NG1:父親の悪口を子どもの前で言う

母親としては、軽い気持ちで父親の欠点や直して欲しいところを愚痴交じりに言っているのかもしれませんが、その影響は大です。


「だらしない」

「頼りにならない」

「あなた達はパパみたいにならないようにね」


なんて日常的に口にしていると、父親の尊厳が台無しです!


女の子なら、将来男性に対して歪んだ見方をしてしまうかもしれませんし、男の子は、自分の人生がうまくいかないのは父親の遺伝子のせいだと責任転嫁するかもしれません。


それよりも、多少大げさでも、子どもの前では父親を褒めて尊敬の気持ちを表した方が教育上プラスになりますよ。

NG2:理想の人生を植え付ける

「女性も今の時代は子どもを産んでも働いた方がいい」

「男は家庭を持ってこそ一人前」

など母親の物差しで子どもに理想を植え付けていると、万一そうならなかった時に子どもは挫折感や劣等感を感じてしまいます。


そのくらい母親の言葉というのは影響が大きいのです。


彼らには彼らの人生があります。それは彼らが自己責任で歩んでいくもの。

親はそっと影から見守り、いざという時の手助けのために準備していればいいのです。

NG3:子どもを全く褒めない

最近では、褒める子育てがもてはやされていますが、そうするとわがままな子になってしまうのではないかと不安を抱いている人もいるでしょう。


確かに、何でもかんでも褒めればいいというわけではありません。

しかし、適切な方法で子どもを褒めることは確実に子どもの自己肯定感を高め、将来自信を持って何事にも挑戦できる気持ちの強い子に育ちます。


ぜひ積極的に、褒める子育てを取り入れてみてください。

いかがだったでしょうか?


子供が良い人生を歩めるようにリードしてあげることも大切ですが、このように親のエゴで子供の将来に多大な影響を与えてしまうこともあるようなので、注意したいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

パパ・ママ必見! 1ヶ月の主夫を終えたパパ つるの剛士の感想

タレントのつるの剛士さんが6月30日、1ケ月間の主夫生活についてブログにコメントをしていました。 なかなか育…

少しの工夫が成功の鍵! なるべく怒らない子育て

はじめまして!臨床心理士をしているものです。今回は家族みんながハッピー!なるべく怒らない子育、そのコツをご紹…

デートDVは、大人だけではありません。親として知識として知っておく事も大切です。

デートDVは大人だけの問題ではないです。知識として大人も他人事だと思わずに、知っておくことも大切です。

いつから始めればいいの?気になる赤ちゃんの耳そうじ事情

みなさん耳そうじはどんなタイミングでしていますか?僕は毎日風呂あがりに綿棒を使って耳そうじしています(笑)耳…

え…?子どもの鋭い質問にたじろいだ瞬間9選

突然子どもから投げかけられる鋭い質問。 親である私も思わずたじろぎ回答に困ってしまうことがしばしばありました…

関連するキーワード

BIGパパ

はじめまして。三十路の2児の父、BIGパパと申します。
(実は、年内に3児になる予定です。)
B型。趣味は野球。家族や子供のことを面白おかしく書いています。
これから、イクメンパパとして様々な情報を投稿していきたいと思います。

Sponsor