本当は出かけたいのに...育児中/育児経験のあるママ 219 人に聞いた! 約 9 割の方が頭を悩ませている! お出かけの時の赤ちゃんお食事事情、徹底調査

アサヒグループ食品株式会社は、市販のベビーフードを食べさせたことがあり、0~2 歳の子どもを育てている/育てた経験がある 20~40 代女性 219 名を対象に「赤ちゃんとのお出かけに関する調査」を行ったので、その結果を報告します。

調査では、約 9 割ものママが赤ちゃんとのお出かけ中の食事に困った経験があるという結果や、出かけた時の食事方法など、赤ちゃんとのお出かけ時のお食事の様々な実態、また外出時に便利な市販のベビーフードの利用シー
ンランキングや、ベビーフードの悩みなど、ベビーフードに関する興味深い結果が明らかになりました。

赤ちゃんとのお出かけに関する調査概要

調査期間:2018 年 12 月 5 日(水)~2018 年 12 月 6 日(木)

対象人数:219 人

対象情報:子どもに市販のベビーフードを食べさせたことがあり、

0~2 歳の自分の子どもを育てている/育てた経験がある 20 代~40 代女性

調査方法:インターネット調査

赤ちゃんとのお出かけに関する調査結果詳細

赤ちゃんとのお出かけ先ランキング 1 位は「ショッピングセンター」(71.2%)

赤ちゃんが生まれてから何か月か経つと、育児にも慣れてきて家にいるだけでなく外にもお出かけしたくなりますよね。

世の中の 0~2 歳の赤ちゃんを育てている皆さまは、赤ちゃんと一緒にどこにお出かけをすることが多いのでしょうか。

そこで、赤ちゃんとよくお出かけする場所を調査してみました。すると、「ショッピングセンター」(71.2%)が多く票を集める結果に。

最近のショッピングセンターには、遊具やおもちゃなどがあるキッズスペースが併設されている施設も多く、ショッピング中も赤ちゃんを遊ばせることができる為、育児中の方に人気のようです。

次いで、「公園」(66.7%)、「親戚・知人の家」(36.1%)が続きました。

赤ちゃんとのお出かけ先での食事は「飲食店のメニュー」や「市販のベビーフード」の利用者が多数

「ショッピングセンター」や「公園」が人気のお出かけ先として挙げられましたが、育児中の方は赤ちゃんとの外出時、食事はどのようにしているのでしょうか。

最多はダントツで「飲食店のメニューを一緒に食べる」で 61.2%、次に「市販のベビーフードを持っていく」(44.7%)、「外で購入したものを一緒に食べる」(33.8%)と続きました。

飲食店のメニューや市販の食べ物など、お出かけ中はできるだけ手間をかけずに食事を済ませたい方が多いことが読み取れます。

約 9 割ものママがお出かけ中の食事に困った経験有り!「赤ちゃんが食べられるものがない...」

赤ちゃんとのお出かけ中に食事で困った経験がある方はどの程度いるのでしょうか。

困った経験の有無を聞くと、「ある」(何度もある/ある/少しある)と回答した人が 88.1%と、約 9 割ものママが困った経験があるという事実が判明しました。

具体的に困った時のエピソードを聞いたところ、「食べさせるものがない」(32 歳女性)、「子供がまだ大きな固まりを噛めない時に、飲食店のメニューで食べられるものがなくて困った。」(37 歳女性)と赤ちゃんが食べられるものがお出かけ中に見つからない、という意見が多く目立ちました。

飲食店に入っても赤ちゃんが食べられるメニューがなかったり、「大人の分を取り分けて食べさせたい時に、小さな容器やスプーンなどがなかったこと。」(49歳女性)、「飲食店に出かけた時、ご飯の持ち込みはお断りしてますと言われた。 」(32 歳女性)などといった、飲食店での苦労も垣間見れました。

エピソードの中には、「出先で市販のベビーフードを食べさせようと思ったらスプーンを忘れて、電子レンジも設置されていなかった。」(30歳女性)というベビーフードの使用シーンでのお悩みもありました。

約 7 割を超えるママが食事について困った経験があると回答・・・!?

約 9 割もの方が外出中に食事で困った経験があるという事実が発覚しましたが、赤ちゃんと外へ出かける頻度との関係性はあるのでしょうか。

週 1 日未満しか赤ちゃんと外へ出かけないと回答した人の中から、お出かけ中に食事で困った経験があるかどうかの割合を調べたところ、「ある」と回答した人はなんと 73.0%でした。

市販のベビーフードを使ったことがあるママの約 6 割が週 1 日以上利用している。利用シーンは「出かけるとき」「時間がないとき」

外出時や飲食店で赤ちゃんが食べられるものがないという問題が浮き彫りになりましたが、そんな時に助けられるのが「市販のベビーフード」。

お出かけ中の食事方法の 2 位にもランクインしていた「市販のベビーフード」ですが、その利用頻度はどのぐらいのものなのでしょうか。

率直に「市販のベビーフード」を利用する頻度を聞いてみました。

すると、「週 1 日未満」(37.4%)と回答した人が最多となった一方で、週 1 日以上利用している人は、6 割を超える結果になりました。

それでは、世の中のママは、どのような時に市販のベビーフードを利用するのでしょうか。

一番多かったのが「出かけるとき」で 75.3%でした。お出かけ先に赤ちゃんが食べられるものが少ないことを懸念して、外出時に市販のベビーフードを利用するママが多い事が読み取れます。

次に「時間がないとき」(71.7%)が続き、3 位には「疲れているとき」(44.7%)がランクインする結果に。

すぐ食事を摂ることができる時短アイテムとしても、市販のベビーフードを利用する人が多いようです。

ベビーフードメニューランキング 親がよく利用するメニューは「野菜」、赤ちゃんが好きなものは「肉」

色々なシーンで利用されている市販のベビーフード。

親が食べさせたいメニューと、赤ちゃんがよく食べるメニューで違いはあるのでしょうか。

そこで、市販のベビーフードのメニューでよく利用するメニューと、赤ちゃんが好んで食べるメニューで調査をとりました。

すると、よく利用するメニューでは 1 位に「野菜系のおかず」(69.9%)、2 位に「魚のおかず」(65.8%)、3位に「肉のおかず」(62.6%)、赤ちゃんが好むメニューでは、「肉のおかず」(45.7%)が 1位になり、2 位に「うどん」(44.7%)、3 位に「魚のおかず」(41.6%)となりました。

親がよく利用するメニューで3 位だった「肉のおかず」が、赤ちゃんが好むメニューランキングでは 1 位になるなど、親と子で若干の違いがあることが
判明しました。

ベビーフードの悩み 最多は「費用がかかる」(65.3%)「味付け」や「レパートリーの少なさ」も

お出かけ時や時間がないときに重宝するベビーフードですが、どのような悩みがあるのか聞いたところ「費用がかかる」(65.3%)がダントツで 1 位になる結果に。

1 食であればそこまで費用がかからないものの、利用回数が増えれば増えるほど費用がかさんでしまう為、コスト面が気になるママが多いようです。

以降、1 位と票数を離して「味付け」(33.3%)、「レパートリーが少ない」(31.5%)、「栄養バランス」(31.1%)と続きました。

「栄養マルシェ」について

今回の調査で、お出かけの際の赤ちゃんの食事方法や、約 9 割ものママがお出かけ中の食事に困った経験が有るなどの実態が明らかになりましたが、そんな悩める皆さまに赤ちゃんとのお出かけの際に是非お勧めしたいベビーフードが、和光堂「栄養マルシェ」です。

「栄養マルシェ」は、カップに入ったタイプで、容器はそのまま食器として使えるだけでなく、スプーン付きで外出に便利です。忙しいママの代わりにバランスのとれた食事をしっかりケアする「栄養マルシェ」。

大満足のたっぷりサイズ、1 歳以降向けの「BIGサイズの栄養マルシェ」もあります。

また、ベビーフードの悩みでも挙がっていた「レパートリーの少なさ」ですが、「栄養マルシェ」は親が赤ちゃんに食べさせたい野菜系のメニューから、赤ちゃんが好きなお肉のメニューまで、様々な種類を揃えているのでレパートリーが豊富。

7 か月頃から、9 か月頃から、12 か月頃から、1 歳 4 か月頃からと、月齢・成長に合わせた味付けで全 40 品展開しています。

「栄養マルシェ」商品サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

働くおかあさん驚愕!「それいけ!アンパンマン」が午前枠に!?

日本テレビ系 金曜日夕方4時台に現在放送されているTVアニメ「それいけ!アンパンマン」。 私の子供たちも小さ…

イクメンパパあるある

今日は、一応イクメンパパを名乗っていますので、日々の生活の中での「イクメンパパあるある」を紹介したいと思いま…

早生まれ、遅生まれってなに?今さら聞けない日本事情

「ウチの子は早生まれだから同じ学年の子と比べると身体が小さくて...」とか「学年は同じだけど、早生まれだから…

赤ちゃんが泣き止まない時に泣き止ませる方法をご紹介

「赤ちゃんは泣くことが仕事」とは言いますが、ずっと泣き続けられるとママにとって負担になります・・赤ちゃんが泣…

『イヤイヤ期』を『やりたい期』にしてしまう魔法の方法♪

2歳と言えば『魔の二歳児』ともいわれる通り、イヤイヤ期のまっただ中。 なんでも真似をしたがり、出来ないこと…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子