とにかく時間がない!1日はあっという間!

こんにちは、タネちゃん。です。

お仕事をしている方も、そうじゃない方も、子育てをしていると1日は本当にあっという間に過ぎていきますよね。
私も気が付くと、1日が終わり、1週間が終わり…と、いうような感じです。
そこで今回は、私が普段行っている忙しい時の時短術をご紹介します。

まずはお掃除やお洗濯などの家事について。
これはもう出来るときにパパッとやってしまうに限りますね。お洗濯は夜に洗濯機を回しておいて、夜のうちに干しておく。
朝はただでさえ忙しい時なので、できるだけやれることは前もって済ましておくようにすると心に余裕も生まれます。

お掃除も夜は音が気になるので、子供が遊びに夢中なとき、お昼寝中などに拭き掃除が出来るフローリングワイパーでさっと済ませ、週末に掃除機をかけるようにしています。
また拭き掃除をする時、今日はリビング、明日はダイニング、というように部屋ごとにかけて、なるべく手軽に済ませられるようにしています。

煮物と冷凍を活用して美味しい手抜き料理

さて、毎日特に頭を悩ますのが、食事の準備について。これはもう、本当に、一番の手間と時間を要しますよね。
母乳やミルクを飲んでくれていた時はなんて楽だったの!と離乳食が始まった時、恨めしく思ったものです。

そんなとき私が時間節約の手段として活用したのは「煮物と冷凍」です。
まとめて作って小分けしやすくして冷凍しておく、これを離乳食はもちろん通常食になった時でも、食材と調理方法を変えて冷凍し、平日の困ったときの一品として使っています。
また、きのこ類や油揚げ、ネギや茄子などはすべて細かく刻んでそれぞれ袋に入れて冷凍しておき、夕飯の際、お味噌汁や炒め物の具材として利用します。

例えばお味噌汁の場合、出汁を沸かしている間にメインのおかずを作り、出汁が出来たところで冷凍した油揚げ、きのこを加えて味噌を加え最後にネギを入れる、するとものの5分もしないうちにお味噌汁とメインのおかずの完成です。
お味噌汁は具材を増やせばこれだけでほとんどの栄養が取れちゃう優れもの!私は困ったときは野菜たっぷりお味噌汁!と決めています。
ちなみに、きのこ類は冷凍したほうが旨味成分が増えるそうなので、私は普段から保存は冷凍にしています。

そして和食の中でも特に煮物は、食材を切って調味料を入れて後は煮込むだけ、の美味しい手抜き料理だと私は思っています。
煮込んでいる間は手も離れるので他のことも出来ますし、柔らかく煮ることにより子供が小さい頃も食べやすく料理できます。
また煮込むことで味もしっかり染み、薄味でも子供が喜んで食べてくれるので助かります。

頑張り過ぎは辛くなる!「お母さん」には休みがないからこそ、楽もしましょう

仕事と子育て、家事をしていると、本当に大変ですね、と言われることが多いのですが、実は私は仕事をしている時間ってとっても楽だと思っています。もちろん仕事は大変ですが、だって相手は大人同士、言葉が通じますもんね。当たり前のことですが、子育てしているととても貴重なことに感じます。
そして今回の時短術のように私は、楽できることは楽しちゃおう♪という楽観的な(ズボラな?)性格なので、仕事があることによってうまく子育てと家事のガス抜きができているのではないかと思います。

それに対して、お仕事をしていないお母さんは、それこそ一日中、子供につきっきり!
相手の感情や考えは推し量ることしか出来ず、して欲しいことを間違えば泣きわめく子供と一緒にいることは本当に大変だと思います。また時間もあるので子育てに対してもとてもきめ細やかにされているように思います。(私からすると尊敬しちゃうレベル!)
だからこそ、せっかく作った離乳食を全然食べてくれない、泣き止んでくれない、寝てくれない時の辛さといったら、私以上でしょうし、ストレスも多く感じてしまうのではないかな、と思います。

でもお母さん、には土日も祝日もほとんど関係ありませんよね。毎日毎日続くものです。
だからたまにはちょっと手を抜いたり、時短術で空いた時間で友達とおしゃべりをしたり、テレビを見て笑ったりしてほしいな、と思うのです。
もし、そういう時間を過ごすことで罪悪感のようなものを感じてしまうのなら、その分また頑張ろう!という気持ちを子育てや家事にプラスすれば、楽をした時間も無駄にはなりませんよね。

そしてなにより、赤ちゃんも子供も、笑っているお母さんが一番大好きなのです。それだけで幸せで嬉しくなっちゃうんです。
だから働いているお母さんもそうじゃないお母さんも、イライラ顔でいるよりも、たまには楽をして、できるだけ笑顔で子供と向き合いながら子育てや家事をこなせるようになるといいなぁと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ママ必見の動画!子どもの「おねしょ」に関する本音に思わず涙…

「まだ小さいので、そういうこともあるかな」 「本人も特に気にしてないのかなって思う」 と、ママはあまり気に…

子供にいい影響を与える夫婦の行動4つを紹介!

子は親の背中を見て育つ。なんて言いますが、本当にそのとおりだと思います。 口癖もそうですし、行動一つについて…

初めての自転車① 〜お子さんの自転車選び編〜

お子さんが2歳頃になると、多くのご家庭で次に検討され始めるのが「自転車の購入」について。 第一回目の今回は、…

落ち着きがない学習障害と診断された我が子のその後について

僕の長男ですが、現在は高校受験を受ける準備をしておりますが、小学2年生から小学3年生のころ「学習障害」と診断…

要注意!子供の心に傷を残してしまうNGフレーズとは?

子育てをしていると、泣き止まない時やいつまでたってもいうことを聞いてくれない時など、わかっていてもついついイ…

関連するキーワード

タネちゃん。

働くお母さん。
時に謎の神経質、それ以外は適当かつ豪快。
好奇心旺盛な楽観主義者。

お母さん歴はまだまだ、の新米かあさん。
5月に第二子・女の子を無事出産し、息子と娘に日々、奮闘中。

まだまだ「タネ」だけど、いつか、「お母さん」の花を咲かせたい☆

Sponsor