早生まれ、遅生まれっての線引きは?

まずは、早生まれと遅生まれを調べてみました。

早生まれ

早生まれとは、1月1日~4月1日までの生まれの人のこと。

数え年7歳で小学校に入学します。入学当年は満年齢6歳(入学前に満年齢6歳になったばかりです)。

遅生まれ

遅生まれはそれ以外の期間、4月2日~12月31日までの生まれの人のことを言います。

数え年8歳で小学校に入学します。(入学前年に満年齢6歳になっており)入学当年は満年齢7歳になります。

※数え年とは、生まれた年を1歳として、新年を迎えるたびに1つ加えて数える年齢のこと。満年齢に対して言います。

つまり、1月1日~4月1日に生まれた人は、小学校に入学する年齢が数え年で1歳早く、入学当年に迎える満年齢で言っても1歳早いため、早生まれと言うのです。

同じ4月生まれなのに・・・

では、なぜ同じ4月生まれなのに1日生まれと2日生まれでは学年が違うのでしょうか?

これは日本の法律上での年齢の数え方(満年齢)が関係があります。

まず、「学校教育法(第17条)」によって、「満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから」就学することになっています。
わかりやすく言うと、「最初の学年の初め」とは4月1日のことなので、満6歳になって初めて迎える4月1日に入学してください、ということです。

そして、満年齢のカウントのしかたですが、通常の誕生日感覚とは違い、「年齢計算ニ関スル法律(第1項)」により「年齢は出生の日より之を起算す」と規定されており、生まれた日を起算日として1年は起算日に相当する日の前日で満了することになっています。という説明になっています。
これでは、わかりにくいので例を下記に挙げてみました。

【例】
早生まれの場合:2000年4月1日生まれの人は、毎年3月31日に満年齢で1つ歳をとります。 
2006年3月31日に満6歳に達するので、翌日の2006年4月1日に就学となります。

遅生まれの場合:2000年4月2日生まれの人は、毎年4月1日に満年齢で1つ歳をとります。
2006年4月1日に満6歳に達するので、翌年の2007年4月1日に就学となります。

つまり、法律上の満年齢は誕生日の前日でカウントするため、4月1日生まれは3月31日に満6歳となり、翌日から就学することになるのです。

早生まれのメリット・デメリット

では、よく皆さんが耳にするであろう「早生まれ」のメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット

同級生が「もう三十路だぁ」って言ってる時に「まだ二十代」て言える。
途中退社の場合では、3月末で退社しても翌日の4月1日時点の年齢として扱われる。
終業日数年数で失業保険などの金額が大きく違います。
会社を定年退職する場合は、誕生日までなので、皆より1年間長く就労できる。
学校の卒業時には皆よりも一歳若い。
たとえば、飛び級をした訳でも無いのに17歳で高校を21歳で大学を卒業できた。一浪しても判らなかったと思われる。

デメリット

子どもの頃は体の発達や能力の発達に遅れを感じることも
みんなより運転免許とるのが遅くなる
15歳(周りの友達は16歳)のとき私だけ18時以降のゲームセンターの入場制限かけられた

このようにあやむ、メリット・デメリットは様々ですが、大人になってからの方がメリットを感じることが多いようですね。

確かに、乳幼児や小学校低学年くらいまでは、早生まれの子と遅生まれの子では体格の差や能力の発達経験の差から心配なことが多々あると思います。

でも、年齢を重ねるたびにその差はなくなってくるので、まったく心配はいりません。

いかがですか?

早生まれと遅生まれの線引き、改めて考えてみても不思議なところがありますが、少しは理解していただけたでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

デートDVは、大人だけではありません。親として知識として知っておく事も大切です。

デートDVは大人だけの問題ではないです。知識として大人も他人事だと思わずに、知っておくことも大切です。

『PTA認識テスト〜あなたの「常識」は正しいのか⁉〜』<回答篇>

PTA認識テスト、回答篇を作成いたしました。 あなたのPTAに関する認識はあっていたでしょうか? ※回答篇…

子供に「片付けろ」は逆効果!?子どもに“片付ける力”を身につけさせる秘訣

子供にもしっかりと片付ける力を身に付けさせたいものですが、ただ「片付けなさい」と言うのは逆効果という記事があ…

使わなくなったランドセル、あなたならどうする?

私の子供もすでに高校生と中学生。押し入れに捨てられずにいるランドセルが2つキレイにしまわれています。 6年…

「赤ちゃんが欲しい」でもどうしたらいいの?第2回(全5回)

「結婚して5年になるけど、子供がなかなか出来ない。」でも医療機関に行くのはちょっと。。その前に色々情報知りた…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子