一年の計は元旦にあり?迎える2016年、習い事はどうしますか?

年の瀬も近づき何かと忙しい毎日をお過ごしのお母さん・お父さん、お疲れ様です。
年末年始はクリスマスに大掃除、年賀状作成、両家へのご挨拶、里帰り、などイベント事が盛りだくさんでバタバタとした毎日を過ごされている方も多いのではないでしょうか。

そんな大忙しな年末が終わって迎える年明け。
新年は何か新しいことを始めるきっかけにもなるタイミングですが、そういった関係でお子さんの習い事について考えるお母さん方も多いかもしれませんね。
かく言う私も、そろそろ息子の習い事、始めさせようかな〜と思っているものがいくつかあるのですが、皆さんはその内容、どう選ばれてますか?

英会話教室に音楽教室などから様々なスポーツ、習い事がある今日このごろ。
そんな習い事について世のお母様方にはどんなものが選ばれているのか、どうやって選んだらいいかについてご紹介したいと思います。

2015年習っている・習わせたいお稽古ランキグ

習っているお稽古ランキング

今年、2015年のお稽古トレンドはどのようなものだったのでしょうか?
ケイコとマナブによるママ900人に対するアンケート結果によると、まず習っているお稽古ランキングは、

1位:水泳
2位:英語・英会話
3位:ピアノ

という結果になりました。

上位の顔ぶれは全対象において前年と大きく変わらず、「水泳」「英語・英会話」が人気。
「水泳」は全体の約4割以上が習っており、2015年は全ての世代で1位となった。
また、「空手」が前年12位よりランクを上げ9位とトップ10圏内へ。
全国展開しているスポーツジムのプログラムに取り入れられ、通いやすさが影響してか広まりを見せている。
なお、空手を習っている人口は前年より3~5%アップしたとのこと。

1位の水泳は、「体力作り、健康のため」「泳げるようになりたいという本人の希望で」「学校の授業についていくため、備えるため」(ケイコとマナブアンケート結果より)という理由で選ばれていて、子供の体力アップや学校の授業対策などの理由を上げているお母さん達が多かったようです。

ちなみに、実は私も水泳はベビースイミングの頃からやっていて中学時代は全国大会に出るなど本格的にトレーニングを行っていました。
母にどうして習わせたのか?と尋ねた所、もともと赤ちゃんの頃から小児喘息があり体力もあまりなかったのでお医者さんの勧めもあって通わせ始めた、そうです。
水泳は全身運動で体力もつき、また水中で行うので小さなお子さんでも比較的負担をかけずに運動が可能なことも理由かもしれませんね。

2位の英語・英会話は「海外の文化にふれさせたいため」「本人が英語に興味を持っていたため」「学校の授業についていくため、備えるため」という理由が上がっている通り、早い段階での英語教育や今後のグローバルな社会を見据えた意見もあるようです。

3位のピアノは「本人が希望したため」「自分が小さいころ習いたかったため」
「将来に有利なため」という理由で、自分が叶えられなかった希望であったり、将来的なスキルとしても考えられているようです。

習わせたいお稽古ランキング

一方で、親が子供に習わせたいお稽古ランキングは、

1位:英語・英会話
2位:書道
3位:水泳

という結果になりました。

一方、「習わせたい」習い事では英語が1位に!

「英語・英会話」は、前年に引き続き全体トップ。2人に1人は習わせたいと思う習い事となった。
「テニス」は人気選手の活躍が影響してか、前年11位から10位へランクアップし、特に小学生高学年では7位に急浮上した。
また、小学生高学年では「パソコン関連(プログラミングなど)」が、前年よりも順位を下げるも、8位にランクイン。
子ども向けに教える事業者が増加傾向であり、今後も習わせたいというニーズが高まることが考えられる。

2位に登場した書道では「礼儀・作法を子供に身につけさせるため」「字がきれいになって書き順も覚えるから」「基礎学力向上のため」という理由を上げたお母さんが多く、勉強の一環として捉えられている側面もあるようです。

どう選ぶ?習い事を選ぶコツとは

ランキングを見てもわかるように選ばれる理由はその家庭によって様々。
私のように病気などの兼ね合いも合って、正直、なにをポイントに選んだら良いのか頭を悩ませるところでもありますよね。
習い事を選ぶ際の5つのコツをご紹介しますのでこちらを参考に選んでみてはいかがでしょうか?

1、環境の変化が落ち着いてから選ぶ

保育園・幼稚園への入園、小学校への進学などの環境の変化は多かれ少なかれ、お子さんに必ず何かしらのストレスや負担を与えています。
それ以外でも何か環境の変化が合った場合は焦らず、お子さんがその状況に適応し、落ち着いてから始めるようにしてあげましょう。
その前に始めてしまうと本当はやりたかった習い事もやりたくなくなってしまったり、上手にできずにイヤになってしまう場合もあります。
これはとても勿体無いことですよね。

習い事によっては4月からではなくても始められるものもありますし、そのあたりを考慮して選んであげましょう。

2、子供が興味があり、得意な分野を伸ばせる習い事を選ぶ

先ほどご紹介たランキングのように、習い事には人気が高いもの、そうでないものもあります。
その内容を鵜呑みにして子供に押し付けてしまっては、せっかくの習い事も効果をあまり発揮しないでしょう。
人気だから、みんな行っているから、という理由で選ぶのではなく、お子さんが自分からやりたい!といったものや、普段の遊びの中で興味を持っている内容に近いものから習い事を選んであげると良いでしょう。

また1週間のうち月曜は◯◯、火曜は◯◯、水曜は…というように詰め込んでしまってはお子さんが自由に遊ぶ時間がなくなってしまいストレスを感じることもあります。
小さなお子さんの場合は体力的な部分でも追いつかなくなってしまってダウンしてしまうかもしれませんよね。

体力的に無理のない範囲で、お子さんが楽しく続けられる習い事を選んであげましょう。

3、レッスン料や送迎が負担にならないものを選ぶ

習い事には当然、毎月の授業料、お月謝が発生します。
習い事を選ぶ際にはこれらの料金も事前にしっかり確認しましょう。

例えば女の子に人気のバレエでは、毎月の授業料とは別に発表会で別途料金が発生する場合もあり、中には10〜30万程度かかる教室もあるようです。
また発表会では衣装も必要になるので何かと出費が増える傾向があります。
こういった習い事に関連してかかってくるであろう費用も考慮して選びましょう。

また習い事の送迎も事前に確認しておきたいポイントです。
教室の場所や駐車場・交通機関の有無を確認し、無理なく送迎が行えるのかを調べて選ぶようにしましょう。
兄弟・姉妹がいる場合は、それぞれが同じ習い事をやりたいとは限りません。
お兄ちゃんはサッカー、弟は水泳、というように教室の場所が異なる場合も出てくるかもしれませんよね。
そういった状況になった時でもきちんと送迎に対応できるかも考慮しておくと良いでしょう。

4、即決せず、体験教室などを利用してから選ぶ

お子さんを通わせる習い事を決めたら、すぐに入会してしまうのではなく、まずは体験教室などを利用して、その教室の雰囲気や実際お子さんがどんな反応をするか、楽しんで取り組めているかを確認してから決めるようにしましょう。
似たような教室が複数ある場合は、焦らず複数の教室を体験してから選ぶと後々の失敗も少ないでしょう。

また体験教室などに行く場合はママ友や他のお友達とはなるべく一緒に行かないほうが無難です。
お子さんもその教室が楽しかったわけではなく、友達がいたから楽しかったのかもしれません。
またお母さんも一緒に行ったママ友の意見に左右されて冷静な判断が出来ないかもしれません。

体験教室や無料レッスンをする場合は、まずお子さんお母さんでよく確認し、本当にこの教室、内容でいいのかをきちんと見極めませよう。
またこういった体験教室などはキャンペーン中やなるべく費用の掛からない無料レッスンなどを行っている時に行くようにすると無駄な出費も防げます。

5、お子さんの成長に併せて習い事の量を決める

習い事を始めよう!と思っていきなりあれもこれも、と申し込んでしまうのではなく、お子さんの成長に併せて習い事の量は調節してあげるようにしましょう。
まだ先の話かもしれませんが、早い子だと小学校受験や中学受験などが入ってくるかもしれません。
そういった時にでもお子さんの負担にならないよう、状況に併せて習い事の量は調節していくと良いでしょう。

また一つの習い事をしているうちに、別の分野で興味が出てきた、そちらもやりたくなってきたという場合もあるでしょうから、お子さんの気持ちと向き不向きを見ながら選んであげてください。

習い事、やってよかった!と思ってもらえるような選び方を

習い事を選ぶポイント、私も参考にしてみたいと思います。

ちなみにうちの息子は私に似てしまったのか、小児喘息の傾向が見られ気管支が弱いことをお医者さんから既に言われているので、やはり水泳は体力的な意味からもやらせたほうがいいかな、と思っています。

また保育園ではピアノがとても好きで、いつも歌の時間には先生の横でピアノを見ていて、ピアノが空いている時間には椅子に座ってご機嫌に弾く真似をしているそうなので、様子を見ながら幼児向けの音楽教室に一度、体験レッスンを受けに行ってみようとも思っています。

習い事をすることでお子さんの能力が伸びたり、将来役に立ってくれることは親にとっても嬉しいですよね。
ぜひ、皆さんもお子さんがやってよかった!と思えるような習い事選びをしてあげてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

うっかりに注意!悪い意味を連想させる子供の名前

あっ、私事ですが先日、第三子が無事誕生しました。元気な男の子です。これで我が家はめでたく三兄弟となりました。…

もっとママ・パパが外出しやすい環境を。「子どもは泣くのが仕事」プロジェ…

電車やバスで子どもが泣き出してしまう場面は、ママ・パパであれば、誰しもが経験したことがあると思います。 マ…

乳酸菌飲料で復活!お腹ゆるゆるな息子の乳酸菌体験記

なんでもよく食べてくれるうちの息子。 しかし、お腹はゆるゆるになりがちの困ったちゃん。 そこで今回は乳酸菌の…

子供が風邪をひいた時、どうしていますか?いざ!とゆう時に!備えて、子供が食事しやすい…

子供は自分自身から「しんどい!」とゆう症状を上手にママ・パパに伝える事はできなくいです。

簡単♪子供の手作り衣装でクリスマスを盛り上げよう!

楽しいクリスマスパーティーを盛り上げてくれる子供達の衣装。 今年はお手頃価格で手作りに挑戦してみてはいかがで…

関連するキーワード

タネちゃん。

働くお母さん。
時に謎の神経質、それ以外は適当かつ豪快。
好奇心旺盛な楽観主義者。

お母さん歴はまだまだの新米かあさん。
息子と娘の育児に日々、奮闘中。

まだまだ「タネ」だけど、いつか、「お母さん」の花を咲かせたい☆
皆様どうぞよろしくお願いいたします。