はじめまして、ぐんま初心者のぐんまちゃんです。

結婚するまで都内で10年以上、そこから群馬へ突然やってきた、グンマー歴3年のぐんまちゃんです。


群馬県ってどこにあるの?北関東?という程度のレベルで群馬に引っ越したらどうなるか…(笑)

私が日々経験している群馬の日常、子育てについてこれからご紹介していこうと思います。

まず、今回は最初の衝撃「隣組」について、ご紹介していこうと思います。

群馬県、S川市。温泉があり、緑豊かな「田舎」

私が住んでいるのは群馬県S川市。
◯◯温泉、◯◯◯温泉が近くにある、いうなればお山の直ぐ近くにある、ほっこりするほど田舎の市です。

少子高齢化の煽りをしっかりと受け、子供が少なく、ご年配の方が多い人口比率、なので比較的、保育園等への入園には困らないエリアでもあります。

さて、タイトルにもある「隣組」。皆さん、聞いたことがありますか?
実は私、この名前を聞いたとき、真っ先に頭に思い浮かんだのは、戦時下における、あの「監視組織のこと?」でした。

「隣組」とは?

隣組(となりぐみ)は、概ね第二次世界大戦下の日本において各集落に結成された官主導の銃後組織である。
大政翼賛会の末端組織町内会の内部に形成され、戦争総動員体制を具体化したものの一つである。

はい、私の知識の中での「隣組」も、これとまったく同じものでした。
ですので、初めてその名を聞いたとき思ったことは「こわっ!」です(笑)
(これ、群馬県に昔から住んでいる方にとってはごく普通の名称なのでしょうか。)

初めて聞いたのは旦那さんのお義母さんからでしたが、あなた達の家はここの隣組になるから、もうお願いしておきましたよ、と言われ二度目の衝撃。

「え、入れちゃったの?(勝手に?)」と唖然としたのを覚えています。

やってみたらすごかった「隣組」ルール。

望んでいなかったのに始まってしまった「隣組」としての新生活。
新居完成後、まずは引っ越しの挨拶に隣組全員の家に粗品(タオル)を持ってご挨拶にいけ、が最初のミッションでした。

しかしその時、私は第二子妊娠直後。
あるき回るのは無理…ということで旦那さん一人にお願いしたら、「夫婦揃って挨拶に来やしない」と早くもチクリ。

なんとも堅苦しい組織です(笑)。

隣組、とは言いますが、戦時下のような組織では当然ありません。
しかしそこにはどこか「連帯責任」「悪いものは吊るし上げる」という精神がしっかりと根付いていて、いちいち驚かされます。

まず、年に数回ある「草むしり」とうの整備活動。
これに参加しないと「出不足金」という名の罰則金が徴収されます。その額、一人千円。

ボランティア活動なんじゃないの?!と耳を疑う内容でしたが、ここ出身の旦那さんは、昔からそうだから、となんの疑問もない様子。
うそだろ(笑)

この他にも年末の募金等は金額指定で組長が家まで徴収にくる、自治会費が結構高い(7,000円程度)、役員が手当をもらっている、自治会費で旅行に行ってる、研修費など使途不明金がかなりある、など、やればやるほど、馴染みのない私には不信感というか不条理な気持ちが湧き上がるばかり。。。

これ、絶対おかしいだろ。

そこで2年目からは「隣組」辞めます宣言!

内情を知れば知るほど、不信感が募り、不平等で、働く世帯からお金徴収する組織、に感じるようになっていた私のところへやってきた現組長。

対応したのは旦那さんでしたが、何やら玄関先で揉めている。。
インターフォンのカメラを起動して会話を家の中から聞いてみたら、
「来年はお宅が組長やるって聞いてますので」
「そんな話していないですよ」
「いや、私はそう聞いてますよ、皆もそう言ってますし」
「皆って誰ですか、そんな話した人だれもいませんよ!」

こんな感じのやり取りでした(笑)はは、無理やり押し付けに来ましたね、組長という面倒臭いお仕事を。

ここで初めて旦那さんが、おかしい!と言い出す。
ええ、私、最初から言っていましたよ、この組織、なんか変だと。
群馬県民じゃない私だから感じているのかと思ったと旦那さんは言っていましたが、いやいや、ちょっと近年にはない感じだと思いますよ、やっぱ田舎だから時間が止まってるんだね〜昔のままで、と伝えた所、
旦那さん、もう隣組抜ける!宣言。

おお〜!!拍手喝采です。

さて、辞めるにはどうすれば?

旦那さん曰く、辞めるって言った人、多分これまでにいないんじゃないかな…。
え、これまたうそだろ、最近じゃ町内会加入率50%、なんてところもざらにあるこのご時世に、100%死守って、こりゃまた凄い組織だ。

なので辞めるにもすったもんだ、最初に隣組を束ねている理事?のところへ電話して「今年度いっぱいでやめます」と伝えたものの、自分は判断できないので上の人に報告するからそちらで話してくれ、とのこと。

そしてやってきました、全てを統べるドン、「理事会長」です。

最後は「お金だけ払ってくれれば…」と真の本音がチラリ(笑)

運悪く旦那さんがお仕事中、私の育児休業中にやってきた理事会長。
理事さんも引き連れてやってきました。

「なんか辞めるってきいたんですけど」
「はい、もう今年度以降は入りません」
「そんなこと言わずに、助け合いだからさー。自分たちも仕事してるときは大変だったけどやったもんだよ」
「でも組に入っているから助ける、入っていない人は助けない、って助け合いの精神として私はすこしおかしいと思います。本当に困っていたらそんなの関係なく助け合うのがボランティアの精神だと思いますし。
それに一部の方はボランティアじゃないですよね、手当をもらっているようですし。
それなのにボランティアで参加する人が出ないだけで出不足金を払えっているのはおかしいと私は思います。
お仕事されているときもやっていたのであればそれは凄いと思います。ただうちは出来ないな、と判断したので辞めさせてもらうことにしたんですよ」
「そんなこと言わないで、組長はまた再来年でいいし、お金だけ払ってくれればいいから」
「いやいや、再来年でも組長はやりませんし、お金だけってそれこそおかしいですよね。中途半端に入っているとあそこの家だけ何もしないのはおかしい、やらせるべきだ!って意見が必ず出て揉めてご迷惑をおかけしますから、うちはもう辞めます、という結論に至りましたので」
「そうはいっても…」
「だって任意ですよね?」
「そうですね」
「だったら辞めるということを認めてくださいますよね?強制は出来ませんし」
「・・・・・。」
「あの、相談ではなく、もう「辞める」という結論をお伝えしておりますので。もういいですかね。申し訳ないのですが、お帰りください」
「・・・・わかりました。」

というわけで、翌年からは「隣組」脱退。開放されました。

上記は会話のほんの一部で、かれこれ1時間くらい、玄関先で押し問答が繰り広げられました(笑)

最後の方は私も伝家の宝刀「任意ですよね?」を連発し、やや意地悪な物言いの中でも、表情は常ににこやかな笑顔(ただし目は笑っていない)で対応させていただきました。

あとで聞いたのですが、家庭の事情を理由にこれまで一度も組長をやったことが無い家も何軒か、そして持ち家と賃貸・貸家では自治会費も違い、持ち家じゃない人は組長をやらなくてもよい、という事実。

もう、なんですかそのめちゃくちゃ運用は。

私の地元では町内会費は年間1,200円、加入はもちろん任意で、入らない家には回覧板が回らない、くらいで特に揉めることもなく、集まりも年に1回、次の役員を決めるときだけでした。
草むしりはもちろん参加自由、出た人にはジュースがもらえる、という感じでしたので、この「グンマー」カルチャーショックは、引っ越し早々、凄いものがありました。

とはいえ、無事に「隣組」から開放され、それと同時に自治会のご老人からも開放されたので、本当にスッキリです!

とはいえ、今後の「隣組」を考えてみる。

さて、我が家はもう関係なくなった「隣組」「自治会」ですが、これはこの先どうなっていくのでしょう。

単純に考えても子育て世帯は我が家くらい。
他の方といえば、ご高齢の方ばかりで、あと20年後、何軒残っているのだろうか…(やや不謹慎笑)という感じです。

そうすると早かれ遅かれ、うちの「隣組」は運用できなくなりそうです。
そりゃそうだろうな。

そもそも、町内会や自治会という組織は、本来は自治体が担うべき細かな部分の公共事業を、ボランティアという言葉のもとに委託されて担っている組織ですが、このやり方、そろそろ無理がきているように思います。

働くお母さんは増え、夫婦共稼ぎ、なんてご家族が珍しくないこのご時世、どうしても町内会などの仕事の皺寄せは働く世帯に向かい、保育園にすら入れないご家庭では「1億総活躍」どころではないのが現実です。

住んでいる人の善意に甘える時代はもう終わりにして、例えばこれからは新しい人材・労働力として、時間のある高齢者をシルバー人材としてお金を払って活用していくのも一つの方法ではないかと私は思います。

どこの地域でも恐らくいらっしゃると思いますが、日中に時間が取れる高齢者をシルバー人材として登録し、日雇いで活用すれば、町内会のお仕事って、案外事足りるような気がするのですが…。無理なのでしょうか。

もちろん本人の意思にもとづいた登録ですし、ボランティアでなく、きちんと労働の対価としてお金も支払われるのですから、お小遣い稼ぎ程度にはなるでしょう。

例えばこの方法は一つのアイディアで、この方法が全てではなりませんが、全ての自治会、隣組に言えることは、このようにこれまでのやり方に固執して、それを次の世代にそのまま押し付けるだけでは、何の解決にならず、ますます人は減っていくばかりだと私は考えています。

その地域に住んでいる人の「善意」に頼るだけが、解決策では無いはずですよね。

従来のやり方、考え方に固執せず、新しい世代、異なった考え方の人も納得して続けられるような、柔軟な対応ができる組織・運用方法にすれば、やめたい!という人をかなり減らせるのではないか?と思います。

皆さんはどう思いますか?

いずれにせよ、加入は任意です!

長くなりましたが、最後に言いたいこと、それは「隣組」「町内会」「自治会」の加入は任意ですので、グンマー県のお母さん方、イヤイヤ続けているようであれば、辞める意思を伝えてみましょう。

辞めるのにも多分少しの気力は必要ですが、どちらが良いかご自身でもよく考えて、自分の意思を示してみましょう。

…案外、快適な生活への第一歩は、ご自身の辞めると言う勇気や面倒事に向き合う気力、だったりするかもしれませんね(笑)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

現代ママが抱える3つのストレス ママもたまには息抜きをしましょ!

先日、妊娠をきっかけに退職した後輩から久しぶりに連絡がありました。軽い昔話からいつの間にかお互い家事・育児の…

見ていないようでキチンと見ています!子供に見せたい親の行動

子供が自分と似たような行動や言動をしていることに気付く時はありませんか?子供って見ていないようで、親の行動や…

やめて嫌わないでお願いだから!子供から嫌われるパパの3大特徴

季節はすっかり運動会のシーズンですね。 パパ参加競技などでは、張り切りすぎて転んでしまう方もいるのではないで…

友達ができないのは親のせい?友達ができない子供に育つ親の悪習慣!

みなさんのお子さんは友達がたくさんいますか?幼稚園や小学校でよく遊ぶ友達がたくさんいますか? 歌にもあるよう…

働くお母さんの時短術!ちゃんと「楽」もしましょ♪

お仕事をしている方も、そうじゃない方も、子育てをしていると1日は本当にあっという間に過ぎていきますよね。 私…

関連するキーワード

ぐんまちゃん

都内→結婚を機に群馬県へ移住。
群馬県S川市に住んでいます。

初めて目の当たりにする「グンマー」に戸惑いながら、2児の子育て中・ワーキングマザー。

「グンマー」での子育て、家族の日々をお届けましす。