①サビ取り

コーラに含まれているクエン酸は、サビを分解する働きがあります。
小さい部品なら一晩コーラにつけておいて、翌日スポンジなどでこすった後に布で拭き取りってみましょう。サビがキレイに取れているはずです。
自転車など大きなものは、サビのある箇所にコーラをかけ、スポンジなどでこすった後、布できれいにふき取ります。

②窓ふき

コーラに含まれる成分「クエン酸」は窓ふきにも向いています。
最近は重曹やクエン酸を水で溶いてお掃除に利用する方も増えていますが、コーラでも代用できるのです。
酸性のクエン酸が、アルカリ性の硬くしつこい汚れを分解してくれるので、きれいにしたい窓にコーラをかけ、あとが残らないようきれいに水拭きをしてみましょう。

料理

ご存知の方も多いと思いますが、ビール同様、炭酸パワーを使ってお料理に使う方法です。
炭酸の力でお肉を柔らかく仕上げるだけでなく、甘み成分も入っているので味付けもシンプルで済みます。バーベキューなどで活用してみてもいいですよね。お醤油と合わせるだけで、おいしい煮込みやスペアリブが作れます。

体臭対策

体臭が気になるときに、シャワーを浴びる前にコーラを1缶頭から浴びて、身体を丁寧に流すと体臭が落ちようです。コーラに含まれるハーブの成分が臭いを消してくれるようです。さらに髪を滑らかにするトリートメントの効果も得られるとか。

痛み止め

コーラに含まれる化学物質には、クラゲに刺された時の痛みを中和するのに効果があるそうです。海岸にいる人がクラゲ刺されのローションを持っていることはまずありませんが、コーラを持っている可能性は高いので、応急処置に使うにはうってつけです。クラゲに刺されて痛い部分にコーラを注いで傷口を流すだけで効果があるそうです。

鍋の焦げ落とし

鍋やヤカンを長く使っていると、内側の底の部分が焦げて黒ずんでしまいますね。どれだけ擦っても落ちないほど頑固な焦げがこびりついてしまったときに、黒ずみの部分が隠れるくらいの量のコーラを入れて弱火にかけてみましょう。水分がなくなるまで火にかけた後に、十分に冷ましてから黒ずみを擦るときれいに焦げが落ちます。

衣服の汚れ落し

クエン酸は水垢やミネラルなどの汚れ落しが得意なほか、消臭もしてくれるので、お洗濯にはおすすめです。
汗の黄ばみや、血や泥などの汚れが付着した衣類を洗濯洗剤と一緒にコーラで洗濯してみましょう。すると、これらの汚れがきれいに落ちます。

虫の駆除

暖かくなると庭にでてくるナメクジやカタツムリ。苦手な方も多いのではないでしょうか。
浅く広いお皿にコーラを入れ、庭に置いておくと甘い匂いにつられナメクジなどが寄ってきますが、お皿の中で死んでしまいます。アウトドアで同じように缶を開けたコーラをおとりで置いておくと、そちらに蜂などが誘われ、人に来なくなるので、防虫対策として利用する方もいるようです。
インドの農家ではコーラを農薬代わりに使っているという事例もあります。

胃もたれ対策

胃がもたれたり吐き気がある時に、コップ一杯のコーラをゆっくり飲むと吐き気が収まります。ただし、症状が改善されない時はすぐに病院に行ってください。

髪に付着したガムを取る

チューインガムが髪の毛に付いてしまっても、慌てることはありませんし、髪を切る必要もありません。ガムが付いてしまった部分にコカコーラを少し付け、数分そのままの状態にしてください。その後ガムはするりと取れるはずです。

ぜひ、みなさんも飲み残しのコーラなどを捨てる前に、この方法を思い出して活用してみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

あなたはいくつ知っていますか?福祉にかかわるシンボルマークとは?

電車やバスなどで見かける優先席に掲げてあるマーク、皆さんも見たことがあると思います。身体障害者や高齢者、妊婦…

脳を活性化したい時にはアイスクリームで気分すっきりさせませんか?食欲不振の時にもアイ…

アイスクリームって脳を活性化させる効果があります。イライラした時には、アイスクリームでリラックス♡ TRYし…

禁断の恋?好きになっちゃたからしょうがない…近親者への恋心

以前、あるサイトで自分の姪に恋心を告白されて困っているという相談内容の投稿をみました。確かに近親者との結婚は…

もしも旦那様が亡くなられたらどうしますか? 払うお金ともらえるお金

いつも通り「いってらっしゃい」って送り出した人が突然の事故で・・・、朝まで元気だったあの人が、出先で突然倒れ…

昔の病気ではない結核の脅威 「静かなる殺し屋」結核をどう防ぐ?

「結核」と聞くと昔の病気とイメージしてしまう人がいると思いますが、実は「結核」は過去の病気ではなく、現代でも…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子