祖父がお菓子やおもちゃを買い与えすぎます。

ママの思いとは異なるかもしれませんが、おじいさまもお孫さんが可愛いのです。お子さんも、おじいさまの愛情をたっぷりと受けていると感じるはずです。もし肥満や虫歯、玩具がありすぎて大事にしなくなるなどの心配があれば、日々の生活の中でルールをしっかり決めましょう。おじいさまに与えてもらったあとで伝えるよりは、事前のコミュニケーションでさりげなくルールを伝えてみてくださいね。もちろん、言い方には気をつけて!

祖母が子どもに、私が教えていることと反対のことで注意をします。

お子さんにとっては、ママとおばあさまは違いますから、一緒に住んでいる以外は、あえて方針を合わせる必要はないと思いますよ。ママの考えをまわりに押し付けなくとも、子どもはどのように振る舞えばいいのかをちゃんとしっていますから。それに、客観的に見れば、おばあさまの世代のしつけも一理あるのです。いろいろな観点から子どもに教えることこそ豊かな教育と言えるのではないでしょうか。もし、子どもが迷うのではないかと気になる場合でも、その場で主張してこじれた雰囲気になっては、お子さんが悲しい思いをしてますよ。一歩引いて、我慢するママの姿も、ちゃんと子どもにはわかっていますから・・・。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

イクメンパパあるある

今日は、一応イクメンパパを名乗っていますので、日々の生活の中での「イクメンパパあるある」を紹介したいと思いま…

友達ができないのは親のせい?友達ができない子供に育つ親の悪習慣!

みなさんのお子さんは友達がたくさんいますか?幼稚園や小学校でよく遊ぶ友達がたくさんいますか? 歌にもあるよう…

気をつけよう!わが子が「暴力的な子どもに育つ」夫婦のNG行動3つ

大人もそうですが、暴力的な人っていますよね。 狂犬ってあだ名がついちゃってたり、なんでそんなに暴力的なの?っ…

お子さんのこと、ちゃんと「見え」てる?親子の”名前がない展覧会”

子ども自身さえ気づかない才能が、親には見えるかもしれません。 そして逆に、お子さんもいつの間にか、親の想像…

いつから始めればいいの?気になる赤ちゃんの耳そうじ事情

みなさん耳そうじはどんなタイミングでしていますか?僕は毎日風呂あがりに綿棒を使って耳そうじしています(笑)耳…

関連するキーワード

ママchan

「ママchan」は、2004年に創刊以来、5年以上にわたり発行を重ねてきた、幼稚園・保育園をルートとした園児へ直接手渡しで配布されるフリーペーパーです。お母さん向けの読み物と、お子さんがご家族と一緒に楽しめる工作やぬりえなどで構成され、本紙では、幼児期における基本的な生活習慣や社会性を、親子で一緒に考え、身につけていくことを目指してまいりました。

そして現在、保育現場の抱える課題やそれを取り巻く社会の実態に接するたびに、フリーペーパーとしての体裁にとらわれることなく、これまで「ママchan」の発行を通して培ったノウハウを駆使して、「より保育の現場に即した事業へと変革しなければならない」と強く感じ、新たな「存在(ありよう)」へ変わろうとしています。

現在は紙面に限定せず、子どもと親と教育者が一緒に参加することにより、共感できる具体的なアクションプランを織り込んだ新規事業を展開しております。「ママchan」にどうぞご期待ください。