日本製薬工業協会は、新 CM『くすりで願いがかなったエピソード』を関東・関西エリアで放映開始しました。

本 CM は、2017 年に募集し集まった「新薬によって叶えたかった夢がかなったエピソード」計 149 話の中から、「病気のお孫さんを思うお祖母様の思い」や「喘息が良くなったことで家族に笑顔が戻った」点が審査員の心にささったことで映像化が決定し、再現したものです。

喘息に苦しむ孫の様子に胸を痛めた祖母が、たまたま見かけた喘息治療の広告をきっかけに新薬を利用したところ、孫の体調がまるで別人かのように快復。

大好きなスポーツを思う存分楽しめるようになり、薬に感謝したという感
動的な内容となっています。

動画内でエピソードを読み上げる女性の声は、実際にエピソードを投稿した本人が担当しています。

本 CM 動画の公開ほか、上記エピソード以外の「新薬によって叶えたかった夢がかなったエピソード」19 話を特設サイトでも公開しています。

くすりで願いがかなったエピソード詳細

「くすりで願いがかなったエピソード」YouTube URL

エピソード

待望の初孫は、体格に恵まれた男の子でした。しかし、見かけとは裏腹に、彼は喘息に苦しむ毎日でした。

体育の授業も、夜寝るときも、息苦しさに耐える日々...。発作が治まるまでの時間が、可哀想でなりませんでした。

「僕の苦しさは誰にもわかってもらえない」と私たち家族に訴えてきた日もありました。本人はもとより、彼に寄り添う両親の心労にも胸が痛みました。

そのような折に、かつて喘息であった元スピードスケート選手清水宏保さんの広告に出会いました。

私たちはそれをもとに、ワラにもすがる思いで、翌日、病院を訪れました。小児科の喘息専門医の診察を受け、即治療が開始されました。

そして早速その日の就寝前に使用しましたところ、夢にまで見た願いが実現したのです。

安眠と心身の安らぎが訪れ、翌日から孫は別人のように生き生きと大好きなスポーツができるようになりました。

そして、中学に入ってからは、この治療薬のおかげでバレーボールの全国選抜合宿の 22 名の中に選ばれ、大学生となった現在も、思う存分スポーツを楽しんでおります。

家族一同に笑顔が戻り、この素晴らしいおくすりに救われました感謝の言葉は尽くせません。

「新しいくすりで、新しい明日を。」特設サイトについて

日本製薬工業協会新CM「くすりで願いがかなったエピソード」を公開しているほか、2017年に「くすりで願いがかなったエピソード」を募集し集まった計 149 話のエピソードの中から、新薬の貢献が分かりやすく、薬によって笑顔になったり、希望が持てるお話を軸に選ばれた全 19 話のエピソードを「新しいくすりで、新しい明日を。」特設サイトで公開しています。

親の心配が減ったこと、息子の笑顔が見れたこと...。

新薬によって、かなった想いはさまざまです。

病気を患うひとりでも多くの人の励みとなるようなエピソードが多数公開されておりますので、この機会に「新薬の奇跡」をご覧になってみてはいかがでしょうか。

「新しいくすりで、新しい明日を。」特設サイト URL

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子