愛情を感じれば色々なことにチャレンジできる

子どもは親の愛情を感じられると、そこから自己肯定感を覚え、様々なことにチャレンジすることができます。

また、他人との人間関係も上手に作ることができるようになります。

つまり、子どもの育ちの全てにおいて、親の愛情がベースになってくるのです。ですから親は、きちんと子どもに愛情を伝えなくてはなりません。

ついやりがちなNG行動3つ

子どもと遊びながらスマホをチェックしている

家で子どもと一緒にいるときに、やたらとスマホをチェックしていませんか?

例えば携帯片手に子どもと遊んでいたり、話をしていたりすると、子どもは“自分に注意が向けられていないこと”を敏感に感じます。

特に子どもと一緒にいる時は、家でもできるだけスマホを見るのはやめましょう。

食事中にTVをつけている

家族で囲んだ食卓でTVを見ながら食事をしている、なんてことはないでしょうか?

家族での食事はコミュニケーションを取るための大事な機会です。

もちろん無理に会話をする必要はありません。

何気ない普段の会話でいいのです。子どもは毎日のこうした機会から、自然と親の愛情を受け止めていくものです。

食事中のTVは消して、家族の会話を楽しんでください。

目を見て話していない

子どもと会話する時、きちんと目を見て話しているでしょうか?

子どもが大きくなってくると、逆に親とは目も合わせず、顔も見ない、なんてことも増えてくるでしょう。

でも、親がそれをしてはいけません。

子どもの顔を見て、目を合わせて話をしましょう。

子どもはそれによって、親にとって自分の存在が大切である、ということを自然と感じ取るでしょう。つまり愛情を感じるのです。

どうでしたか?

正直、我が家では2つも当てはまってしまいました。。

確かにスマホやテレビに夢中になって、子供の話は上の空・・・

なんてことも。。。

特に普段仕事で子どもといる時間が取れないお父さんは、子供といるときは、しっかりと向き合ってあげることが大切ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

♡出産祝いには喜んでもらいたいし後には使ってもらいたいし♡「おむつロール」や「おむつ…

出産のお祝いに☆おむつロールやおむつケーキ☆を自分で、作ってプレゼントしてみませんか。 ☆ママに喜ばれるギフ…

高齢出産のリスクについて知っておきたいこと

最近は高齢出産が増えてまいりましたが、高齢で妊娠すると、年齢を重ねるごとに減少していく女性ホルモンの分泌量が…

不妊治療体験〜不妊検査から体外受精するまで〜第4回(全5回)

現在42歳同士の夫婦が4年続けている不妊治療について色々書きます。今回は実際の不妊治療体験を書きます。少しで…

うちの子に何が?ADHD発達障害について

前回は、発達障害の中の代表的なもの、自閉症スペクトラムについて書きましたが、今回はADHDについてお話ししま…

わが子に伝えるお金の大切さについて

大人になると、お金に絡んで色々と良いことと悪いことに遭遇します。榎本家では子供のころからお金についての価値観…

関連するキーワード

BIGパパ

はじめまして。三十路の2児の父、BIGパパと申します。
(実は、年内に3児になる予定です。)
B型。趣味は野球。家族や子供のことを面白おかしく書いています。
これから、イクメンパパとして様々な情報を投稿していきたいと思います。