<女性の声から生まれたプロジェクト「リンククロス ピンク」> もしあなたの「おっぱい」が擬人化したら・・!? 共に歩む女性の一生を描いた WEBムービー『わたしとおっぱいさん』を公開! ―自分を守るために、胸ともっと向き合おう―

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社は、乳がんの早期発見に始まり、万が一の保障・罹患後のケアまでトータルでサポートし、自分らしく生きる女性を応援する「リンククロス ピンク」(URL:https://linkx.life/pink/)を3月14日より運営しています。

5月13日「母の日」を前に、改めて女性に、乳がんの早期発見のために自分の胸と向き合ってもらうことを目的に、WEBムービー『わたしとおっぱいさん』をサイト上で公開します。

本ムービーは、忙しい毎日の中で当たり前の存在になってしまっている自分の「おっぱい」に改めて目を向けて、大切にしてもらうことを意図しています。

初めてブラジャーをしたとき、好きな人のためにおしゃれをするとき、大切な赤ちゃんに授乳をするとき。

おっぱいは女性のライフステージの変化とともに、様々な役割を担う重要な存在です。

ムービーの中では、女性の一生のなかで「おっぱいさん」がいつも傍で見守り、支える姿を描いています。

そして、いつの間にか気に掛けることを忘れられたおっぱいさんに、ある日危機的な状況が訪れ、「自分を守るために、胸ともっと向き合おう。」とメッセージを伝えます。

リンククロス ピンクは保険会社としてのいざというときのサポートを越えて、乳がんになってもならなくても、イキイキとあなたらしく毎日を過ごしてほしいという女性社員の想いから誕生しました。

本ムービーもそんな想いに共鳴した女性の監督や制作スタッフで企画・撮影しました。

乳がんは自分で見つけやすい病気といわれています。自分の身を守るには、まずは自宅で簡単にできる「セルフチェック」でおっぱいチェックをしてみましょう。

「リンククロス ピンク」では乳がんのセルフチェック動画(https://linkx.life/pink/selfcheck/)も公開しています。

当たり前の存在になっていて、なかなか自分で触れることのない「おっぱい」。定期的に自分の手で触って、変化がないか確認してみてください。

作品内容

プレゼントの包みを開けると、ブラジャーが中に入っていました。

女の子ははにかみながら、生まれて初めてブラジャーを手に取ってみます。

ふと気がつくと、女の子の隣には優しく微笑む「おっぱいさん」がいました。

その時、女の子は自分のおっぱいを初めて意識しました。

雑誌に載っているスタイル抜群のモデルと自分のおっぱいと比べて、がっかりしてしまいます。

少しでもおっぱいを大きくしたくて、おっぱいが大きくなると言われている体操を始めます。

「おっぱいさん」も頑張って応援します。

大好きな人とのデート明日にひかえ、オシャレをして鏡の前でポーズを決めます。

おっぱいさんも気合いたっぷりにおめかしをしています。

大切な人と結婚し、子どもを授かります。

真夜中に疲れながら授乳をしています。

おっぱいさんも一生懸命応援します。

あわただしい時間が過ぎていきます。

いつしかおっぱいさんは、無視されてしまう存在に・・。

そんなある日、着替えていると、女性は自分の胸の違和感に気が付きます。

後ろを振り向くと、傷ついたおっぱいさんがしゃがみこんでいました。

女性が急いでそばに駆け寄ります。

「どうしよう・・。」

と悲しんでいる女性に、おっぱいさんがそっと手を伸ばします。

二人は共に見つめ合います。

おばあさんになった女性は、おっぱいさんと並んでテラスに座ります。

二人は愛おしそうに手をとりあい、庭でダンスを踊ります。

女性の一生を見守ってきたおっぱいさんと女性の姿が走馬灯のように駆け巡り、「自分を守るために、胸ともっと向き合おう。」というメッセージが投げかけられます。

撮影の風景

撮影当日は女性の制作スタッフが集まり、アンティーク調のハウススタジオの中で撮影が行われました。

ジャズダンスの経験をもつおっぱいさん役の波田野美優さんは手足を伸びやかに使っておっぱいさんの感情の機微を表現していました。

胸の大きさを比べて気にしてしまったり、デートに向けておしゃれをする「あるあるシーン」に共感しながら和気あいあいと撮影がすすみました。

「おっぱいさん」の美術へのこだわり

「おっぱいさん」の頭には主人公が大切にしていたその時々の「宝物」が飾られています。

「おっぱいさん」の姿が、その時々の女性の一生によって変化するので、チェックしてみて下さい。

幼少期の「おっぱいさん」の頭には、小さい頃に大切にしていたぬいぐるみやキャンディーが飾られています。

おしゃれに目覚めた思春期の「おっぱいさん」の頭には、プレゼントボックスやサングラスなどの装飾品が飾られています。

子どもが生まれると「おっぱいさん」の頭には、子どもの靴下や靴が飾られています。

おばあさんになると「おっぱいさん」の頭には、フォトフレーム(想い出)やパールのネックレスが飾られています。

絵コンテ

「おっぱいさん」は丁寧に作り込みされています。

その時々の「おっぱいさん」の姿と女性の様子をフューチャーすると、動画がより一層感慨深くなります。

WEB動画

『わたしとおっぱいさん』の動画URLは下記の通りです。

https://www.youtube.com/watch?v=tMvJLoht4bg&feature=youtu.be

是非観てみて下さい!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

群馬の常識 〜「上毛かるた」篇〜

群馬県民なら誰でも暗唱できるという、「上毛かるた」。 関東圏の方なら、一度は耳にしたことがある、という方も…

雨の後には虹が出る♥幸せなレインボーのお話

先日はハリケーン接近の影響で雨が心配されたハワイ。何事もなく通り過ぎてよかったですね。 いつも青い空と海が…

アイコス・プルームテックなどの新型タバコは分煙対象にはならないの?

最近よく見かける煙の出ないタバコ。日本ではアイコスとプルームテックという商品が発売をされています。火も使わず…

飲むだけじゃない!意外と知らない「コカ・コーラの活用法」10選

世界各国に愛されているコカ・コーラ。のど越しがよくて、思わず手を伸ばして飲みたくなりますよね。でも、飲み残し…

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子