肩甲骨と広背筋を鍛える

バストアップには肩甲骨と広背筋が大きくかかわってきます。

普段デスクワークで同じ態勢や、前かがみになりがちの方、猫背など姿勢が悪い方は要注意です。

背中とバストはつながっているので、肩甲骨と広背筋を鍛えてあげることが大切なのです。


まず、肩と二の腕を下げながら肩甲骨を下方向に動かしそのまま5秒間キープをしてください。
この動作を10~20回ほど繰り返すと、肩甲骨周りの筋肉に刺激を与え、きれいな姿勢をキープできます。

つぎに、胸の前で両手の手の平を合わせたら、左右の肘をぴったりとつけて力を入れます。
そのまま、肘と腕が直角になるまであげて10秒間キープをしてください。さらに、肘が離れないように腕を上にあげて再度10秒間キープ。この動作を5~10回程度繰り返してください。

リンパマッサージで美バストに

リンパマッサージをしてリンパの流れを良くするのも効果的です。

リンパの流れが良くなると老廃物が排出され、バストの形も整うのでバストアップにつながります。

わきの下はリンパ節がたくさん集まる場所なので、わきの下をマッサージしてあげましょう。

ただし、過度のマッサージや刺激が強すぎるマッサージは避けましょう。

そして、何もつけずにマッサージを行うと、肌を傷つけてしまいます。
マッサージを行う時は肌にクリームやジェル、オイルなどをつけて行いましょう。

バストマッサージは胸を大きくする効果や肌の状態を改善し、内側からハリを持たせる効果もあります。

特に、お風呂上りにマッサージを行うとより効果が得られるでしょう。

マッサージの仕方

1.バストケアクリームやオイル、ジェルなどを適量手に取り、下から上へ持ち上げるようにしてマッサージをします。

2.わきの下のリンパ節をほぐしながら、背中やわきにあるお肉をバストの方に寄せてあげます。

3.鎖骨のくぼみに手を入れて、鎖骨に沿うように外側から内側へ体の中心に向かって3往復程マッサージをしましょう。

4.バストのワキを伸ばすように腕を片方ずつ上げて、腕を伸ばした状態で5~10秒キープします。交互に行っても、両手を上げてキープをしても大丈夫です。
 しっかりと筋肉を伸ばすことでリンパの流れを改善し、老廃物の排出をうながしてうれます。

ブラは寝る時も大事

普段寝るときはブラジャーを着けずに寝てしまう方が多いと思いますが、寝ている時もブラは必要です。

窮屈に感じてイヤ!という人も多いと思いますが、寝ている時もバストを支えてあげることは大事なことなのです。

ワイヤー入りのブラなどではなく、ノンワイヤータイプのブラをつけて重力からバストを守ってあげましょう。

普段使いのブラジャーも正しいサイズのブラジャーをいつも身に着けるようにしてくださいね。

何年も同じブラを使用していて、ゴムも伸びていて、サイズも合わなくなっているブラでは美バストは望めませんよ。

内側からのバストアップ

バストアップには外側だけでなく内側からのケアも大事です。
バストアップのための生活習慣を身につけましょう。

1. 水をのむ(冷たいものではなく、常温をおすすめ)
2. 半身浴をする
3. 姿勢を正しくする
4. 質の良い睡眠をとる
5. 女性ホルモン・抗酸化作用・血流アップの食材をバランスよくとる。(ナッツ類・アボカド・キャベツ・オリーブオイル・きのこ類・大豆製品など…)

いかがですか?

エクササイズやマッサージ、生活習慣を見直すことで、今よりもあなたの胸元を-○歳若返らせてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

夏フェスもこれがあれば大丈夫!この1本でメークくずれの心配なし

5/21(土)・22(日)の2日間、横浜赤レンガ地区野外特設会場で開催された野外フェスでのエスティ ローダー…

これで老け顔解消!顔ヨガストレッチ

お肌のたるみ、シワ、ほうれい線。 聞くだけでゾッとしてしまう老け顔の代表格・・・ そんな老け顔とも今日で…

乾燥の強い味方!機内でもこれさえあればもう安心♪

暑い夏が終わり、そろそろ乾燥が気になる季節になってきましたね。肌の状態を左右する一番の要因が水分。皮膚の表面…

女性の美容・健康にも効果抜群!「黒にんにく卵黄」のサプリが人気

サプリでも手軽に摂れる「黒にんにく卵黄」の美容・健康効果に注目が集まっています。 日々疲れがちな女性にこそお…

汗をかくことにより♡美肌改善・ニキビ改善・血行が良くなる・ストレスの抵抗力を養えるメ…

食材から発汗♡ストレスに負けないぐらいの体や心にも栄養を与え、体の代謝をあげよう!

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子