくも同じ年だ。
「美魔女」とは一線を画し「加齢を否定しない」スタンスでスタートしたが、大平編集長は「当初は『年を取った自分が好き、とか負け犬の遠ぼえに聞こえて痛い』とも言われた」と振り返る。

『女の価値は若さじゃない、30代だって40代だって、50代だって、女性はそのままで美しく、素敵ですよ。』

私も以前ある男性にそういったことがありますが、その時返ってきた言葉はまさにこれ(笑)

「おばさんの負け惜しみ、負け犬の遠吠えに聞こえますよ」

それはあなたが若さに女性の価値を置いているからでしょ!って思わず思いましたが、世間にはそういう男性・女性も多いのではないでしょうか?

年相応」に価値を見いだす動きは、海外のモデルや女優の間でもジワリと広がりつつある。昨年10月には、映画「タイタニック」(1997年)に主演したハリウッド女優ケイト・ウィンスレットさん(40)が、化粧品の広告写真でシワの修正を拒否したと明らかにし、話題になった。

 そして今、日本で注目されているのは、世界最高齢の現役ファッションモデルとしてギネス世界記録に認定されている英国人のダフネ・セルフさん(88)。著書「人はいくつになっても、美しい」(幻冬舎)が翻訳出版され、今月2日に開かれた出版記念イベントは立ち見が出るほど盛況だった。

 セルフさんは著書で、整形手術を受けたことはないと明言。自身の写真も修正しないようお願いしていると明かし、その理由をこう記した。<私の写真は当然完璧ではありません。それでもそうしているのは、若いと思われたり、きれいに見られたりするより、私が自分自身であることを大切にしているからです>

このダフネ・セルフさん。

興味のある方は是非その写真を見てみてください。

88歳。
お肌にシワだってあるし、白髪のおばあちゃんです。

でも、ありのままの自分をそっくり受け入れてそんな自分を慈しんで愛している凛とした姿、とっても美しくないですか?

人はいくつになっても、美しい

1,404円

セルフ,ダフネ(Selfe,Daphne)
1928年生まれ。イギリス在住の現役ファッションモデル。最愛の夫の死後、70歳でモデル業に復帰する。2014年、世界最高齢のスーパーモデルとして、ギネスブックに認定された。名だたる一流ブランドのランウェイモデルやファッション誌のカバーモデルとして、現在も活躍中。

88歳の現役モデルが教える昨日のあなたより、今日のあなたを好きになる方法。

女性なら誰だっていつまでも美しくありたいと望むでしょう。

ですが、年齢を重ねることを否定し「アンチ」するのではなく、年齢を重ねる自分を楽しみ、シワやシミに怯え下を向いているのではなく前を向いて胸を張って「私はいま◯◯歳よ!」と言える女性はきっと溢れる美しさを持っている人ではないかと思います。

仕事に家事に育児に…と何かと忙しい働くママ達も、その中で変化していく自分に怯えるのではなく、歳月を重ねた結果である自分を胸を張って「美しい!」といえる日々を過ごしていきたいものですね♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

あなたは大丈夫?まつ毛が抜けるNG習慣

最近マツエク(まつげエクステ)や、つけまつ毛など手軽に目元を可愛くする事ができるアイテムが普及していますよね…

美容アイテムの名前は知ってたけど、「ママは実際やったことない」とゆう方にも♡メイクコ…

若いママは、知ってる。けど・・・♡ 便利コスメの話題があがっても~ ついていけないママ!「何?それ?」になら…

リオ・オリンピックで注目!?ブラジル女子の美容法

先日閉会したリオデジャネイロオリンピック。 日本選手の活躍はもちろんですが、不意にテレビの画面にうつる現地…

水素バスがテレビで話題!美容効果抜群!

疾患や老化、肌トラブルを誘発するとされている活性酸素。この活性酸素を体内から除去してくれるという水素は、美容…

「世界で一番なりたい顔」 ケンダル ジェンナーが魅せるファンデーション

今、アメリカで一番ホットなモデル、ケンダル ジェンナーがエスティ ローダーのロングセラーファンデーションのC…

タネちゃん。

働くお母さん。
時に謎の神経質、それ以外は適当かつ豪快。
好奇心旺盛な楽観主義者。

お母さん歴はまだまだ、の新米かあさん。
5月に第二子・女の子を無事出産し、息子と娘に日々、奮闘中。

まだまだ「タネ」だけど、いつか、「お母さん」の花を咲かせたい☆

Sponsor