グルテンとは?

グルテンとは、小麦、ライ麦、大麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種です。パンやパスタ、ホットケーキ、うどん、ピザ、シリアル、ケーキやクッキーなどに含まれます。

グルテンは食物に弾力や粘り気を出す働きがあり、うどんにコシや膨らみがあるのも、このグルテンの作用によるものなのです。

なぜグルテンフリーが注目される?

グルテンは、人によっては食べるとアレルギーを引き起こす可能性があり、腸が過剰に反応し消化不良、吐き気や湿疹などを引き起こす恐れがあるといわれています。また、小腸に炎症が起こり、慢性的に下痢や腹痛を伴うセリアック病が起こる危険性もあります。

元々、グルテンフリーはこのようなセリアック病や腸の疾患を予防、改善を図るための治療の食事療法でした。しかし、海外セレブを始め、特にアレルギー体質ではない健康な人々がこの療法を取り入れたところ、体の調子がよくなったとSNSなどで発信したことから注目を浴びるようになりました。

ちなみにあのマイリーサイラスもこのグルテンフリーを取り入れ2ヶ月で15キロ落としたと言われていますが、彼の場合は本当にグルテンアレルギーのようです。治療食として取り入れたところ、結果として痩せたり、肌の調子が良くなったそうです。

グルテンの取りすぎ注意?!

グルテンの中には「グリアジン」という成分が含まれており、過剰摂取すると食欲を増殖させたり、血糖値を急激に上昇させたりする働きがあります。クッキーやケーキなどのスイーツを食べ出すと止まらなくなるのはこのせいなのでしょうか?

また、血糖値が急上昇するということは、それを下げるためのインスリンが過剰に分泌され、脂肪を溜め込んで結果として太りやすくなるため、シミやシワといった老化の体内時計を早めることにもなりかねません。

グルテンフリーダイエットとは

グルテンを避ける食事方法のことです。実はこれ、日本人には取り入れやすい食事方法かもしれません。というのも、もともと基本的に和食にはこのグルテンが少ないとされています。

米、そば粉、イモ類、豆類、肉類、魚類、卵はもちろん、春雨やフォーなどもオッケー!避けるべきものはパン、パスタ、うどん、ラーメン、ピザ、餃子の皮、揚げ物の衣、ケーキやクッキーなどです。

反対に摂取したい栄養素はタンパク質です。タンパク質の摂取は血糖値の上昇を抑制し、インスリンの急激な分泌を防いでくれます。

しかし、こんなにも話題になっているにも関わらず医学的な根拠はないという説もありますが、いずれにしても過剰摂取すると太りやすい食物ばかりです。食べ過ぎには注意したいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

家にある○○で大丈夫!入浴剤代わりに使えるアイテム

まだまだ寒い日が続いていますが、そんな時はお風呂にゆっくり入って身体を温めてリラックスしたいですよね。 美肌…

ブーム間近!?海外セレブも注目のアーモンドオイルとは?

12月に入り、寒さも本格化してくるこの時期。クリスマスを前にお肌の保湿はしっかりとできていますか?そして、保…

セラピストの心構えとしてのマッサージの準備〜トリートメントルーム編②〜

前回に引き続き、セラピストの心構えとしてのマッサージの準備〜トリートメントルーム編②〜です。 マッサージに適…

セラピストの心構えとしてのマッサージの準備 〜トリートメントルーム編①〜

マッサージに適した環境と空間を作ることは、お客様にリラックスしていただけマッサージをより効果的なものにしてく…

ハワイ在住・現役セラピストに聞いてみた⑦

お待たせいたしました‼ 大人気のこのコーナー、第7弾です。 今回は、とてもチャーミングで、笑顔が素敵なSa…

関連するキーワード

Abhasa Spa

アバサスパは、2001年にワイキキ初のガーデン カバナと共にこのロイヤル ハワイアン ホテル内にオープンしました。このアバサスパが、ご要望にお応えして、ロミロミ マッサージ スクールを開始しました。

Sponsor