子どもの就活が心配・・・

子どもが大学生くらいになると、行動範囲も広がってなかなか昔のようにたくさん話すのが難しくなりますよね。でもやっぱり、子どもの大きな節目である就活のことは、お母さんたちも気になっていることと思います。
筆者は大学生なのですが、実際子どもたちも就活のことをほとんどわかっていないのが現状です。自分から意欲を持って調べない限り、サービスで教えてくれる人なんて滅多にいないからです。

よく親御様から
「大学のキャリアセンターや就職課が就活の面倒を全部見てくれるから親は何も心配しなくていいのでは?」
という言葉をいただきますが、残念ながらそれは間違っていると言わざるを得ません。
なぜなら、社会のことを何も知らない就活生を無事に企業に送り出すには、ビジネスの知識
・職業観
・プレゼン・ESライティングなどの伝える力を個人個人に合わせて強化していくことが不可欠だからです。

もちろん子どもが自発的に調べるのが1番!口出しのしすぎは禁物ですが、もし子どもが就活にやる気になってアドバイスを求められたり、質問されたりした時にパッと答えられるくらいの知識があったら、とても安心ですよね♪

就活における親御様の役割はあくまでサポート役であり、とやかく口出しをするべきではないということが分かります。

一方で、子供には色々と教え込まないといけないという矛盾した側面があるのも事実です。

就活ルールの撤廃って?どんな影響があるの?

まずはもっとも注目されている『就活ルールの撤廃』についてお話しします!

そもそも就活ルールって何?

就活ルールとは、日本経済団体連合会(経団連)が定めている、採用活動の時期に関してのルールです。採用の時期を早めすぎると学生の学業がおろそかになる危険性があることから、説明会の時期・採用開始時期を決まった時期に同時に行うといった制度です。ただしあくまでもルールであり、どうしても守らなくてはならないものではないため、既に形骸化していると言われてきました。

就活ルールの撤廃とその影響

2018年10月9日、経団連による就活ルール撤廃が発表されました。これはつまり、就活のスタートが平等ではなくなり、いつから就活を始めるべきかという明確な「正しい時期」がなくなったということになります。早く始めるも遅く始めるも自分次第ということになりますね。

経団連は9日の会長・副会長会議で、現在大学2年生である2021年春入社以降の新卒者を対象とする就職・採用活動のルールを廃止することを正式に決めた。1953年に始まった就職協定以来、約70年続いてきた就職・採用活動の「目安」がいったんなくなる。そのしわ寄せで、学生・企業双方が活動を本格化させる時期を大幅に早めかねず、学業への影響が懸念される。

この状況に対して、Twitterでは・・・?

このように、就活ルール廃止が発表されたことからかなり早い動き出しを求められるようになっていることがわかります。
採用活動がどんどん早まっていくのはほぼ間違い無いので、自分で判断し、人脈や経験を作り上げる必要が出てきています。

就活の鍵を握る長期インターンとは

じゃあ、これから就活の子どもたちは何をすればいいの?と心配になるお母さんたちがたくさんいらっしゃると思います。人脈や経験は、大学にただ通っているだけでは得られないことが多いです。
そこでもっともオススメしたいのが、”長期インターンへの参加”です。

長期インターンシップとは?

そもそも長期インターンは近年急速に広まってきたものなので、なんのことだかいまいちわからない方も多いですよね。

「長期インターン」は、3ヶ月以上就業するプログラムを指し、短期インターンに比べて、業界に対するより深い理解や、実践的なスキルを獲得できるプログラムです。

このように、3ヶ月以上と長い間、会社の一員として就業体験を行うのが長期インターンです。では、なぜ長期インターンが就活の鍵を握るのでしょうか?そのメリットや特徴をみていきます♪

長期インターンのメリット3選!

社会人とのコミュニケーション力が身に付く

学生が普通に過ごしていると、社会人と関わる機会はほとんどありません。多くの学生が、就活で初めて社会人と深く関わります。本当は明るい性格だけど、面接では緊張で自分が出せない・・・そういったことが起きるのも、社会人と話すことに慣れていないためです。
長期インターンは、社会人の一員として働くので多くの社会人に接します。多く接すれば接するだけ、初めてで緊張している学生からリードできるんです♪

名刺交換や電話対応などの基本的なビジネスマナーも、会社で長く働けば自然と身につくはず。付け焼き刃じゃないマナーは、必ず学生の糧になります!

自己PRの材料になる

就活で必ず聞かれる、学生時代頑張ったこと。
サークルやアルバイトを頑張った、と多くの学生がアピールしますが、、その成果は目に見えないことが多いですよね。(賞などをとっている人はほんのわずかですし・・)
ですが、長期インターンを続けてきた、ということは「会社で社会人の中に混ざって、長く仕事を続けられる」という証明になります!社会で働いた経験がある学生は、仕事の厳しさを知っているために企業から信用されやすいのです。

事実、長期インターンに参加している大学生は全学生の内の3%〜5%程しかいません。実際の体験談から語られる志望動機や自己PRは、他の大学生には無いあなただけの特別なエピソードになるのです。

長期インターンが内定に繋がることも

就活で有利になるどころではなく、長期インターン先から内定をもらえることもあります!長い間仕事をしてきて、よくわかっているからこそ、入社後に「思ってたのと違う・・」なんてことが起きづらいです♪
もちろん内定辞退もできます。

長期インターンで、就活を成功させましょう!

いかがでしたでしょうか。
就活ルール撤廃など大きな変化があり、不安なことと思います。もちろん長期インターンはあくまで選択肢の1つですが、多くのメリットがありますよね。ぜひ、長期インターンで経験を積んで、自信を持って就活に挑んでいただけたらと思います。
就活で悩む子どもたちへのアドバイスに、少しでもお役に立てたら嬉しいです♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

発達段階に応じたかかわり方 小学校高学年、中学生編

今回は小学校高学年、思春期入り口からのお話です。 個人差も大きくなってきて、まだまだ子供っぽい小学生男子もい…

子供の耳掃除ってどうすればいいの?耳垢のしくみと掃除方法

子供の耳の中をみて、たくさんの耳垢にビックリしてしまう事ってありませんか?でも耳掃除って大人と同じ方法でいい…

最近話題の「卵子の凍結保存」について

各社報道で最近「卵子の凍結保存」が話題です。そのことについて夫婦で不妊治療4年継続中の筆者(夫婦共々42歳)…

使わなくなったランドセル、あなたならどうする?

私の子供もすでに高校生と中学生。押し入れに捨てられずにいるランドセルが2つキレイにしまわれています。 6年…

通常分娩、帝王切開、無痛分娩…出産って、どの方法が一番良いの?

現在妊娠中の方、もう出産方法を決めていますか? 今は出産の方法まで選べる時代、素晴らしいです! 健康で妊娠…

関連するキーワード