日立グループは、このたび「日立 世界ふしぎ発見!」放送開始30周年を記念した2時間スペシャルにて、番組とコラボレーションした特別CMを放映しました。

日立グループが提供している番組「日立 世界ふしぎ発見!」は1986年4月に放送を開始し、「歴史と遊ぶ」を理念に、世界にあふれる「ふしぎ」に果敢に挑み続け、視聴者の皆さまに驚きと感動を提供してきました。本番組は今年度で放送開始30周年を迎え、これを記念して1月21日(土)21:00~22:48(TBS系全国ネット)*1に2時間スペシャルを放送しました。これに合わせ、放送開始30周年を記念する特別企画として、本番組にて番組とコラボレーションした特別CMを放映しました。

日立グループは2016年5月から、「THE FUTURE IS OPEN TO SUGGESTIONS(未来は、オープンだ。アイデアで変えられる。)」をキャッチコピーとして、ステークホルダーとの協創により複雑化する社会課題に立ち向かい、解決していく積極的な姿勢を発信するグローバルブランドキャンペーンを展開しています。特別CMでは、「30年の出会い」と題し、グローバルブランドキャンペーンのキーワードである「協創」をテーマに、手塚真生さんが演じるひとりの女性が生まれてからさまざまな人びととの出会いを積み重ね、協創により夢を実現していく様子を描いています。また、「日立 世界ふしぎ発見!」レギュラー出演者である草野仁さん、黒柳徹子さん、野々村真さんが登場し、記念すべき放送第1回目での黒柳さんの回答シーンや、野々村さんの初パーフェクトといった、放送30年の歴史の名シーンを垣間見ることができる内容となっています。

本番組内で放映された特別CMは、日立グループが世界中で取り組んでいる社会イノベーション事業に関する情報を集約したインターネットサイト「Social Innovation Hub (社会イノベーション事業サイト)」内に開設した特設サイトでご覧いただけます。この特設サイトでは、30年の間に竹内海南江さんをはじめとするミステリーハンターや黒柳徹子さんが経験した世界各地での出会いや協創のストーリーを描くスペシャルムービーも放送しています。

*1: 下記放送局においては放送時間が異なります。
秋田放送:1月28日(土) 12:00~13:50
福井放送:1月28日(土) 12:00~13:48
四国放送:1月28日(土) 13:00~14:50

特別CMのシーン

特別CMレギュラー出演者登場シーン

草野仁さん

2001年6月23日放送「にっぽんロボット物語」の回にて、ロボットとともに、正解VTRを促す草野さんのシーンです。

黒柳徹子さん

1986年4月19日の記念すべき第1回目放送にて、黒柳さんが2問目を回答するシーンです。テーマは「エジプト」でした。

野々村真さん

番組開始当初からレギュラー出演してきた野々村さんが、番組開始20年目となる2005年8月6日放送回にて、ついに初パーフェクトを達成した瞬間の映像です。嬉しさのあまり歓喜の涙を流す姿は、番組30年の歴史の中でも屈指の名シーンです。

成長していく女性の姿を手塚真生さんが熱演

特別CMの主人公を演じているのが、女優・モデルとして活躍する手塚真生さん。30年という時の流れを90秒で表現した特別CMの中で、時の経過と共に成長を遂げていく女性の姿を、ライフステージ毎に見事に演じ分けています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

今年の忘年会で忘れてしまいたいこと第1位は「仕事のこと」

職場の忘年会は楽しみにされず、予定があいていても欠席する人が約50%もいるようです。職場関連の忘年会が1次会…

ママに「ありがとう」を伝えたくなる動画「今日もごはんに愛をこめて」

「弁当を用意した後に、パパに今日はいらないと告げられる」  「体調が悪い時に限って、接待でパパが帰ってこな…

KOEとTHOM BROWNEのコラボレーション商品 第2弾のテーマは「マリン」

KOEとTHOM BROWNEのコラボレーション商品が3/1(水)に発売になります。 第2弾のテーマは「マリ…

「日本女性の美しさ」に迫る...奈良大学学生による動画 「美し記~utsukushi…

「縄文〜古墳」「奈良」「平安」「大正」「現代」…日本の各時代の「美しさの変遷」を奈良大学の学生の研究成果を元…

「チュッパチャプス」を食べて当てよう!全長160センチ特大のまたがって遊べる「チュッ…

チュッパチャプスでお馴染みのカラフルパンダがなんと、特大パンダカートになって登場!しかも抽選で1名様にプレゼ…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子

Sponsor