クラシエフーズ株式会社は、近年の自撮りブームに注目し、「自撮りに関する調査」を実施しましたのでご報告します。調査の結果明らかになったのは、自撮り女子の5人に1人が自撮り用の小道具にこだわっているという実態です。そんな彼女たちが自撮りの時に盛れる(=可愛く撮れる)と思っているお菓子は「棒つきキャンディ」で、男性が思う女性が食べていたら可愛いお菓子やがっかりするお菓子、自撮りの参考にしているタレントランキングも明らかになりました。
今回の調査で、自撮り女子からの人気が高いことが判明した「棒付きキャンディ」ですが、棒付きキャンディの代名詞「チュッパチャプス」は、カラフルなパンダのキャラクター「チュッパンダ」のグッズが当たるキャンペーンを実施中です。思わず自撮りしたくなる可愛らしいポップなデザインのTシャツ、iPhone6ケース他、全長約160センチ・超ビッグサイズの「チュッパンダカート」などが当たります。それに伴い、ネットでも“デカすぎて何に使うかわからない”、“置き場に困る”と話題を集めた「チュッパンダカート」に関する調査も行いました。

「自撮りに関する調査」結果

【調査概要】
調査期間:2016年12月27日(火)~2017年1月5日(木)対象者:自撮り好きな15~22歳女性250名 20~30代男性250名
調査協力会社:株式会社ネオマーケティング

自撮り女子の5人に1人が自撮り用の小道具にこだわっている!

まず、自撮りをしたことがあると答えた女性に、自撮りの際、小道具にこだわるのかどうかを質問しました。結果、「こだわる」と答えた人は22.0%、「こだわらない」と答えた人が61.2%でした。5人に1人が自撮り用の小道具にこだわりを持っていることが分かります。被写体が「自分」だけの印象が強い自撮りですが、小道具を使うことで小顔効果をはかったり、どんな環境にいるのかを分かりやすく伝えるなど、いつもの自分よりも可愛く写るよう工夫を凝らす自撮り女子の努力が伺えます。

自撮りの時に使いたいと思っているお菓子はダントツで「棒つきキャンディ」!

では、自撮り女子はどんなものを持って自撮りをすると可愛いと思っているのでしょうか。小道具と言っても様々あるので、今回はお菓子に的を絞って調査しました。圧倒的に多く票を集めたのが「棒つきキャンディ」で77.6%でした。持ち手があるので、“気軽に顔の気になるところを隠せる”、“小顔効果になる”という理由の他に、カラフルなものが多いことから“写真が鮮やかになる”、“全体的に明るく見える”と色映えを気にしての意見が多く寄せられました。2番目に多かったのが「チョコレート」で9.2%、可愛さを甘いお菓子と連想させているのか、“甘いものが好きな女子という印象を与えられるから”という女子ならではの男性受けを意識した意見がありました。

男性が思う、女性が食べていたら可愛いと思うお菓子1位も「棒つきキャンディ」!   お菓子は断トツで「ガム」!

視点を変えて、男性はどんなお菓子を女性が食べていたら可愛いと思うのかを質問しました。こちらも上の調査と同様、最多が「棒つきキャンディ」で半数近くの支持を集めました。次に「チョコレート」で37.6%、「おまんじゅう」26.0%と女性と同じ結果になりました。

自撮りの参考にしているタレントランキングはにこるんが1位!2位はローラ

自撮り女子が参考にしているタレントは誰なのでしょうか。最多は、有村架純さんや本田翼さん、桐谷美玲さんなどの今をときめく女優陣をおさえ、藤田ニコルさんがダントツ1位に輝きました。SNSでも「自撮りはすごく得意な方」とつぶやくなど、自撮りテクに定評のある藤田ニコルさん。可愛らしい笑顔はもちろん、目線をはずしたり困り顔を披露するなど、テレビで見る印象とはまた違う盛れる自撮りを「お手本にしたい!」と思う人が多いようです。続いて2位にランクインしたのが自撮りがとにかくお洒落で有名なローラさん。日常生活の何気ない一コマを写していても絵になるので、そのテクニックに憧れる女子が多いようです。

頑張って作ったのに…。やはり置き場と用途を悩ませる「チュッパンダカート」 家に置きたい場所2位はまさかの「倉庫」でお金がかかるならいらないというシビアな結果に!

今回の調査で、自撮り女子から熱い支持を集めていることが判明した「棒付きキャンディ」ですが、棒付きキャンディの代名詞「チュッパチャプス」が期間限定で全長なんと160cmの「チュッパンダカート」他、思わず自撮りしたくなってしまう可愛らしいポップなデザインの賞品が当たるキャンペーンを実施しています。
そんな「チュッパンダカート」にまつわる調査も行ってみました。

まず、もし「チュッパンダカート」を手に入れたら家のどこに置くかを質問したところ、最多が「リビング」で27.6%でした。一日の中で過ごす時間が長いであろうリビングですが、「チュッパンダカート」自体をインテリアとして捉えていたり、くつろいでいる時にチュッパンダを見て癒やされたい人がいることが伺えます。ただ、次に続いたのが「倉庫」22.0%という悲しい結果に…。キャンペーン告知をした際にSNSで「どこに置くんだ」「置き場所に困る」などと話題になりましたが大きすぎるが故に、置き場に悩んでしまうからか、日の目を見ない倉庫に票が集まりました。

続いて、「チュッパンダカート」がいくらであれば欲しいと思うかを聞いてみたところ、「お金がかかるならいらない」と答えた人が半数以上とこちらもシビアな結果となりました。理由としては、サイズが大きいが故に“買っても置き場所に困りそうだから”という意見が多く集まりました。また、”使用の用途がわからない”のでいらないという現実的な意見もありました。次いで「500円未満」で11.2%、「1000円以上3000円未満」の10.0%でした。やはりここでもサイズ感が足を引っ張り、“置き場所に困るため、高価でなければ買ってみたい”、“ワンコインであれば…”という意見も。見た目は可愛いけど現実的に考えると、お金はかけたくないし家に置くのは考え物…という人が多い事が分かりました。

キャンペーンについて

・キャンペーン名称:
  Chupa Chups カラフルプレゼントがその場で当たる!

・キャンペーン対象商品:
①チュッパチャプス”ザ・ベスト・オブ・フレーバー”(全8フレーバー)のうち、スティックに「WEBで当てよう!CHUPACHUPS.JP」と、8桁の応募コードが印字された商品
②チュッパチャプスグミ フルーツアソート(グリーンアップル・オレンジ・チェリー)のうち、パッケージ裏面にキャンペーンシールが貼られている商品。

・キャンペーン期間:
2016年10月3日(月)10:00~2017年3月31日(金)23:59

・応募方法:
 パソコン・タブレット・スマートフォンからご応募いただき、その場で当落がわかるキャンペーンです。
①キャンペーン対象商品をお買い上げいただきます。
②キャンペーンWEBサイトでご希望のコースを選択し、選択したコースに必要な数の応募コードを入力します。
③その場で当たりかハズレが表示されます。
④当たりが表示された方は、画面の表示に従って賞品のお届け先をご記入ください。
⑤1ポイントでの応募では、一度目の抽選でハズレが表示された場合も、TwitterかFacebookにシェアすることで、もう一度抽選に参加することができます。

・賞品:
〈50ポイントコース〉1名様
オリジナルチェア「チュッパンダカート」:1名様

自宅でいつでも遊園地気分!パンダカートがあなたのものに!
サイズ:約幅85×奥行160×高さ106cm 重量32kg
※チュッパンダカートは、実際には動きません。

〈1ポイントコース〉合計1,000名様
①オリジナルTシャツ(8色/3サイズ):合計200名様
②オリジナルiPhone6ケース(8色/1サイズ):合計200名様
③LINE ギフトコード(200円分):合計600名様

「チュッパチャプス」について

1958年、スペインで誕生した、独特の形状とバラエティ豊かなフレーバーの棒付きキャンディです。
■フレーバー:
ザ・ベスト・オブ・フレーバー:コーラ・チェリー・ラムネ・ストロベリークリーム・グレープ・プリン・ストロベリー・キャラメルポップコーン
デザートコレクション: クレームブリュレ・ブルーベリーチーズケーキ・ピーチメルバ (キャンペーン対象商品ではありません。)
チュッパチャプスグミ フルーツアソート:グリーンアップル・オレンジ・チェリー
■販売地区: 全国

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

「ハンズの手、貸します。」ムービー公開!ハンズスタッフが「手を貸して、あなたの願いを…

東急ハンズは今年で40周年を迎えます。店舗では本日11月1日~22日まで「ハンズ感謝祭」を開催。同時に40周…

AKB総監督 横山由依がJR高速バスドリーム号のアンバサダーに就任

AKB総監督の横山由依が“安全・安心・快適”をはじめとする「ドリーム号」の“良さ”をPR! 候補生だったころ…

2016年は冬にパステルカラー、春はモノトーンで

パステルカラーって春のイメージがあるけれど、今年はちょっと違うみたいです。 寒い季節は、モノトーンコーデにな…

「今の自分を出発しよう」 高校生の複雑な心を繊細な鉛筆で描いた話題の動画

「共感できすぎる」「一目惚れした広告」「めちゃくちゃ感動した」と未だ SNS 上で話題の動画『サヨとコウの出…

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子

Sponsor