インフルエンザワクチンを流行する前に接種する

インフルエンザにかからないためには、どのような対処をするといいのでしょうか?有効なインフルエンザにかからないための方法としては、いろいろなものが考えられます。

最も有効と考えられるインフルエンザにかからないための方法としては、インフルエンザワクチンをインフルエンザが流行する前に接種することでしょう。インフルエンザワクチンを接種すると、インフルエンザが発病する可能性を感染した後に少なくすることができる効果があります。

また、インフルエンザに万一かかった場合でも、重症になるのを防ぐために有効であると報告されています。そのため、インフルエンザワクチンは日本においても接種する人が多くなっているような傾向があります。

他の人に向けてくしゃみなどを普段からしない

主なインフルエンザの感染経路は、くしゃみや咳の際に口から出る水滴の小さなものによる感染です。そのため、この水滴を浴びなければ、非常にインフルエンザに感染するリスクは少なくなります。

しかし、特に学校の友達や家族等のように、一緒に普段いることが多い人同士の場合にはこのような感染を防ぐのは困難です。また、インフルエンザウイルスに感染した全ての人が、高熱などの症状があってインフルエンザと判断されるということではありません。

そのため、インフルエンザのこのような感染の対策としては、全員が他の人に向けてくしゃみなどを普段からしないこと、くしゃみや咳が出る場合はマスクをできるだけすること、くしゃみや咳を手のひらで受け止め、手をすぐに洗うこと等を守るようにしましょう。

石鹸・流水による手洗い

石鹸・流水による手洗いは、インフルエンザウイルスの手指などについたものを取り去るために有効なものであり、インフルエンザだけでなく感染する経路が接触によるものの場合の対策の基本です。
インフルエンザウイルスの場合は、消毒をアルコールで行うことも効果があります。

空気が乾いてくると、鼻の粘膜の機能が下がってきて、よくインフルエンザにかかるようになります。特に乾きやすい室内の場合には、加湿器などを使用し、50%~60%の適切な湿度を維持することも効果があります。
普段から、バランスのとれた栄養を摂ることと十分な休養を、体の抵抗力を高くするために心がけましょう。

インフルエンザが流行すると、特に高齢の人や妊婦、睡眠不足や疲労気味の人は、繁華街や人混みの場所へ外出するのを止めましょう。どうしても外出する場合は、できるだけ人混みの場所にいる時間を短くしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ノロウイルス食中毒の予防方法は?

代表的なノロウイルスの食中毒の要因としては、二枚貝のカキなどがあります。しかし、このようなものを食べていない…

室内温度は20~25度に保ち、湿度は50~60%にすること

人体をウイルスから守るために必要なことは、室内を快適な環境に保つことです。室内温度は20度から25度くらいに…

ウイルスに感染してしまったら

もしもウイルスに感染してしまったら、隔離を行うことが求められる場合があります。 そして一般的なものですが、薬…

三食欠かさないで、食べ物のバランスも考える

ウイルスから身体を守るためには、栄養バランスが大切になります。この栄養バランスは、サプリメントで整えるという…

かぼちゃは、風邪予防に効果が高い☆これからの季節・夏風邪予防・夏バテ・お肌の老化防止…

ハロウィンで活用される「かぼちゃ♡」☆かぼちゃの栄養価は風邪予防には、絶大な効果があった☆

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子