熱中症って?

いまさらですが、熱中症とは何か簡単に説明をします。

私たち人間の身体は平熱(37℃以下)に保つようにコントロールされています。夏の暑さと湿度の高さにより、熱中症にかかると37℃に体温が保てなくなって、体温があがってしまいます。
これにより、体内の臓器が熱をもったり、水分や塩分の不足によって血流が減少し、栄養分やエネルギーが全身に届かず、異常をきたす病気のことです。

熱中症の症状

熱中症は、その症状を見過ごしたり対処法を誤ってしまうと、重症化し最悪の場合は命の危険があります。
まずは、熱中症の症状にはどんなものがあるのかチェックしてみましょう。

・めまい、立ちくらみ
・大汗をかく
・筋肉痛、足がつる
・疲れ、倦怠感
・けいれん
・意識がもうろうとする
・体温が高くなる

夏場にこの症状があった時は、かくれ熱中症になっている可能性もあります。

隠れ熱中症の危険サイン

のどの渇きに気づかない

私たちの脳には、口渇中枢(こうかつちゅうすう)と呼ばれる水分センサーがあります。体内の水分不足を感知すると、唾液の分泌量を減らし、口や喉の渇きとして知らせてくれます。

ところが、この口渇中枢は、何かに集中していると機能が鈍ってしまう性質があります。
そのため、喉の渇きに気付かないということがあるのです。あとから、ほっと落ち着いた時にのどの渇きを意識しても、その時にはすでに脱水や熱によって身体は熱中症の状況になっている可能性が高くなります。

暑い環境で足がつったら熱中症?

スポーツ中に足がつることはよくあることでも、暑い環境で足がつったら熱中症の症状と疑ってもおかしくないのです。

足がつるのは、血流不足によって末端に酸素や栄養が送られなくなり筋肉が活動できなくなってしまうためです。そこに、吐き気が加わると非常に危険な兆候になります。吐き気があると、水分や塩分が補給できなくなり、病院に行かざるを得なくなるのです。

汗をかかなくなったら要注意

人間は本来、汗をかいたり、気化熱で身体を冷やします。
しかし、先ほどまで出ていた汗が出なくなり、汗をかかなくなってしまったうという現象は、身体の水分が足りなくなって汗を作り出せなくなったということになります。これは非常に危険な状態といえるのです。

熱中症の症状 危険度別一覧

熱中症は、症状によって危険度は3段階に分かれます。

危険度Ⅰ

《症状》
・めまい、立ちくらみ
・筋肉痛、足のつり
・大汗をかく
《対処法》
・涼しい場所に移動する
・身体を冷やす
・水分、塩分、糖分を補給

危険度Ⅱ

《症状》
・頭痛、吐き気
・疲れ、倦怠感
《対処法》
・危険度Ⅰの対処法を持続する
・誰かが見守る
・改善しない場合は病院へ

危険度Ⅲ

《症状》
・けいれん
・意識がもうろうとする
・体温が高くなる
《対処法》
・救急車を呼ぶ

家族みんなで対策

高齢者の熱中症

高齢者の方に特に多く見られるエアコン嫌いです。
ニュースでも高齢者の方がお住いのお宅で、熱中症で亡くなった方のニュースを耳にすることがあります。

総務省の発表によると、熱中症で救急搬送された50%以上の人が65歳以上の高齢者です。高齢者は、体温調節機能の衰えによって、暑さを感知しにくくなっています。また、熱中症対策を怠っているケースも。
トイレを気にして水分を摂らなかったり、いくら注意してもエアコンをつけないという高齢者に悩んでいる家族も多いようです。

ご家族から、この時期のエアコンの必要性などをきちんと説明し、納得させてあげることが大事です。

乳幼児の熱中症

乳幼児も体温調節が未熟な部分があります。
あまり冷やしすぎて、夏風邪を引かせても大変なので、気を使うところですよね。
ここは、親がお子さんの体の変化や状態などを気にしながら、水分補給ヲしてあげたり、涼しい環境で休ませてあげましょう。

快適な環境づくりと工夫

部屋でエアコンを使用する場合は、28℃前後に設定するか、除湿モードにするようにしましょう。そこに扇風機をプラスして、冷たい空気が部屋全体に行き渡るようにし、涼しさを保つようにしましょう。

また、就寝前や夜トイレに起きた時には、コップ1杯の水を飲むようにしましょう。
トイレが心配な人でも、コップ半分の水を飲むようにしてみてください。

いかがでしたか?

普段から汗をかきやすい人は、こまめな水分補給をしているかもしれませんが、あまり汗をかかないという方は、汗をかいていないから水分を取らなくても大丈夫と思っていませんか?
もしかしたら、すでに隠れ熱中症になっているかもしれません。
汗をかかなくても、この時期は普段より多めに水分をとることを心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ハワイ通が用いる究極の“ようこそ”-3つのヒント

人々を気持ちよく歓迎するアロハの精神をもったハワイの人たち。このアロハの精神を象徴するレイについてまとめてみ…

目からウロコ!注目のコーヒーかす活用法

朝の目覚めのコーヒーなど私たちの生活にコーヒーは欠かせない存在となっています。そして、コーヒーと言えばハワイ…

赤ちゃんが双子の場合は、出産お祝いは相場の2倍?出産お祝いの、金額の相場をご紹介いた…

出産された方に、出産のお祝いを渡したいとき、どのくらいの金額のものをお贈りすればよいのでしょうか。

社内でも賛否両論!?全2話の超問題作… 股間戦士エムズーン!?

股間を守るロボットの、カオスなアニメ公開! ガシャン!コカン!ガシャン!コカン! 「世界の股間は我々が守る!…

Hau’oli Makahiki hou (HAPPY NEW YEAR) from…

Hau’oli Makahiki hou! (明けましておめでとうございます。) 2017年も皆様にとって、…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子