スマホ老眼の症状

スマホ老眼の症状は、まさに老眼と同じで、近くのものを見る際にピントが合わなくなる症状です。
・遠くはよく見えるのに近くがよく見えず疲れてしまう
・小さい字をみる時は、少し遠くに離すと見えやすくなる
などの症状が代表的です。
他にも明るいところでは見えるのに、薄暗いと見えにくいのも特徴です。

スマホ老眼の原因とは

スマホ老眼の原因は、スマホやパソコンなどの画面を長時間見ることで目を酷使することにより、目のピント調整力が低下し、夕方頃になると老眼と同じような症状になります。

目には「水晶体」があり、カメラでいうとレンズに当たります。この水晶体を、近くを見るときには厚くし、遠くを見るときには薄くなるように調節を行なっています。
スマホを見る際には、近くにピントを合わせるために毛様体筋の調節を行っているのですが、目を酷使することで、この毛様体筋に負担がかかっているからです。

スマホ老眼チェック

・近くのものを見る際にピントが合わない。
・遠くはよく見えるのに近くがよく見えず疲れてしまう。
・小さい字をみる時は、少し遠くに離すと見えやすくなる。
・明るいところでは見えるのに、薄暗いと見えにくい。
・スマホで肩こりや首こりを感じる。
・スマホ(アプリ)を一日5時間以上使っている。
・猫背である。
・天井を見ようとすると首に痛みや違和感がある。
・目が疲れやすい
・目がかすむ
・ドライアイである。

※スマホ老眼チェックに多く当てはまるほど、スマホ老眼の可能性があるので、気になる場合は一度眼科で診てもらいましょう。

スマホ老眼対策

・スマホを見る時は、40cmほど目から離す。
・長時間スマホやパソコンを使用する場合は定期的に画面から目をそらし、瞬きをしたり、遠くを見て、目を休ませる。
・入浴時や寝る前にホットタオルなどで目を温める。
・姿勢を整える。

少しの意識で、老眼の症状が緩和できるはずです。
最近、目が疲れていると感じたり、文字や景色が夕方になると見えずらくなる人は、意識的に対策方法をしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

鼻がムズムズ...風邪でもない、花粉症でもないこれってなに?

今年の春は寒暖差が激しく、みなさんも体調管理が大変だと思います。そんな中、今日のフジテレビ系「めざましテレビ…

RSウィルス感染症について

RSウイルスは強い咳や喘鳴(ぜいぜい、ひゅうひゅうという呼吸音)をともなう風邪の原因ウイルスです。乳幼児の一…

子どもの医療費無料ってどう思いますか?

子どもの医療費無料はとても助かりますが、私たち診察を受ける側、それから診察を行う医療の側がしっかりモラル意識…

インフルエンザ一問一答

インフルエンザの感染力は非常に強く、日本では毎年約1千万人、約10人に1人が感染しています。インフルエンザか…

手足口病について

手足口病は、子供がかかる夏風邪の一種で、口の中や手足などにポツポツと水疱のような発疹が出る病気です。手足口病…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子