身体を温め、ミネラル豊富!お腹に優しい献立

ミネラル豊富な野菜がたくさん入ったうどんです。中でも、大根やニンジンなどの根菜類や、かぼちゃには、身体を温める効果があります。
かぼちゃの甘さと、ごま油の風味が香るやさしい味噌味のスープが良く合います。

食物繊維も豊富に含まれますので、便通の良くないお子さんにもお腹に優しく作用してくれます。

<ほうとう風うどん> 材料と作り方

(材料)~子供4人分~
干しうどん…180g
大根…90g
人参…40g
油揚げ…25g
長ねぎ…50g
かぼちゃ…80g
小松菜…85g
みりん…7g
みそ…55g
食塩…1g
ゴマ油…8g
だし汁…750㏄


(作り方)
1、大根、人参はいちょう切り、油揚げは食べやすい大きさに切り熱湯で油抜きをしておきます。長ねぎは小口切り、かぼちゃはいちょう切りに合わせたサイズにカットする。小松菜は細かめにカットして茹でておきます。
2、だし汁に大根、人参、長ねぎ、油揚げを入れ火にかけます。野菜が柔らかくなってきたら調味料とかぼちゃを入れます。
3、茹でたうどんに2、をかけて茹でておいた小松菜を乗せます。

消化酵素が胃腸を整える 大根は食あたり知らず

お芝居の下手な役者を「だいこん役者」といいますが、これは大根を食べても食あたりしないことから「当たらない役者=だいこん役者」というそうです。

大根には消化酵素であるジアスターゼやグリコシダーゼなどが多く含まれ、食べ物の消化を助けてくれます。また腸の働きを整えてくれる効果もありますのでお腹に優しい野菜です。
またこの消化酵素はたんぱく質や脂肪の消化も助けますので焼き魚や焼肉には大根おろしが欠かせません。

根の方にはビタミンA、ビタミンC、食物繊維が豊富で、消化酵素も根の方に多く含まれます。
一方、大根の葉の部分にはβ-カロテン、カルシウム、ビタミンC、ビタミンK、葉酸、鉄分が含まれますので捨ててしまわずおひたしなどにして食べれば、更に栄養満点です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

口内炎でも食べやすい かぼちゃのプリン

かぼちゃは栄養成分を多く含む、緑黄色野菜です。 中でもビタミンA、鉄分、食物繊維を多く含むことから、免疫力を…

成長期にピッタリ 豆腐のうま煮

豆腐の原料である大豆は、畑の肉と言われ、良質なたんぱく質と脂質を含む、栄養価の高い食材です。 またビタミンD…

夏バテ防止!茄子とトマトのチーズ焼き

夏野菜は身体の熱を体外へ出す効果があります。 また、豚肉はビタミンB1が多く含まれ、スタミナをつけてくれます…

新陳代謝を促進 鶏の塩唐揚げ

鶏肉には、ビタミンB群が豊富に含まれていて、疲労回復や、新陳代謝を促進させることから体調維持に役立ちます。

朝食にアレンジしてもOK コーンパン

これは、スッティック状にすると手づかみ食べが出来、良く噛んで食べられるメニューです。コーンマヨネーズは甘味が…

関連するキーワード

管理栄養士 宮本仁美

プロフィール
宮本仁美
1968年生まれ、1991年女子栄養大学を卒業
平成11年社会福祉法人 高砂福祉会 六高台保育園入職

以降、栄養バランスのとれた保育園給食献立の作成を行ってきた。