節分に食べる恵方巻きとは

まもなく節分ですね。

お正月が終って節分の季節が近づいてくると、コンビニエンスストアやスーパーマーケット等で恵方巻きの宣伝文字を目にする機会も多くなってきますよね。

恵方巻きを家庭でも用意して家族で召し上がる家庭も多いと思いますが、
「恵方巻きの由来や意味を知りたい」や「子供にどういう行事なのか説明する方法が気になる」というママもいるのではないでしょうか。

そこで今回は、恵方巻きの由来や意味と子供への伝え方をご紹介します。

恵方巻きの由来や意味ってどんな感じなの?

節分に、恵方巻きを食べる習慣がいつ頃から始まったのかについては諸説があるようで、恵方巻きの具材や食べ方等も地域によって様々なようです。

恵方巻きは一般的に、2月3日の節分に食べると縁起が良い巻き寿司で、その年の恵方(その年の干支にもとづいて、歳徳神(としとくじん)のある方向を吉の方向として定めたもの)を向いて、恵方巻きを食べる時に願い事をしながらしゃべらずに1本食べ切るのが良いと言われています。

2019年の恵方は「東北東」のようで、恵方巻きの具材は七福神にちなんで7種類の具材を巻き込みますが、特に種類に決まりはないそうです。

子供にはどういったイベントって説明すればいいの?

子供にどういったイベントなのかを説明する場合は、簡単に分かりやすく伝ると良いでしょう。

例えば、「節分の豆まきの時に、願い事をしながら恵方巻きを食べると願い事が叶うかもしれないので、食べようね」等と説明すると良いかもしれません。

恵方巻きをどういう風に食べるの?

恵方の方角の決め方

「恵方巻きを食べるときの方角の決め方は、携帯の方位磁石アプリを使うと便利です。テーブルに携帯を置いてその年の恵方を子どもといっしょに確認します」(30代ママ)

恵方巻きを食べる時の方角を決め方は、アプリや方位磁石等を用いると良いでしょう。

方角を調べる時に、子供にお手伝いを頼んだら喜んで手伝ってくれたというママもいたようです。

恵方巻きの食べ方

小さい子供は、恵方を向きながらしゃべらないで食べることが難しいかもしれません。

ルールにこだわりすぎないで、楽しく家族で食べることが出来れば、恵方巻きの家族イベントとしては大成功ではないでしょうか。

恵方巻きの節分の献立

イワシ料理

節分には、イワシを焼く時の煙が魔除けになるという、鰯を食べると縁起が良いとされる風習が地域によってはあるようです。

しかし、あまりこだわることなく、イワシのつみれ汁にする等、子供向けのメニューとしてアレンジしてみると良いでしょう。

大豆料理

節分をする時にまく豆を「福豆」というようです。

年の数だけ「福豆」を食べたり、豆を使ったおかずを取り入るのも良いかもしれません。

子供が食べるサイズや材料を工夫する

細巻きにしたり、小さいサイズに切りわけて食べやすくすると、子供にとっても食べやすいでしょう。

巻物なので、のりを使っているので、のどに詰まらないように良く噛んで食べるように子供に伝えることも大切です。

太巻きにこだわらずに、子供が好きなロールケーキを代用して恵方巻きにするのも良いかもしれません。

家族で楽しく恵方巻きを節分に食べよう

恵方巻きがの由来や意味は、地域によって様々な諸説があるようですが、小さい子供がいる場合は、頑なにルールにこだわらずに恵方巻きを家族で楽しめれば良いのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

若者の「冠婚葬祭ばなれ」が見て取れる 現代人の「冠婚葬祭」観が明らかに!

若者の4割近くが友人の結婚式に行くのはわずらわしいと感じている!? 両親以外のお葬式には参列する気がない・・…

住むだけで心も身体も健康になれる健康マンション「ローレルスクエア健都ザ・レジデンス」

北大阪健康医療都市・健康マンションプロジェクトから吹田操車場跡地に健康な暮らしを育むグランドコミュニティ誕生…

今年の忘年会で忘れてしまいたいこと第1位は「仕事のこと」

職場の忘年会は楽しみにされず、予定があいていても欠席する人が約50%もいるようです。職場関連の忘年会が1次会…

3月10日「たけのこの里の日」に向けて感謝の気持ちを込めたキャンペーン開始!!

いよいよ明日3月10日は「たけのこの里の日」です。 「たけのこの里」日頃のご愛顧へ、感謝の気持ちを込めたキャ…

話題の豆乳スイーツ「ティラティス」で「あ~ん」 人間カメラがリア充たちを撮りまくり!

‟人間カメラTOUCHY”が話題のスィーツ「ティラティス」を食べる人たちに近づき次々と撮影をしていきます。友…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子