セックスすると女性ホルモンが増える?

世間ではセックスによって女性ホルモンが分泌され、その量が増える言われています。たしかに、卵巣から分泌される女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」(卵胞ホルモン)には、肌や髪を美しくする働きがありますが、医学的に見ると、セックスすることと女性ホルモンの分泌が増えることは直接的には関係ありません。

女性が美しさをキープし、イキイキと健康的に生活するためには、女性ホルモンのバランスが重要です。ただし、毎日セックスをしていてもホルモンバランスが乱れている人はいますし、長い間セックスをしていなくても、ホルモンバランスが整っている人はたくさんいるのです。

セックスより恋の力でキレイになる

もちろんセックスが、女性の心身に良い影響を与えることも知られています。そしてその秘密は、セックスのオルガスムスの時に脳から出る「オキシトシン」というホルモンにあります。

オキシトシンは従来、陣痛を促進させる作用を持つホルモンとして知られてきました。さらには「共感ホルモン・絆ホルモン」であることも分かっており、自閉症の患者さんにオキシトシンの薬で治療するという試みもされています。また、オキシトシンが分泌されると同時に、幸せホルモンである「セロトニン」が脳から分泌されることも分かっています。セックスの後に相手をいとおしく思い、安らぎとくつろぎを感じるのは、この2つの脳ホルモンが関連しているのです。

充実したセックスは、脳ホルモンの働きによってパートナーとの結びつきを深め、女性に幸福感や満足感を与えてくれます。結果的に毎日が楽しくなり、おしゃれやメイクにも力が入るために、容姿が一段と魅力的になることはあるでしょう。また、パートナーと定期的にセックスしている人は、お互いに身体のつながりによる安心感も得られ、心に余裕ができ、周りに与える印象も柔らかくなるのでしょう。

しかし、セックスをしていなくても好きな人ができただけで、周囲に「キレイになったね」と言われるケースも多いはずです。そう考えると、女性がキレイになるのは、セックスの影響というより「恋をしたから」と言えそうです。

昔から「恋をすると女性はキレイになる」と言われるように、気になる異性の出現により、身なりに気をつけたり、言葉遣い、立ち居振る舞いなども意識するようになるので、女性はキレイになっていくようです。

苦痛を伴うセックスは悪影響

セックスをすることで幸福感が増し、結果的に容姿の魅力も増す場合があると紹介しましたが、それはあくまでも好きな相手とお互いを思いやる良いセックスができた場合の話です。性的体験が苦痛や暴力を伴うものであると、オキシトシンの兄弟物質「バゾプレッシン」の方が強く脳から放出されてしまい、ストレス反応が起きてしまいます。
つまり、相手のことを心から信頼し安心できる環境にないと、オキシトシンとセロトニンが働かないわけです。

もし、したくもないのに無理にセックスをしていたら、「セックスでキレイになる」どころか、ストレスからホルモンバランスが乱れて生理不順などを引き起こす可能性もあります。というのも、女性ホルモンの分泌をコントロールしている脳の視床下部は、ストレスの影響を非常に受けやすいからです。例えばパートナーとの間のセックスレスがストレスになり、ホルモンバランスの乱れを引き起こすこともあり得る話です。すなわち、セックスをする、しないという問題が直接ホルモンバランスに影響するのではなく、お互いの関係性がどうかによると言えるでしょう。

このように、セックスが女性の心身に与える影響は状況によって大きく変わってきます。「セックスでキレイになる」かどうかは、パートナーとの関係性や自分の気持ち次第です。もちろんセックスをしていなくても、特に不満がなく、健康で心と身体が満たされて何の問題もありません。セックスが苦手という方にはその行為自体がストレスになってしますからです。うわさや周囲の動きに振り回されず、自分のペースで恋愛やセックスと向き合ってください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

子供がいる家庭の夫婦生活について

夜の夫婦生活も子供が大きくなってくると、どうしても子供たちが気になってできなくなるものです。最近では、マンシ…

日本人の夫は世界一家事をしない!?九州と山口県知事がおも~い現実を受け止める

男女平等と言われても、日本では家事・育児による負担は男性に比べて、女性が圧倒的に負担を担っています。世の奥様…

11月22日は「いい夫婦の日」です♡

今日11月22日は「いい夫婦の日」です。毎日忙しくてキチンと二人の時間を取れないご夫婦も、ぜひ今日は二人の時…

共働き夫婦が家庭円満の為に気をつけたい5つの秘訣

共働き夫婦は日中は仕事で忙しいため、帰ってきても家庭がつい疎かになって、お互いにすれ違ってしまうということも…

夫がやる気になる魔法の言葉

ママのみなさんは、日頃より家事に子育て、パパという子供の世話までお疲れ様です。 僕自身も手伝おう気持ちはあり…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子

Sponsor