我が家のルール、それは挨拶をきちんとすること!

皆さん、家族のルールってありますか?僕らの家族のルールは至ってシンプル。
「おはよう、いただきます、ごちそうさま、ありがとう、ごめんなさい、おやすみなさい」
こういった基本的な挨拶をきちんとする、ということです。

僕自身もそうですし、奥さんや子供にもこれだけは言っていますが、他のことになると…奥さんに注意されっぱなしのずぼらで残念なパパです。

さて挨拶ができることもそうですが、子供には明るく元気な素直な子に育って欲しいですね。
そこで今回は、そんな子育てのちょっとした5つの秘訣を紹介します。

あなたは実践できていますか?5つの秘訣をご紹介

■1:失敗についてとやかく言わない
子どもが何か失敗した時、ついつい注意したくなる気持ちも分かります。
しかし、「子どものために……」と思ってする注意も、あんまりうるさく言ってしまうと、次回から子どもは失敗を恐れてチャレンジをしなくなってしまいます。

子どもにはどんどんチャレンジさせて、失敗も受け入れるようにしてあげてください。子どもは、そこから多くのことを学んでいきます。

■2:物事のポジティブな面に目を向けさせる
コップの中に入っているお水が半分だったとします。
それを、「半分しかない!」と思うか、「半分も入っている!」と思うか。同じ現象でも受け取り方によっては、全く異なります。

物事のポジティブな面に目を向けさせるようにしてあげてください。
それを続けていると、物事をポジティブに捉えられる明るい子になるはずです。

■3:子どものタフさを信じる
何か事件があった時、そのネガティブな影響をいつまでも引きづらないようにしましょう。
大人場合ですといつまでも引きずってしまい、ストレスを感じることもあるでしょう。

しかし、子どもは元来タフなのです。可能性の塊なのです。何か事件があっても、翌日は元気にケロっとしていられるのが子どもなのです。
その子どものタフさを信じ、親が必要以上に心配したり後に引きずったりしてしまわないようにしましょう。

日々の生活の中で出来ることから取り組んでみよう!

■4:結果より過程を褒めよう
何か物事に取り組んだ時、大人はついその結果のみを褒めてしまいがちです。
「良くできたね~」「上手にできたね!」このような言葉は、結果だけを認めていると捉えられてしまいます。

それよりも、ある物事に取り組んだ姿勢や、その過程を褒めるようにしてあげてください。
そうすれば失敗や結果を恐れずに、何にでもチャレンジできる明るい子に育つはずです。

■5:子どもとの楽しい時間に集中しましょう
日々の生活に追われているとつい見落としてしまいがちですが、目の前にいる子どもとの楽しい時間を、満喫するようにしましょう。

つい忙しいと、“スマホを片手に”とか、“何か予定を考えながら”と目の前の子どもに集中できないことが多いでしょう。
子どもと向き合って楽しい時間を共有すること。これができると、子どもはたくさんの愛情を感じることもでき、すくすくと明るい元気な子に育っていきます。

5つの秘訣、いかがでしたでしょうか。
ちょっとしたことですが、自分の行動を振り返ってみると出来ていないこともチラホラ…。
これから僕自身もこの5つの点についてもっと意識してみたいと思います。
皆さんも日々の生活の中で出来るちょっとしたことですので、是非、試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

子育てにおいてこれだけは絶対に言ってはいけない2つの言葉

毎日子供と向き合っていると、イライラすることやムカつくこともたくさんありますよね。 それは当然です。 に…

「ほめて伸ばす」の落とし穴に要注意! 子供のやる気をアップさせる“ほめ方”の極意

「僕、褒められて伸びる子なんです!!」ってよく聞きます。誰だって、怒られるより、褒められる方がいいですよね。…

見ていないようでキチンと見ています!子供に見せたい親の行動

子供が自分と似たような行動や言動をしていることに気付く時はありませんか?子供って見ていないようで、親の行動や…

思わずやっている!?...子供がわがままに育つNGな習慣

ワーママは仕事に育児に家事と大忙しですよね。 私も子供が小学生になり、早1年が経とうとしています。 今さらな…

子供にいい影響を与える夫婦の行動4つを紹介!

子は親の背中を見て育つ。なんて言いますが、本当にそのとおりだと思います。 口癖もそうですし、行動一つについて…

関連するキーワード

BIGパパ

はじめまして。三十路の2児の父、BIGパパと申します。
(実は、年内に3児になる予定です。)
B型。趣味は野球。家族や子供のことを面白おかしく書いています。
これから、イクメンパパとして様々な情報を投稿していきたいと思います。