ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社は、ダヴ ボディウォッシュ プレミアム モイスチャーケアのリニューアルを記念して、Twitterで「#ボディソープきれた」とツイートすると、60分*1でご自宅まで「ダヴうるおいセット」をお届けする、ダヴうるおいお届け便キャンペーンを実施致します。
第一弾は2月11日(土)と2月12日(日)の2日間、東京23区を対象に行います。
「ダヴうるおいセット」の内容には、ボディソープなどの他に、ここでしか手に入らないDoveうるおいシルクパジャマが入っています!

*1 60分は目安です。交通事情などにより前後する場合がございます。

#ボディソープきれた 「ダヴうるおいお届け便キャンペーン」について

参加方法はつぶやくだけ!Twitterで「#ボディソープきれた」とツイートすると、約60分で*1「ダヴうるおいセット」を当選者のご自宅にお届けするキャンペーンです。エリア外の方・外れた方にもAmazonで使える割引クーポンがもれなくもらえます。

詳細はHPでご確認ください。

<実施エリア>
東京23区内

<実施期間>
2017年2月11日(土)10:00~18:00
2017年2月12日(日)10:00~18:00

<お届け賞品>
ダヴうるおいセット
・ダヴ ボディウォッシュ プレミアム モイスチャーケア1本
・ダヴ プレミアム モイスチャーケア 泡ボディウォッシュ1本
・ダヴ うるおいシルクパジャマ 1着
・ダヴ 泡ハンドケアウォッシュ1本
・ダヴ ビューティー クリーム バー ホワイト2個パック

<応募方法>
STEP1:キャンペーンサイトからツイッターにログイン
STEP2:郵便番号・性別・年齢をご入力
STEP3:ハッシュタグ「#ボディソープきれた」を入れてツイート

「ダヴうるおいお届け便キャンペーン」企画意図

忙しい女性の皆さんの中には、ボディソープがなくなりそうだけどついつい買い忘れてしまった、
そんな経験をされた方もいるのではないでしょうか。リニューアルしたダヴ ボディウォッシュプレミアム モイスチャーケアをそんなタイミングで是非お使いいただきたいと、この度「ダヴうるおいお届け便キャンペーン」を企画いたしました。またうるおいお届け便では、ボディウォッシュのみならず、うるおいを体験いただいた後もその心地よさを包んでくれるDoveうるおいシルクパジャマもお届け。是非この機会に新しくなったダヴをお試しください。

ダヴ 液体ボディウォッシュ リニューアル内容

世界売上No.1(※2) ボディウォッシュブランドのダヴが生まれ変わった!
深層保湿ケアで手に入れる、ふれずにはいられない肌。

新しいダヴのポイント:
ダヴのうるおい処方は、高保湿ミルク配合(※3)で、肌の奥(※4)までうるおいを届ける深層保湿ケア。

*2 Nielsen調べ。世界38カ国(日本は含まれない)の日用品市場における身体洗浄料分野での売上金額をもとにユニリーバが算出。対象期間:2016年3月時点でデータ取得可能な直近12ヶ月。
*3 ステアリン酸、グリセリン水溶液、ココイルグリシンK(うるおい成分)
*4 角質層

ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社について

ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社
本社: 〒153-8578 東京都目黒区上目黒2-1-1中目黒GTタワー
代表取締役プレジデント: フルヴィオ・グアルネリ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

最大30人での協力対戦が可能に!「モンスタースーパーリーグ」が大型アップデート

「モンスタースーパーリーグ」が1月19日に大型アップデートを実施! キャラ集め・育成に続く、新たな楽しみ方が…

チア男子!! “山手線応援団” 開催!

山手線24駅に37枚の癒しポスターが出現!頑張るママ達、キュートなチア男子の癒しポスターでホッと癒されてみま…

鍛高譚をめぐり「柴犬 vs 忍者 かくれんぼ」勝つのは。。。

しそ香るお酒「鍛高譚」の香りをたよりに、 柴犬が“くノ一”を追いかけ、盗まれた「鍛高譚」を探し出す! あなた…

日常にアソビを仕掛ける新プロジェクト 「アソビモット project」始動!

街中をうちわを持った美少女が駆け抜けて街行く人を音のでるうちわで一刀両断(?)!扇がれた人の手にはいつの間に…

いつもと違う休日...競馬との出会いがあなたを変える!

競馬未経験者の女性は、競馬と聞くとおじ様たちが新聞片手に耳には赤ペンをセットして叫んでいるイメージがあるかも…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子

Sponsor