「上毛かるた」とは

そもそも。
「上毛かるた」って何?
それが私の第一印象。

私の中では「かるた」といえば、まず頭に浮かぶのは皆さんもよくご存知の「百人一首」です。

「上毛」という言葉も知らなければ、次の瞬間から、かるた…?群馬県の?しかもみんな知ってるの?と、次々湧き上がる疑問(笑)

そもそも、上毛かるた、とは何なのでしょうか?

上毛かるた(じょうもうかるた)は、1947年(昭和22年)に発行された郷土かるたである。群馬県の歴史・自然・人物・産業などを読んでいる。
全44枚。
上毛とは群馬県の古称である。

なんと今から70年以上も前に作られた郷土かるたで、群馬県についてふんだんに語られる内容のようです。

そして「上毛」とは群馬の古称、なんだそうです。
知らなかった〜。
(なんで「毛」と思いましたが、これはまた別の機会に…)

そして続く内容に二度目の衝撃!

毎年1月の予選大会の後、2月に行われる上毛かるた県競技大会に向けて、群馬県内の子供たちは、冬休みを利用するなどして練習に励む。
そのため、子供時代を群馬県で過ごした人は、上毛かるたの読み札をほぼ暗記していることが多い。

したがって、県特有の郷土かるたが存在し、それが県民に広く親しまれている地域は群馬県のみであると云う事実を、成人になって知る場合もある。

なんと。大会まであるのですね!
…とはいえ県大会が、最高のようですが(そりゃそうですよね汗)

そして、群馬県特有のもの、という事実を成人になってから知る場合もあるそうです。驚き!

それだけ群馬県民の方々に、当たり前のように深く根付いている文化なのですね〜。

「上毛かるた」のよくある使われ方

上毛かるたのある一文、そのよくある使われ方。

群馬の地名の説明をする際に、
『「鶴舞う形の群馬県」だから〜、○○は鶴のどこどこで〜、』
というような使われ方です。

群馬県に土地勘のない方なら、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
かく言う私も、この使われ方から上毛かるたの存在を知りました。

最初に言われたのは、当時、まだ付き合いだしたばかりの現・旦那さん。
「え、ちょっとまってなにそれ、今の文章!」って思わず食いつきました(笑)

そして上記の例のごとく、え、知らないの?上毛かるた!っと衝撃を受ける旦那さんに私が衝撃。

もはや衝撃の連鎖しかありません。


「上毛かるた」札の内容

全部はご紹介できませんが、代表的(?)な札の内容をいくつかご紹介します。


「鶴舞う形の群馬県」
「日本で最初の富岡製糸」
「草津よいとこ 薬の温泉(いでゆ)」
「伊香保温泉 日本の名湯」
「ねぎとこんにゃく 下仁田名産」
「分福茶釜の 茂林寺」

これだけでも群馬県になにがあるか、どんなものが有名か、すぐわかります。
それに、分福茶釜、ってあの昔話のあれですよね、群馬県とは知りませんでした。

こうしてみると、確かに、群馬県のことを知らない人にとってはよい勉強になりますし、郷土愛を育むには確かに素晴らしいかるたと言えそうです。


最近ではまさかの「上毛かるた」全国大会も開催!

最近では県競技大会の他にも上毛かるたを用いたイベントが行われており、2013年(平成25年)2月からは初の全国大会となる『KING OF JMK~おとな達の上毛かるた日本一決定戦~』も開催されているそうです。

子供の頃の遊びでは終わらない「上毛かるた」!すごいですね〜。
小さな頃に覚えた札の内容は、大人になった今でもしっかりと体に染み付いているものなのでしょう。

大人たちが「ガチ」で競う、兵どもの「上毛かるた」、ちょっと見てみたい気もします。

私はまだ「鶴舞う形の群馬県」しか覚えていませんが、子どもたちと一緒に覚えてみたいですね。
群馬と言ったら「上毛かるた」といっても過言ではないこの札の内容を、皆様もちょっと見てみてはいかがでしょうか。

まだ知らない、新しい群馬の発見があるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

子育てママにオススメ!便利すぎる『オムニ7(セブン)』のサービスとは

先日放送された「所さんのニッポンのミカタ!」でもコンビニエンスストアのサービスの一つとして紹介されていた『オ…

女性の35.5%が自分の足はクサくないと思っているみたいです・・・

足の匂いが気になるこれからの季節ですが、面白い記事を見つけました。 女性の35%は自分の足が臭くないと思って…

結婚式の二次会のみに出席します。会費制の場合、ご祝儀は別に渡したほうがいいのでしょう…

結婚式の二次会は、会費制で行われることが多いでしょう。 結婚式にも出席し、二次会にも続いて出席する場合は、…

Pokémon GO 私もやってみました♡

社会現象にもなっているPokémon GO。私も日本で配信をされた7月22日に早速アプリをダウンロードしてチ…

たまにはママにご褒美を!授乳後に受け取りたい下着のギフト

授乳期間が終わって、なんだかしょんぼりしたバスト。今からでもなんとかしたいママ必見です。

関連するキーワード

ぐんまちゃん

都内→結婚を機に群馬県へ移住。
群馬県S川市に住んでいます。

初めて目の当たりにする「グンマー」に戸惑いながら、2児の子育て中・ワーキングマザー。

「グンマー」での子育て、家族の日々をお届けましす。