外出をどの程度の期間控えるか

インフルエンザになった場合には、外出するのをどの程度の期間控えるといいのでしょうか?一般的にインフルエンザが発症する前と発症した後の3日~7日間は、ウイルスが潜伏していると言われています。そのため、この期間、患者は感染源になってしまう可能性があります。

潜伏しているウイルス量は熱が下がってくるにつれて少なくなってきますが、ウイルスが熱が下がった後も潜伏していると言われています。潜伏期間には個人差がありますが、咳などが継続している時には、周りに気配りするためにマスクをするなどしましょう。

なお、学校保健法においては、インフルエンザによる学校への出席を停止する期間は、熱が下がった後2日が経つまでとなっています。しかし、病状によって、学校医などが伝染の心配がないと判断した場合は例外となっています。

仕事を5日間は最低でも休んで外出しないようにする

高い熱が出て節々の痛みや寒気など、いろいろな症状が、インフルエンザにかかった場合には出てきます。大人の場合には、熱は数日すると下がり、楽に身体がなってくる場合もあります。
自分の体の調子が良くなると、会社にそろそろ出ようか、と思うのではないでしょうか。しかし、感染症であるインフルエンザの場合は、判断を自分一人でするのは危険です。

では、インフルエンザになった場合には何日休めばいいのでしょうか?出席停止期間が学校の場合にはあり、5日間は最低でも自宅にいる必要があります。大人の場合も、インフルエンザが発症した後、感染の心配が3日~7日間はあります。

熱が下がって楽な症状になったということでも、身体の中からウイルスは出ていない恐れがあります。会社内で周囲の人に感染して流行しても問題になるため、仕事を5日間は最低でも休んで外出しないようにする方がいいでしょう。

インフルエンザの発症後の3日~7日間は外出しない

インフルエンザにかかって、高い熱が出たので病院に行って診てもらったところ、インフルエンザであると診断されるようなこともあるでしょう。しかし、熱もすぐに下がって、会社にすぐにでも行けるような状態になります。

でも、熱が下がったからということでも油断はしないようにしましょう。ウイルスが完全に体の中から無くなっているとは限りません。仕事を休んで、さらに会社の人にインフルエンザを移したのではどうしようもありません。

では、インフルエンザになった場合には、外出するのをどの程度の期間控えるといいのでしょうか?厚生労働省の公式サイトを見てみると、ウイルスをインフルエンザが発症する前と発症後の3日~7日間は排出するとなっています。そのため、この程度の期間は外出するのを避けた方がいいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

風邪かなぁと思っていたらまさか...知られていない秋のアレルギー 

昼と夜の寒暖差が激しいこの季節。体調を壊しやすい時期なのでくしゃみや鼻水といった症状に風邪を引いたのかな?と…

デング熱の国内感染事例の発生状況について

デング熱というのは、急性の熱性の感染症で、デングウイルスが感染することによって起きるものです

岡本真夜さんが患った病気「チョコレートのう腫」はどんな病気 

シンガーソングライターの岡本真夜が17日放送のフジテレビ「ノンストップ!」で婦人科疾患の一つである「チョコレ…

アデノウイルス感染症について

アデノウイルスは高熱やのどの痛みなどの風邪症状をおこすウィルスの一種です。アデノウイルスの症状は溶連菌感染症…

鼻がムズムズ...風邪でもない、花粉症でもないこれってなに?

今年の春は寒暖差が激しく、みなさんも体調管理が大変だと思います。そんな中、今日のフジテレビ系「めざましテレビ…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子