出産ってどんな方法がある?

一言に「出産」と言っても、その方法は人それぞれ、今はいくつかの選択肢があります。

年齢や妊娠の状態によっては選べない場合もありますが、ある程度の年齢までで、健康で、妊娠状態が良好な場合、出産の方法を選択することができる場合もあります。

ではいま現在、産科ではどのような方法を選択することができるのでしょうか?


(…ちなみにですが、私は2回出産していますが、2回とも通常分娩での出産をいたしました。)

1、通常分娩

言わずとしれた、ごく一般的な出産方法で、多くの病院では特に妊娠に問題がない場合はこの方法をとっているかと思います。

妊婦さんの陣痛が自然に来るのを待って出産する場合や、陣痛促進剤を使用して出産する場合もあります。

また同じ通常分娩でも、病院によって局部麻酔の使われ方や、会陰切開の方法、タイミングなどが若干異なるようです。

2、帝王切開

通常分娩での出産が難しい場合、多くの病院で次に取る方法です。

なぜ「帝王」というかというと、ドイツ語で「 Kaiserschnit」といい、これを医療関係者では略して「カイザー」というようです。
この「カイザー(独:Kaiser)」をそのまま「帝王」と和訳してそう呼ばれているようですね。

部分麻酔、あるいは全身麻酔を使用しての出産で、子宮を切開しての出産となります。

3、無痛分娩

最近、クリニックを中心に増えてきている出産方法です。
鎮痛方法を用いて出産を行うため、陣痛の痛みが少なく、鈍痛程度で済むことが多いようです。

無痛分娩の鎮痛方法は2種類あり、一般的に「硬膜外麻酔(こうまくがいますい)」と「静脈点滴」の2種類の鎮痛方法があるようです。

それぞれのメリット&デメリットは?

ざっと3種類の出産方法をご紹介しましたが、これ以外にも助産院での出産なんかもありますね。
(→その場合は麻酔・会陰切開などない、通常分娩、といった感じでしょうか)

ではそれぞれ、どんなメリット&デメリットがあるのでしょうか?



※以下、メリット・デメリットはワタシ個人の主観もはいっております。
(特に「通常分娩」)

【通常分娩】メリット

■妊婦さんとお腹の赤ちゃんにとって、ごく自然な方法での出産ができる。

■大抵の病院で行える出産方法なので、病院の選択肢が増える&場所を自由に選べる。

■出産費用が(特殊なケースを除けば)比較的安価に抑えられる。

(ワタシ個人的にはこれらがあとから一番良かったと思えるのですが…)
★通常分娩を経験すると、とにかく「痛み」に強くなる!
★ちょっとやそっとでは動じない「妙な強さ(あるいは、自信?)」が身につく。

【通常分娩】デメリット

■出産に際して、陣痛〜出産後まで、とにかく激痛が伴う。

■自然な出産を促す場合が多いので、出産時間が長時間(1〜2日)となる場合もある。

■痛みによって高血圧を引き起こし、脳出血などを起こす場合もある。

■自力で出産しなくてはならないので、妊婦さんの体力的な負担が大きい。

【通常分娩】★おすすめなのはこんな人!

通常分娩は妊娠の経過に問題がなく、自然な方法での出産を行いたいという方におすすめです。
場所の選択肢も多いので「自分好みの出産方法」を目指したい方にも良いですね。

また比較的我慢強く、痛みに対して恐怖心の少ない方のほうが向いているのではないでしょうか。

通常分娩には大変な苦労を伴いますので、精神的な成長を目指したい方や自信を身に着けたい、とうい方にもおすすめかもしれませんね。

【無痛分娩】メリット

■痛みを抑えての出産なので、とにかく痛みが少ない。痛みの恐怖から開放される。

■予め出産日を決めて出産することができる。

■出産までの時間を、穏やかにリラックスして過ごせる。

■体力の消耗を抑えられるので産後の回復が早い場合が多い。

【無痛分娩】デメリット

■無痛分娩を行っている病院はまだまだ少ないので、行える病院が限られる。(場所を選べない)

■通常分娩に比べて費用が高額となる。(平均:約10〜15万程度、余分にかかる)

■鎮痛方法によるリスク(合併症)の可能性がある。


■鎮痛方法によって鉗子・吸引分娩となる可能性が高くなる。

【無痛分娩】★おすすめなのはこんな人!

無痛分娩はなんといっても「痛み」の恐怖から開放されることが最もメリットといえますので、陣痛や出産時の「痛み」に強い恐怖やストレスを感じる方には、おすすめの出産方法と言えます。

また痛みが少ない分、出産の様子をしっかりと把握することもできますので、生まれてくる我が子を余裕を持って迎えることができそうです。

体力的な負担も少ないので、出産後のために体力を温存したい方、上のお子さんのお世話のある方、早く職場復帰をしたい方にもおすすめです。

【帝王切開】メリット

■胎児へのリスク(新生児仮死や新生児感染症、等)が減らせ、鉗子・吸引分娩による外傷を防げる。

■多児妊娠の場合や、妊婦さんに何らかの持病やリスクがある場合でも、安全に出産できる可能性が高い。

■骨盤内の臓器が傷ついたり緩んだりするリスクを防げ、産後の尿もれなども防ぐことができる。

■妊婦さんの精神的な負担が減らせる。

【帝王切開】デメリット

■手術によって出産するため、産後の妊婦さんの身体的な負担が多く、回復に時間がかかる場合もある。

■術後、血栓のリスクや臓器へのリスクが高まる場合がある。

■次回の出産も帝王切開となる可能性が高まる。

■出産時、圧迫によって肺の羊水が出ないため、赤ちゃんの呼吸が早くなる「新生児一過性多呼吸」になる可能性が高まる。
※ただしこれは通常は2〜3日で治まるそうで、赤ちゃんに障害が残ることはまずないそうです。

【帝王切開】★おすすめなのはこんな人!

双子や三つ子のような多児妊娠の場合は、赤ちゃんのリスクが減らせる、帝王切開を行う場合が多いようです。
最近では不妊治療を行う方も増え、高齢出産の方、多児妊娠をされるかたも多くなってきていますので、そういった方にはおすすめの方法といえますね。

また妊婦さんに何らかの持病やリスクがある場合も、帝王切開を行うことができる病院であれば一定レベルの医療設備も整っており、NICU(新生児集中治療管理室)なども備えている場合もありますので、出産によるリスクを母子ともに、最大限に減らすこともができそうです。

自分で選ぼう!自分にあった「出産方法」

それぞれのメリット&デメリット、いかがでしたでしょうか。

私は、通常分娩&完全母乳、という最も原始的(笑)で一般的な方法で出産・育児をしましたので、自分にもこれだけの選択肢があった、というのはあとからちょっと勿体なかったような気持ちになっちゃいました。
(…まぁ、そんな一般的な方法で大丈夫なほど、私の精神面は比較的強くて、心身ともに何も問題がなかったということで、大変恵まれているとは思いますが)

どれも、費用面や健康面、精神面でそれぞれ大きくことなる出産方法ですので、是非、ご自身にピッタリの方法を、ご家族とも相談して、決めてみてください。

ただし、一つだけ、どの方法を選択しても共通して言えることは、

『子供を出産する妊婦さん(母親)は、みんな等しく偉大で、尊敬するべきであり、子供に対する愛情は誰にも負けない』

ということです。
これは断言しておきます。

少し前に「通常分娩で産んだお母さんのほうが苦労して産んだ分、子に対する愛情が深い、無痛分娩の母親は楽して子供を産んでいるので愛情が少ない、母親としての自覚が育たない」なんという意見を目にしたことがあります。

それは全くの間違いだと思います。
これはもう、はっきりいって出産、すべての妊婦さんに対する「冒涜」です。

なぜなら、子供を産む、親になる、ということは出産の方法だけでどうこう言えるものではないからです。
出産に至るまでの約10ヶ月、妊婦さんは大変な苦労を伴いながら、我が子を育て、愛情を育み、出産に望んでいるのです。

それを出産方法一つで、他人がどうこう言う、あまりにも根拠に乏しい、視野の狭い意見ですね。

ですので、これから出産方法を選択する妊婦さんたち、自信をもって自分の方法を選択してください。
それをとやかく言う人がもしもいたとしても、そんなもの、気に留める価値もない意見です。

華麗にスルーにて、我が子との最初の思い出を、どうか素晴らしいものにしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

クリニック?大学病院?出産する場所ってどう選ぶ?

皆さんはお産の際、どうやってその「場所」を選びましたか? バースプランなんてものもあり、最近の出産に関する選…

結婚には付き物 実家との付き合い方について

結婚して心が乱されたり、神経を遣ったりすること…。 それは「実家との関係」です。 今回は避けては通れない実家…

魔の二歳児「イヤイヤ期」+妊娠臨月…。どうやって乗り切る?

魔の二歳児と言われる時期。 この時期はイヤイヤ期のお子さんが多く、これまで素直で可愛らしかった我が子が、突如…

「赤ちゃんが欲しい」不妊症、男性編 

約5年に渡って夫婦で不妊治療に取り組んだ経験から、今回は男性不妊症についてレポートします。

子ども用浴衣ドレス♡や作り帯のご紹介♡これからの季節に浴衣ドレスは♡子どももお気に入…

これからの季節お祭りやイベントで活用される浴衣ドレス♡子どものおシャレ♡ママ・パパ!要チェック♡

関連するキーワード

タネちゃん。

働くお母さん。
時に謎の神経質、それ以外は適当かつ豪快。
好奇心旺盛な楽観主義者。

お母さん歴はまだまだの新米かあさん。
息子と娘の育児に日々、奮闘中。

まだまだ「タネ」だけど、いつか、「お母さん」の花を咲かせたい☆
皆様どうぞよろしくお願いいたします。