肩こりを治すために日常生活で気をつけるポイントとは?

日常生活で肩こりに悩んでいるママも多いはず・・今回は肩こりを治す為に日常生活で気をつけるポイントについてまとめました。

枕などの寝具を整えてみる

肩こりには、枕を変えてみることもおすすめです。

寝具一式を買い替えるとなかなか大変ですが、枕だけなら比較的手軽に行うことが出来ます。

自分にピッタリの枕が見つかれば、肩こりが楽になるのはもちろん、睡眠の質も向上します。

朝起きて肩がこっている人は、適切な枕を整えてみることで、肩こりを解消できる可能性があります。

お風呂の入り方を工夫する

お風呂の入り方を工夫することによって、肩の緊張を和らげて、筋肉をほぐすことが可能です。

お風呂への入り方は、少し熱めのお風呂に、首までつかる全身浴を5分から10分行うだけです。

健康の為に入るお風呂は、半身浴を長くする、というのが定番になっていますが、肩こりには短時間の全身浴が最適みたいです。

普段から姿勢に気をつける

姿勢を気を付けることは、肩こりを治すためには大切なのですが、毎日意識しようとすると意外と難しいです・・座っている時や立っている時のそれぞれに問題がないかを振り返ってみましょう。

座っている時間が長い場合は、椅子に敷くクッションを使うのもおすすめです。

骨盤を支え、長時間座っていても疲れにくいクッションは、雑貨屋などでも手に入りますし、立っていることが多い人は、履いている靴を見直すのも良いかもしれません。

サイズが合うものを選ぶことが非常に大事です。

腹筋と背筋を鍛える

肩の筋肉に疲れが集中しているのは、上半身を支える腹筋や背筋の筋力が低下しているサインです。

しっかりと腹筋や背筋がちょっと疲れるくらいのトレーニングを継続しておこなう、という方法でも問題ありません。

筋肉は使わなければ、衰えていってしまうものなので、きちんと続けて刺激を与え、筋力を保つことが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

子連れママでも快適ショッピング!お得なネットの「フラッシュセール」を活用しよう

お子さんのいるママでも快適にお買い物ができるネットショッピング。 そんなネットショッピングで最近話題の「フ…

結婚内祝いは、いつ、誰に、何を贈る?結婚内祝いのマナーをご紹介いたします。

内祝い」とは、自分の家の祝い事の記念として、親しい人に贈りものをすることや、贈られる品のことを指しています。…

あなたは経験あり?成人女性の3人に1人が経験ありの○○○

くしゃみや咳をしたときに「あっ!」って経験、あなたはありませんか? 「あっ!」の原因は尿漏れです。 妊娠した…

南国の甘い香り♪癒されて綺麗になるプルメリア!

最近のハワイウェディングのブーケで人気のお花といえばプルメリアでしょう。 可愛らしく可憐なプルメリアは公園…

「出来るママ」ってどんなママ!?素敵な「出来るママ」についてのまとめ

「出来るママ」ってどんなままなんでしょうかね?身近なママ友からテレビに出演したりしているママタレさんまで色ん…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子