ハワイにおけるバナナの歴史

バナナはハワイ語でMai’a(マイア)と言います。

ハワイにどのようにしてポリネシア系の移民が定住したのかについては色々諸説がありますが、このような人々がハワイ諸島に定住するために、ココナッツやタロイモ、豚、犬、鶏などと共にバナナも運び込まれたと言われています。

ハワイの創世記「クムリポ」に登場するハワイ4大神の海と海の風の神、カナロア。このカナロアはイカの姿をしており、カーネという他の4大神と共にハワイにバナナを持ち込んだとか、火の女神ペレの兄弟がタヒチから運んできたなど色々な伝説や神話が残されています。バナナはカナロアのキノラウ(化身)とされており、ハワイの人々にとってはとても神聖な食べ物として扱われてきました。

ハワイには昔Kapu(カプ)と言われる禁止事項があり、女性は特定の種類のバナナを食べることが禁じられていました。もしこれを破れば死をもって制裁を受けるなど、今では考えられない恐ろしいものでした。これらのKapu(カプ)は、カメハメハ大王が亡くなり、妻カアフマヌと息子リホリホによって廃止されるまで続きました。

またハワイには美しい人を褒めるのに「若いバナナの葉」などバナナを使った表現があったりと、バナナは古来のハワイの人々から現代に至るまで非常に親しみやすく愛されています。

超優等生、豊富なバナナの栄養素

言わずとも知れたバナナの栄養ですが、嬉しい効果がいっぱいです!

バナナには便秘を改善したり腸内環境を整えてくれる食物繊維マグネシウム、美肌効果を高めてくれるビタミンB群類、むくみを軽減させてくれるカリウム、シミやシワを予防、改善してくれる効果のあるポリフェノールが含まれるなど美容と健康に良い栄養素が豊富に含まれた食品となっています。

最近では砂糖や牛乳を加えずにバナナの自然の甘みだけで作られるソフトクリームもハワイで話題となっていますが、スムージやアサイボールなど他のスーパーフードなどとも相性抜群で、気軽に美味しく取り入れやすいのも嬉しいですね。

バナナの皮でスキンケア

最近話題のバナナの皮を使った驚き美容法をご紹介しましょう。

やり方は簡単。バナナの皮の内側の白い部分を使ってマッサージをします。洗顔後に手に持ちやすい大きさに切ったバナナの皮の内側でお顔をマッサージします。頬などは内側から外に円を描くように、目の周りはそっとすべらせるように、そしておでこや鼻なども同じく円を描くようにマッサージしましょう。その後、10分ほど置いたら水かぬるま湯で洗い流します。

バナナの皮には保湿効果や殺菌効果があると言われ、乾燥や肌荒れが気になる方にはオススメです。また、バナナに含まれる酵素により古い角質を落とし肌の代謝をアップさせてくれます。

ただし、バナナの成分が肌に合わないこともありますので、まずは腕の内側の柔らかい部分なので試してみて赤みや痒みが出ないか確認してから行うようにしましょう。

いかがでしたか?

バナナは古代ハワイアンから愛され色々な歴史や神話、そして美容にも嬉しい効果が満載。ぜひ参考にされてみてください♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ふとした時にドキッ♥とさせる横顔美人の作り方

あなたは自分の横顔を見た事がありますか? 自分の横顔をじっくり見る機会なんてありませんよね。 でも他の人…

セラピストの心構えとしてのマッサージの準備 〜トリートメントルーム編①〜

マッサージに適した環境と空間を作ることは、お客様にリラックスしていただけマッサージをより効果的なものにしてく…

効果絶大!スクワットで憧れ引き締めボディを手に入れる♪

アメリカや海外では、細いだけの体ではなくtoned body(引き締まった体)がセクシーで美しいと言われます…

道端アンジェリカも愛用!2016年注目のスーパーフードとは?その名も『タイガーナッツ…

2015年もチアシードや、アサイー、ココナッツなどさまざまなスーパーフードが話題となりましたが、2016年に…

関連するキーワード

Abhasa Spa

アバサスパは、2001年にワイキキ初のガーデン カバナと共にこのロイヤル ハワイアン ホテル内にオープンしました。このアバサスパが、ご要望にお応えして、ロミロミ マッサージ スクールを開始しました。