僕自身、スポーツをやってきた経験もありますが、やはり厳しい練習に耐えぬいたことで自信が身についたりということが多かったと思います。

ただ、妙に自信ありげな人もいますよね、逆に妙に自信なさげな人も...。

どちらが良いと断言は出来ませんが、自信があることで良い結果に繋がることはあると思います。

子どもが自信をなくす叱られ方とは?

子どもは叱られる心当たりがない、わからないときに叱られると自信をなくしてしまうそうなんです。

例えば、次のような声かけは、子どもが「自分はダメな子なんだ」と思いこみやすい傾向があるそうです。

「なんで、そんなことしたの?」

「子どもを叱る場面で、“頭ごなしに怒ってはいけない”“ちゃんと理由を聞かなきゃ”と強く思うあまり、理由を聞くだけで終わってしまうときってありますよね?

でも、これって子どもにとっては、自信を失いやすい声かけです。

子どもは、お母さんが怒ると“自分が何かいけないことをしたのかもしれない”と感じます。

でも、まだ幼いので“何がいけないのか”まではわかりません。

“何がいけないのか、よくわからないまま”というのは、かなりの不安です。

この不安を放置しておくと、子どもの中で不安がどんどん大きくなり、自信が持てなくなってしまいます」とのこと。

なので、問いかけだけで終わらせず、

(1)なぜお母さんは怒ったのか

(2)なぜそれはやってはいけないのか

(3)次はどうしたらいいのか

までを、わかる言葉で伝えて子ども自身に振り返る時間をあげることが大切なんだそうです。

大人にとってみれば理由もわかるはずだと思うかもしれませんが、子どもにはしっかりと理由も含めて説明してあげることが重要なんですね。

「前にも言ったよね」

「何度も伝えているのに、子どもは同じ失敗を繰り返します。

その度に、同じことを伝えるのって、正直疲れちゃいますよね。

そういうとき、ついついこの言葉を言ってしまいがちです。

成長途中の子どもは、時間の感覚が大人ほどハッキリしておらず、過去のことを覚える力もまだまだ未熟です。

お母さんからすればとっても残念なことですが、お母さんが“前にも伝えたこと”を子どもは覚えていないことが多々あります。

そんな子どもにとって“前にも言ったよね”という言葉は“知らないこと”“心当たりがないこと”で、理不尽に叱られている体験になります。

理不尽な叱られ体験は、“また同じように怒られるかもしれない”という不安になりやすく、子どもの自信や自主性の成長を妨げがちです。

子どもが理解できるまで、何度も伝え続けることが重要となってきます」

子どもの記憶力ってまだまだ未熟なんですね。

前にも叱ったはずなのに……と思っても、子どもがしっかりと理解してのみこめていなければ同じ失敗をしてしまうことは普通のこと。

一度言ったことは全部わかっているはずなんて、大人でもあり得ないのですから、しっかりと諦めないようにしたいですね。

「お母さんは、もう知らないよ!」

「いくら“子どもに伝わる言葉で、何度も伝えることが大切”だとわかっていても、お母さんだって人間ですから、何度も同じことを繰り返すのは疲れます。

“もうイヤだ!”って投げ出したくなって、こんな風に子どもに言っちゃうとき、あると思います。

お母さんが“子どもに伝わる言葉で、何度も伝えること”を通して、子どもは、自分がなぜ叱られているのかを、繰り返し振り返って、少しずつ学んでいます。

まだ一人で学ぶ力が育っていない子どもにとって、繰り返し伝えてくれるお母さんはとても大切な存在です。

そんな風に学んでいる途中で、お母さんからの言葉がなくなってしまうと、子どもは振り返ることができなくなります。

そして、お母さんを怒らせたという事実だけが心に残り“よくわからないけど、私はママを怒らせたんだ”“私はダメな子なんだ”と自分のことを否定するようになっていきます」

同じことで何度も叱っていると、「うちの子は、何度言ったらわかるのかしら……」と不安になってしまうかもしれませんが、それは自然なことなんです。

子どもにも個人差があるので、その子がわかるまでしっかりと面倒をみてあげるのが、親の役割なのかもしれません。

いかがでしたか?

僕自身もつい言ってしまいそうな言葉もありました。

子供はまだこの世に生を受けて、数年程度。

そりゃー失敗だってたくさんします。

大人だってするぐらいですから。

政治家や芸能人ですら、たくさん失敗していますよね。笑



毎日長い時間を子どもと接しているお母さんは、イラッとするときもたくさんあると思います。

そんな時は、上に書いたように思って、寛大に受け止められるようになりたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

初めての自転車③ 〜ママの自転車選び編〜

幼稚園や保育園への送り迎え、ちょっとしたお出かけなどに、あると便利な子乗せ自転車。 特にお子さまが2人いる…

最近話題の「卵子の凍結保存」について

各社報道で最近「卵子の凍結保存」が話題です。そのことについて夫婦で不妊治療4年継続中の筆者(夫婦共々42歳)…

出産、そして始まった「お母さん」としての生活

はじめまして、タネちゃん。です。 出産から1年半、まだまだ未熟なお母さんの「タネ」ですが、なんとか頑張ってい…

子供にいい影響を与える夫婦の行動4つを紹介!

子は親の背中を見て育つ。なんて言いますが、本当にそのとおりだと思います。 口癖もそうですし、行動一つについて…

発達障害について:自閉症スペクトラム編

発達障害といっても、前回お伝えしたようにいろいろな状態や特性を合わせた広い広い概念なので、今回はその一つ、「…

関連するキーワード

BIGパパ

はじめまして。三十路の2児の父、BIGパパと申します。
(実は、年内に3児になる予定です。)
B型。趣味は野球。家族や子供のことを面白おかしく書いています。
これから、イクメンパパとして様々な情報を投稿していきたいと思います。