「予防」のまとめ(5ページ)

風邪予防に じゃが芋のポタージュ

じゃが芋には、免疫力を高めるビタミンCが多く含まれており、風邪をひきにくい身体を作ってくれます。
また、玉葱にはオリゴ糖…

口内炎でも食べやすい かぼちゃのプリン

かぼちゃは栄養成分を多く含む、緑黄色野菜です。
中でもビタミンA、鉄分、食物繊維を多く含むことから、免疫力を高め風邪や感…

発熱についてしっておこう!その7

おたふく風邪の正式名称は「流行性耳下腺炎」といいます。
ムンプスウイルスの感染により発症するもので潜伏期間は2〜3週間と…

発熱についてしっておこう!その6

予防接種を受けることで大幅に減少したはしかと風疹。
しかしながら欧米や韓国では撲滅されているのに対し日本ではいまだに流行…

貧血防止 アサリたっぷり深川丼

低脂肪高タンパクのアサリは、貝類の中で最もビタミンB12を多く含む食材です。
ビタミンB12は、葉酸とともに赤血球の生成…

発熱についてしっておこう!その3

アデノウイルスの3型または7型の感染により発症する夏風邪の一種です。名前の通り、多くの人がプールの水を介して感染しています。

風邪予防に ブロッコリーのシチュー

緑黄色野菜である、ブロッコリー、ニンジンがたくさん入ったシチューです。
ブロッコリーはビタミンAを豊富に含み、粘膜の抵抗…

風邪予防にビタミンAを多く含むかぼちゃのポタージュ

ビタミンAを多く含むかぼちゃは、免疫力を高め、風邪予防に適した食材です。離乳食としても活用できます。

手足口病・アデノウイルス予防に グリーンポタージュ

ほうれん草と玉ねぎを一緒に食べる事により、疲労回復、食欲不振に役立ちます。
目や粘膜を守る働きもあり、アデノウィルス、手…

虫歯予防や肥満防止にも アーモンドフィッシュ

かみかみメニューの一つです。定期的に意識して固い物を食べるようにすると良いでしょう。

栄養満点!親子うどん

卵に唯一足りない栄養素のビタミンCをほうれん草で補ったメニューです。
また、ほうれん草にはお子さんに必要な鉄分が多く含ま…

夏風邪予防に スタミナうどん

スタミナうどんの名の由来は、ズバリ入っている具材にあります。
ニラにはアリインというビタミンB1の吸収をよくしてエネルギ…

RSウィルス感染症について

RSウイルスは強い咳や喘鳴(ぜいぜい、ひゅうひゅうという呼吸音)をともなう風邪の原因ウイルスです。乳幼児の一部では高熱をきたすこ…

アデノウイルス感染症について

アデノウイルスは高熱やのどの痛みなどの風邪症状をおこすウィルスの一種です。アデノウイルスの症状は溶連菌感染症やインフルエンザ、川…

溶連菌感染症(連鎖球菌性毒素ショック症候群、通称:人喰いバクテリア)について

溶連菌は熱やのどの痛みなど、風邪症状を起こす菌の一種です。溶連菌の感染は冬から春にかけて流行のピークがありますが、一年を通して見…

はしかについて

はしかは、麻疹ウイルスによってうつる感染症で、人から人へと感染します。毎年、春から初夏にかけてはしかの流行が見られ、空気感染、飛…

ふうしんについて

ふうしんは、ふうしんウイルスによってかかる急性の感染症です。ふうしんウイルスは、空気感染、飛沫感染、接触感染などによってうつりま…

手足口病について

手足口病は、子供がかかる夏風邪の一種で、口の中や手足などにポツポツと水疱のような発疹が出る病気です。手足口病の原因となるウイルス…

ロタウイルスが発症した場合の治療法はあるか

ロタウイルスに感染した場合、ウイルスに効果のある抗ウイルス剤などは、未だ開発されておりません。

ロタウイルスによる胃腸炎はどのようなものか

どのようなものがロタウイルスによる胃腸炎なのでしょうか?急性のロタウイルスによって起きる胃腸炎で、0歳~6歳の乳幼児期の場合によ…