西部ガス株式会社が、動画「火のあるくらし『桧山タミ先生』篇」を公開します。

本動画では、92歳の今でも現役で活躍する料理研究家・桧山タミさんが、家族を思いやってつくる料理の美味しさやエネルギーについて語ります。

「楽しんで作ったのはご馳走」「美味しいものを食べさせてあげたいって思う心が一番」など、料理に家族への愛情を込める桧山さんのポリシーが伝わってきます。

家庭における食の大切さを考えさせられる内容です。

動画「火のあるくらし『桧山タミ先生』篇」について

動画「火のあるくらし『桧山タミ先生』篇」 YouTubeURL

「もー、大変だから、そういう時は、ご馳走じゃなくていいですよ、あるもんで。おにぎりでも作ってやって」

「大変と思うと、ご馳走やないよって」

ゆっくりと鍋を火にかけ、丁寧に茶碗にご飯をよそう姿が印象的です。

「だけんね、楽しんで作ったのはご馳走。私ね、頑張らんでいいよって。その代わり、誰が食べると、誰が学校行くと学校まで美味しくなれ、行くときに美味しくなれ美味しくなれって言ったらちゃんと美味しくなります」

大切なのは豪華な料理を作ることではなく、自分自身が楽しみながら、家族一人一人への愛をこめて丁寧に作ることだと語る桧山さん。

「握ると、やっぱりなんか、違うんですよ。エネルギーが入ってくるのとこないのの差かなってぐらいで。だから、思いって通じるんですよ、必ず」

「だから、料理っていうのには、本当決まりってないんですよ。その日の気候と食べる人によって、変えてあげれば、良いんですよ。いつも家族のことを思ってやる。あ、今日はご主人が疲れとったけど、夕方まで大丈夫かなとか」

「だから、子どものことを思ってたら、子どもって絶対早く帰ってくるんです。お母さーんって言って帰ってくる。作る人の愛情ですか。美味しいものを食べさせてあげたいって思う心が一番、大切やないかなって」

―思いが灯れば、すべてがごちそう。

桧山タミさん プロフィール

92歳で現役で活躍する料理研究家。福岡市中央区で「桧山(ひやま)料理塾」を開き、20~70代の幅広い世代の生徒たちに、「ほんもの」の美味しさを伝えている。2017年には、著書「いのち愛しむ、人生キッチン」を出版。調理のコツや使い心地の良い道具を紹介するとともに、料理を楽しむための助言をまとめている。

火のぬくもりを届ける西部ガスの取り組み

西部ガスでは、これまで「火のぬくもりを届ける」活動として、「火育」と「食育」に関するCMを制作し、「火をつかうことは生きること」、「初めて火を使った日は、その子の大切な記念日になる」ことをPRしています。

また、食育活動の一環として、「全国親子クッキングコンテスト」の九州地区大会を主催し、積極的にコンテストに関わることによって、親子が一緒に料理することでコミュニケーションを深め、料理の楽しさや食の大切さなど「食」への関心を高めていただくこともPRしています。

「火」は使い方を間違えれば危険なものである一方、正しく扱うことができれば、「美味しさ」「暖かさ」「明るさ」「癒し」といったさまざまな恵みを私たちに与えてくれます。

「火」は、私たちの暮らしに豊かさを与えてくれるだけではなく、家族の重要なコミュニケーション手段の一つであり、「絆」を深める大切な手段の一つです。

80年以上に渡り、「火」とともに歩んできた企業として、これからも、家庭における「火」の大切さ、必要性をお伝えし、「火のあるくらし」のお客さま価値を高めていきます。

「火のあるくらし」 公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

夏バテ☆解消!まだまだ暑い夏を乗り越えるには、「食」や「睡眠」「水分補給」を意識して…

夏バテ対策!みなさん工夫をこなしておられると思いますが、「食」と「睡眠」「水分補給」はなるべく意識しこの暑い…

今年もあと3か月、ステキな2016年にするためにやるべきこと10選!

あっという間にもう10月ですね。 時が過ぎるのは早いもので、今年もあと3か月を残すのみとなりました。 新…

みんな幸せになるために生まれてきた

あなたは、なぜ自分が生まれてきたのか?考えたことはありますか?(‐^▽^‐) 最初にお伝えしておきますが、…

あなたはどう思う?電車でのマナー啓発広告

東急電鉄が9月16日から公開している電車のマナー広告が話題となっています。その中でも、電車内で化粧をする女性…

夏に知っておきたい 4大健康法とは?

先週末、家の掃除やら家事をしながらなんとなく流れていたテレビに釘づけになってしまいました。TBSでやっている…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子