適度な運動は身体にとって必要

ウイルスの感染を防ぐために重要なことは、適度な運動です。

人間の身体は何もしなければしない分だけ衰えていってしまいます。言ってみれば、毎日車を走らせなければ動かなくなってしまうというようなものですが、それを解消させるために大事なことが、毎日の適度な運動です。

適度な運動をすることによって、身体に抵抗力をつけることができます。当然風邪に対して強くなることが出来ますし、身体もスムーズに動くようになります。また、ちょっと動いたくらいでは疲れなくなります。

ウイルス感染に対して強くなる以外にもメリットは多いです。若いうちはいいですが、年を取ってくると運動も辛くなってきますし、そもそも仕事で時間を取りにくくなってしまいます。そのような中で適度な運動をすることはとても大切です。

どのような運動をするのがいいか

運動のひとつとして考えられるのは、ウォーキングや体操です。

ウォーキングや体操の場合は、それほど力を使わずにできますし、例えば会社に通うまでの道のりで自転車を使っているのならば、少し早めに出て歩きに変えるなどをすれば、それだけでも十分な運動になるでしょう。体操でも、ラジオ体操でも構わないのでとにかく身体を動かすことが大切になってきます。

最初のうちはどうしてもなれないでしょうし、大変なところもあるでしょう。また、途中で面倒になってくることもあるでしょうが、とにかく継続させることは大切です。途中でやめてしまったらせっかく続けているものが台無しになってしまいますし、効果が出てきていたかもしれないものが消えてしまいかねません。

毎日の習慣になるように心がけていきたいものです。

運動をするときに気を付けたいこと

適度な運動ということですが、注意しておきたいことがあります。

ウォーキングを例に取ってみると、特に冬場の朝起きてから早い時間から急に身体を動かし始めるのは避けましょう、と言うことです。

これは身体にとって単純に良くないため避けた方がいいのです。身体がまだ起ききっていない時に急に身体を動かすと、身体に対して刺激が大きいのです。そして、冬場になってくると更にその負担も大きくなりますし、実際にそれが原因で倒れたという人もいるくらいです。

運動を適度にするのはとてもいいことですが、身体を動かすときには気温や身体の状態も十分に考慮した上で行うといいでしょう。体調がすぐれないような時に無理やりでも身体を動かそうということは避けた方がいいでしょう。
そういう時には無理せずに休んでおくことが望ましいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ヨーグルトはインフルエンザの予防♡大腸ガンの予防にも効果あり♡こども・妊婦・高齢者に…

ヨーグルトには、タンパク質 ビタミンA・カルシュム・マンガンなども含まれており、消化吸収されやういのです。

「大人の風しん」が流行中!!妊娠初期の女性はお腹の中の赤ちゃんへの感染リスクも・・

風しんは、子供がかかる病気だと思われがちですが、大人の間でも風疹が就航しています。大人が風しんにかかると症状…

働くお母さんが特に気をつけたい、感染症予防策

寒くなるこの時期は特にインフルエンザや冬に気をつけたいノロウイルスなどが流行る時期でもあり、これらの感染症に…

帰宅後に毎回せっけんを使うことを推奨してください

皆さんは家から帰ってきたとき、手洗いはしているでしょうか。実は手洗いはとても大事なもので、感染症から身を守る…

インフルエンザ、子供のワクチン接種について

インフルエンザワクチンの摂取に関するまとめです。 生まれた後6か月以上で13歳未満の場合は、インフルエンザワ…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子