NG1:父親の悪口を子どもの前で言う

母親としては、軽い気持ちで父親の欠点や直して欲しいところを愚痴交じりに言っているのかもしれませんが、その影響は大です。


「だらしない」

「頼りにならない」

「あなた達はパパみたいにならないようにね」


なんて日常的に口にしていると、父親の尊厳が台無しです!


女の子なら、将来男性に対して歪んだ見方をしてしまうかもしれませんし、男の子は、自分の人生がうまくいかないのは父親の遺伝子のせいだと責任転嫁するかもしれません。


それよりも、多少大げさでも、子どもの前では父親を褒めて尊敬の気持ちを表した方が教育上プラスになりますよ。

NG2:理想の人生を植え付ける

「女性も今の時代は子どもを産んでも働いた方がいい」

「男は家庭を持ってこそ一人前」

など母親の物差しで子どもに理想を植え付けていると、万一そうならなかった時に子どもは挫折感や劣等感を感じてしまいます。


そのくらい母親の言葉というのは影響が大きいのです。


彼らには彼らの人生があります。それは彼らが自己責任で歩んでいくもの。

親はそっと影から見守り、いざという時の手助けのために準備していればいいのです。

NG3:子どもを全く褒めない

最近では、褒める子育てがもてはやされていますが、そうするとわがままな子になってしまうのではないかと不安を抱いている人もいるでしょう。


確かに、何でもかんでも褒めればいいというわけではありません。

しかし、適切な方法で子どもを褒めることは確実に子どもの自己肯定感を高め、将来自信を持って何事にも挑戦できる気持ちの強い子に育ちます。


ぜひ積極的に、褒める子育てを取り入れてみてください。

いかがだったでしょうか?


子供が良い人生を歩めるようにリードしてあげることも大切ですが、このように親のエゴで子供の将来に多大な影響を与えてしまうこともあるようなので、注意したいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

息子からサプライズクリスマスプレゼントをいただきました。

クリスマスは明日ですが、息子から一足早いクリスマスプレゼントをいただきました。高校生にもなると、普段は生意気…

やめて嫌わないでお願いだから!子供から嫌われるパパの3大特徴

季節はすっかり運動会のシーズンですね。 パパ参加競技などでは、張り切りすぎて転んでしまう方もいるのではないで…

発達障害について:LD編

前回は、発達障害の中の代表的なもの、ADHDについて書きましたが、今回はLDについてお話しします。これは「学…

大人だけじゃない!子供の疲労「小児慢性疲労症候群(CCFS)」

大人に見られる慢性疲労ですが、子どもにも似たような症状があることを知っていますか? それは「小児慢性疲労症候…

世のお父さん必見!!「こんな夫がほしい」理想1位は?

誰でも理想のパパや夫でいられたら、どんなに素晴らしいことでしょう。 しかし現実は厳しいものです…。 今回は、…

関連するキーワード

BIGパパ

はじめまして。三十路の2児の父、BIGパパと申します。
(実は、年内に3児になる予定です。)
B型。趣味は野球。家族や子供のことを面白おかしく書いています。
これから、イクメンパパとして様々な情報を投稿していきたいと思います。

Sponsor