スーパー仕事ができるバツイチお母さん

私の上司とは、仕事で10年近く一緒に働いています。IT業界であるということで、年齢も若くして出世もしている私の上司はバツイチで一人の男の子のお母さんです。私がこの業界に入ったころ、最初は先輩として、現在では上司として一緒に仕事をしています。歳が同い年のため、上司と部下というよりは、一緒に働いている仲間として仲良くさせていただいています。

僕も彼女の結婚式の二次会にも参加したのですが、その後離婚をされてとても苦労をされていました。しかし、仕事と家庭を両立させる彼女を見てこの娘は本当にすごいと今でも思っています。
僕には、色々と心を許すらしく他の男性メンバーには相談しないような、子供のことなどを相談してきたりします。

僕の会社は、比較的働くお母さんに対する理解はあるほうですが、育児休業から戻ってきた女性は役職者であっても降格人事があったりするのですが、この娘は1年くらいで元のポジションまで戻った珍しい例です。それくらい会社も評価しているのでしょう。

バツイチお母さんのパワーを世のお父さん方は見習いましょう

何がすごいって、やっぱりパワーを感じます。バツイチだけに働いて子供を養わないといけないというオーラをひしひしと感じます。これは、バツイチお母さんに共通して見られる傾向です。仕事に対する意識が半端ないのと、当然子供が家で待っているので仕事を早く終わらせる能力が高いです。

男性が「仕事がなかなか終わらなくて、家に帰るのがどうしても遅くなっちゃう・・・」などという悩みを持っているのはみなさんもよく聞いたことがあるとは思います。

でも、バツイチお母さんや働くお母さんは「仕事がどんな状態であっても18時になったら帰る」という覚悟のもとで猛烈に効率よく働いているわけです。

仕事にも優先順位をつけていることが多く、会社でしかできない仕事と自宅でもできる仕事を分けて考えていて、会社でしかできない仕事を優先的にこなすということを自然にやっています。

これは「子育て」という最重要タスクがそうさせているのかもしれません。

だらだら会社で仕事をしているお父さん方、ここは見習いましょう。

お父さんたちも時間配分をちゃんとコントロールするべき

あまり僕も人のことは言えませんが、このスーバーバツイチお母さん上司を見ていて思うのは、自分の時間配分を全てコントロールしていることです。これは、決して仕事を切り上げているわけではなく、ちゃんと仕事を終わらせるように家でもやっているのです。

会社は、一人のためには動いてくれないものです。でも、この女性のように自分で今の地位を獲得しているのを見ると世の中捨てたものではないなぁと感じます。

ちょっと男性陣も気合いれないとだめですね。
そういえば、僕も男でした(笑)

明日から気合をいれることにします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

クリニック?大学病院?出産する場所ってどう選ぶ?

皆さんはお産の際、どうやってその「場所」を選びましたか? バースプランなんてものもあり、最近の出産に関する選…

頭をぶつけてしまった!という時の対処法

頭の怪我の場合は一見元気そうに見えても頭の内部で出血が起こっていると生命の危機に陥る場合もあり注意が必要です…

読み聞かせに人気の絵本特集

読み聞かせをするのにぴったりな、今人気の絵本をご紹介します。

不妊治療体験〜不妊検査から体外受精するまで〜第4回(全5回)

現在42歳同士の夫婦が4年続けている不妊治療について色々書きます。今回は実際の不妊治療体験を書きます。少しで…

母親ではこうは行かない!父親のクリエイティブな発想が育児を救う?!

母親ではまず思いつかないであろう、父親のクリエイティブな発想。 でもそれは父親なりに必死に育児している姿でも…

関連するキーワード

榎本正義

3人のパパです。仕事と家庭を両立をしているバツイチの女性上司を持つ39歳のサラリーマンです。