あなたはどこでお子さんを出産しましたか?

皆さんはお産の際、どうやってその「場所」を選びましたか?
家の近所だったから、設備が最新だから、自分好みの出産スタイルをしてくれる所だったから、とその理由は様々だと思います。

最近では出産する場所にも幾つかの選択肢があってそれぞれの特徴やメリット・デメリットもあり、自分はどこで産んだらいいのか、どういうお産が向いているのか、なんて少し前では考えられなかったであろう悩みもうまれてきましたよね。

ちなみに私の場合はというと、出身地から遠く離れた場所にお嫁に来たので、お産は慣れている自分の親元で行いたい、という希望があり、里帰り出産をさせてもらいました。
そして選んだ病院は、自分も小さな頃から何かと通院していて、家族全員が一度は入院したことがあるという、勝手知ったる県の総合病院でした。
家から比較的近く病院自体を昔からよく知っていた、というのもありましたが、それ以外にもNICU(新生児集中治療室)があることや周産期母子医療センターに指定されている、という事も選んだ時の大きなポイントになっています。

私の周りでも自分の希望するお産スタイルがしたいから、とクリニックを選ぶ人もいて、正直、それぞれどんな違いがあるのかな?なんて思っていたところもあり、少し、お産する場所の選択肢について調べてみましたので、ご紹介したいと思います。

それぞれの特徴ってどんなもの?

一言に出産、といっても母子の状態によっては様々なリスクもありますし、お母さんの希望もあるでしょう。
では、現在、日本でお産するにあたり、どんな場所があるのか、まずはそれぞれのメリット・デメリットと合わせてご紹介していきたいと思います。

大学病院・公立病院(総合病院)

<メリット>
内科、小児科、外科などの一般的な診療内容に始まり、脳神経外科や呼吸器外科、メンタルクリニックなど、多くの診療科目を有する病院であり、産科だけでなく他の科との連携も強いため、万が一の時のことを考えると赤ちゃんもお母さんも、共に安心してお産できる病院と言えるでしょう。
高齢出産や双子を妊娠した場合にも対応してくれ、最新医療設備やNICUもほぼ完備されていることが多いので、どのような状況になったとしても院内での即時対応が可能です。
また緊急搬送の受け入れもしていることから救急救命処置などもしっかりと行うことが可能です。

<デメリット>
入院する方が多いのでベッドの空き具合によっては個室が難しく、何人かでの相部屋となることもよくあります。
またハイリスク出産を優先するため、リスク出産でない患者は受け入れてもらえない場合もあります。

診察自体も緊急のお産が入った時などは止まってしまったり、普段よりもかなり時間がかかってしまうことがあります。
食事などはそれほど豪華というわけではなく、特別な催し物なども少ないでしょう。

産婦人科医院(クリニック)

<メリット>
ベッド数が少ないので、妊娠中の定期検診から出産までを同じ医師が担当してくれることが多く、看護師などとのコミュニケ—ションも普段から取りやすいため、出産後にも育児の相談にのってくれるなど、アットフォームな環境が魅力です。
また無痛分娩などの対応もしれくれるので、どうしてもお産の痛みに不安のある方にもオススメです。
最近では院内で、母親学級、呼吸法教室、マタニティービスク、ヨガ、おっぱい教室なども開催している病院も増え、初産の方でもひとつの病院で全てをカバー出来るのも嬉しい点です。

食事ではレストラン顔負けの豪華なものや、バイキング形式での食事、出産祝いの特別ディナーなども用意される場合もあります。
病室は個室が基本で、家族でゆっくりと産後の時間を過ごすことが可能です。

<デメリット>
夜間や祭日などに出産を迎えると医師との連絡に時間がかかったり、急変時には院内での対応が出来ないため、大きな病院へ搬送となります。
お産費用・入院費用は大学病院や総合病院に比べるとやや割高(約10万程度)であることが多いようです。
またベッド数に限りがあるため、事前の予約がないと出産自体を受け入れてもらえない場合が多く、予約時に一部入金が必要な場合もあります。

助産院

矢島助産院

<メリット>
医師などの立ち会いはなく助産師がお産を助けながらの出産となるため、自然分娩を主体とした自分らしいお産方法を選択することができます。

家族や一人目、二人目のお子さん立ち会いのもと、皆でその生命の誕生の瞬間に立ち会うことができ、出産の感動を分かち合うことが可能です。
また出産後もすぐに同室で赤ちゃんと家族とがゆったりと過ごすことができます。

<デメリット>
リスク出産の場合はそもそも利用することが出来ず、妊娠が非常に順調で通常分娩での出産がとなる場合のみ、利用することが可能となります。

また医師が立ち会わないので医療行為を行うことが出来ず切開や縫合も行いません。
出産中、万が一の時にはそのまま大きな病院への搬送となるため、逆にリスクが高くなる場合もあります。

出産場所を選ぶポイントとは?

それぞれの施設の特徴やメリット、デメリットはなんとなくご理解いただけたのではないかと思いますが、では実際にどのようなポイントで出産場所を選んだら良いのでしょうか。

まず第一に、自分と赤ちゃんの状態から判断すると良いでしょう。
既に、妊娠中何らかのリスクが考えられる場合には医療設備の整っている大学病院や総合病院などにしたほうが無難です。
別の病院で検診を受けていたとしてもお産の際に紹介状を書いてもらって転院することも可能ですので、それぞれのリスクに対応できる病院を選びましょう。

次に病院までの距離を考えましょう。
通常、お産が始まる合図としてまず陣痛が始まりますが、初産の場合と2回目以降の出産では陣痛から出産までの時間にかなりの差がありますので、その辺りも考慮して選ぶようにしましょう。
目安としては初産の場合は一時間程度、2回目以降の場合では30分程度で着く距離の病院を考えると良いと思います。

最後に緊急時の対応について考えましょう。
妊娠中全く問題がなく、通常分娩で順調進んでいても突然赤ちゃんやお母さんの身体に不調が起こったりするのがお産です。
万が一の時にはどのような対応をしてくれるのか、という点についても事前によく確認しておくようにしましょう。

ここまでご紹介した3つのポイントは最低限、確認しておくようにしましょう。


最後に費用面、自分の希望スタイルを考える

あなたの希望するお産スタイルは?

最近では妊婦さんの希望するお産計画「バースプラン」というものがあり、一生でそう何度も経験することのないお産ですから、自身の希望に合ったお産をしたい、と考える妊婦さんも少なくありません。
夫の立ち会い出産がしたいのか、無痛分娩にしたいのか、出産後のケア方法で選びたいのか、自分の希望するバースプランと照らしあわせて考えるのも良いですよね。

また費用面では出産一時金が利用できるのである程度の額であれば公費からまかなえますが、それでも出産の内容や入院中の過ごし方によっては大幅に上回るケースも出てくるでしょう。
一般的に国立や公立といった病院では費用を抑えることができ、対して私立などの病院では費用が高額になることが多いので気になる方はお産の前にしっかりと諸費用を確認するようにすると安心です。



出産場所の選び方、いかがでしょうか。
自分や赤ちゃんの状態にもよりますが、なるべくなら希望する出産スタイルで気持よく満足のいくお産を行いたいですよね。
インターネットやパンフレットで見るだけではなく、実際に足を運んでみて下見に行くのもオススメです。
病院の雰囲気や医師、看護師の様子などは実際に見てみないとわかりません。
またその病院でお産をされた先輩ママさんたちにも話を聞いてみるのも良いですね。

人生で最大の困難であり喜びでもあるお産、これらの内容を参考にして是非、満足のいく場所でストレスなく赤ちゃん誕生の瞬間を迎えて欲しいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

「楽天ママ割 春のトクトクキャンペーン」開始のお知らせ

春限定!「楽天ママ割」お得なCP開始 1,050名様にサンプルボックスをプレゼント ママのための「オーガニッ…

父親の悪口…子供の人生を台無しにしてしまうNG行動3つとは

またまた久しぶりの更新になってしまいました。 どんな親でも、「子どもに幸せになってもらいたい」と思う…

幼稚園のお弁当に冷凍食品禁止!?戸惑うママたちの声

先日、あるサイトで幼稚園弁当に冷凍食品「禁止」という文字を見つけました。 働くママにとっても重宝している冷凍…

魔の二歳児「イヤイヤ期」+妊娠臨月…。どうやって乗り切る?

魔の二歳児と言われる時期。 この時期はイヤイヤ期のお子さんが多く、これまで素直で可愛らしかった我が子が、突如…

今だからこそ知りたい、発達障害とは

発達障害という言葉、きっと昔からあるのでしょうが、心理の私たちの立場で普通に使われ始めたのがほんの20年ほど…

関連するキーワード

タネちゃん。

働くお母さん。
時に謎の神経質、それ以外は適当かつ豪快。
好奇心旺盛な楽観主義者。

お母さん歴はまだまだの新米かあさん。
息子と娘の育児に日々、奮闘中。

まだまだ「タネ」だけど、いつか、「お母さん」の花を咲かせたい☆
皆様どうぞよろしくお願いいたします。