チョコレートのう腫とは?

「子宮内膜症」という病名を耳にしたことはあると思います。実は、チョコレートのう腫とは、卵巣の内部に発生する子宮内膜症で、正式には「卵巣チョコレート嚢胞」といいます。「チョコレートのう腫」や「子宮内膜症性卵巣のう胞」と呼ばれることもあります。

卵巣の中に袋(のう胞)ができ、その中に古くなった子宮内膜が溜まっていく病気です。卵巣にできた子宮内膜は生理のたびに剥がれ落ち、それらがすべて卵巣内にたまります。古くなると子宮内膜は酸化して泥状に黒っぽくなり、卵巣の見た目がチョコレートのようになることから「チョコレートのう腫」という名前がつきました。

チョコレートのう腫の原因は?

チョコレートのう腫を引き起こす子宮内膜症がどのように発症するかについてはまだはっきりしたことがわかっていません。「月経時の血液が腹腔内に逆流するから」「アレルギーの関与」「先天的なもの」「腹膜の組織が変化した」など様々な説がありますが、まだ解明されていないのが現状です。

ただ、女性ホルモンの一つ「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の影響で子宮内膜が増殖することがわかっています。そのため、エストロゲンの分泌量が増加する20〜30歳で発症しやすく、妊娠・出産ができる年齢の女性の約10%に起こるといわれています。

近年、初潮年齢が早くなる一方で、閉経年齢が遅くなる傾向があり、働く女性が増えて妊娠・出産の時期が遅くなっていることから、昔に比べて若いうちの月経の回数が増えています。こうしたライフスタイルの変化がチョコレートのう腫などの子宮内膜症を増加させる要因になっているとも考えられています。

チョコレートのう腫の症状は?

一般的に子宮内膜症には、生理のたびに生理痛が悪化していくという特徴があります。また、生理のとき以外でも下腹部痛や腰痛、骨盤痛などが慢性的に現れたり、性交時や排便時に痛みを感じたりすることもあります。チョコレートのう腫も症状は同じで、他の部位にできる子宮内膜症よりも痛みが強いといわれています。

自覚症状が強いチョコレート嚢胞は比較的早い段階で気がつくことができます。生理時の痛みが今までよりひどくなったという人は、早めに婦人科を受診しましましょう。チョコレート嚢胞には卵巣が肥大化するという特徴があるので、病院でエコーやMRI検査を受ければすぐに診断できます。

チョコレートのう腫は妊娠に影響するの?

子宮内膜症は不妊症の原因になるといわれており、チョコレートのう腫は特に不妊を引き起こしやすいといわれます。卵巣は腫れ上がって硬くなると排卵が起こりづらくなります。また、卵巣の子宮内膜による癒着が卵管に波及すると、卵管が詰まってしまうのでせっかく排卵が起こっても子宮へと到達できなくなるのです。

チョコレート嚢胞がすぐに不妊症を引き起こすわけではありませんが、放置しておくと不妊のリスクが高まることは確かです。不妊症の原因を調べていたらチョコレート嚢胞だったというケースもあります。今後の妊娠を希望する人はいつもと違う生理痛を感じたら早めに婦人科で検査を受けることをおすすめします。

チョコレートのう腫の治療法は?

チョコレートのう腫を含めた子宮内膜症の治療は、大きく分けて薬物療法と手術療法の2つになります。どんな治療を行うかは、年齢や症状の重さ、発症部位、今後の妊娠・出産を希望するかなどを総合的に考えて決定されます。

薬物療法

薬物療法は根本的な治療ではなく、症状を抑えて痛みなどを軽減するのが目的です。激しい生理痛を抑えるのに、鎮痛薬のNASIDsや漢方薬が使われます。またのう腫が小さくリスクが高くなければ、低用量ピルを服用したり、エストロゲンの分泌を抑えるホルモン剤などを投与して病気の進行を止める方法もあります。

手術療法

薬物療法ではホルモンの分泌をコントロールするため、同時進行で妊娠を希望するのは難しくなります。そこで、早く妊娠したい場合には「腹腔鏡下手術」でのう腫部位だけの摘出や癒着部位の剥離、病巣を焼き切るなどの処置が検討されます。
しかし、今後の妊娠・出産を望んでいてものう腫が大きすぎる場合には、チョコレートのう腫を発症した卵巣自体を切除することもあります。片方の卵巣が残っていれば自然妊娠することは可能ですが、妊娠の確率は低くなる可能性があります。

チョコレートのう腫は癌になる?

チョコレートのう腫は良性腫瘍である場合がほとんどですが、そのうちの0.7〜1%は悪性腫瘍、つまり癌化することがあります。また、40歳以上で発症したケースやのう腫の直径が10cm以上のケースでは卵巣癌を合併しやすいといわれているため、該当する場合には早めの対処が必要です。

癌化した場合には転移を防ぐために卵巣そのものを摘出しなければなりません。今後の妊娠・出産を希望する人は医師によく相談した上で治療方法を検討しましょう。

早期発見が大切

子宮内膜症を発症する女性は増えており、チョコレートのう腫と診断される可能性は誰にでもあります。放置しておくと不妊の原因になるだけではなく、癌化して命にかかわることもある病気です。そのため、毎月の生理痛で今までにない痛みを感じたり、生理痛の症状が重くなっていると感じるようであれば、我慢をせずにまずは婦人科を受診することがチョコレートのう腫の早期発見・早期治療につながります。

岡本真夜さんが語った「チョコレートのう腫」闘病生活

突然の腹痛に襲われたのは3年前の夏。ズキズキとお腹に痛みを感じていたが、しばらく横になっていて痛みが治まったため、病院に行かずにそのまま様子をみました。しかしその数カ月後、今度は「床に倒れて、一歩も動けないほど」の激痛となり、病院へ。そこで「チョコレートのう腫」という言葉を初めて聞いた。

すでにのう腫は7センチまで肥大化しており、医師から「放っておくと癌化する可能性もある」と伝えられたため、2カ月後に手術を予定しました。

しかし手術日の2週間前に再びの激痛が真夜さんを襲い、「友人の肩に手を回して支えてもらわないと歩けないほどだった」とし、病院に到着し診察を受けている間も意識がもうろうとして「“痛い痛い”を何百回も言っていたらしいです。3、4時間は激痛でした」と告白しました。

翌日に緊急手術を行い、痛みの原因はのう腫の破裂によるものと判明した。手術から3年経過した今、再発の恐れもあり年に1回の検診は欠かせないといいます。「痛みがあったときにはすぐに病院に行くべき」とすぐに処置をしなかったことを後悔した真夜さん。「痛みに耐えることには強い方ですが、耐えられないくらいの痛みだった。2度と味わいたくない」と番組内で話していました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

タミフル服用後の異常行動について

タミフルを服用した後に、転落死が異常行動によって生じている等が報道されましたが、対応はどのようなものが現在行…

ロタウイルスに感染するとどんな症状になるか

「ロタウイルス胃腸炎」、もしくは「ロタウイルス下痢症」などと呼ばれています。ロタウイルスに感染すると、2日~…

インフルエンザの治療薬にはどのようなものがあるか

インフルエンザの治療薬としてはいろいろな種類のものがあります。オセルタミビルリン酸塩が含まれている市販のイン…

インフルエンザにかかった時の症状

原因も症状も、インフルエンザと風邪ははっきりと違います。 風邪の場合は、急性の呼吸器の炎症で、鼻水、のどの痛…

インフルエンザ、ベストの受診タイミングとは?

発症してからあまりに時間が短い場合は、受診した場合でも、症状が続けばまた診察してくださいと、一度様子を観るよ…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子

Sponsor