サントリービール(株)は、「ザ・モルツをもっと楽しもう!グッとくるアプリ第3弾」として、北斗の拳自撮りジェネレーターアプリ「北斗の宴 by The MALT’S」を開始しました。

本アプリは、写真さえあれば誰でも北斗の拳のキャラクターになることができ、オリジナルストーリーの中で主人公のケンシロウ達と乾杯ができる「誰でもヒャッハー!」なアプリです。顔パーツ組み合わせは全部で3億2千万通り以上!「北斗の拳」の作画者である、原哲夫先生が監修しています。

対象の専用6缶パックを購入し、裏面のQRコードから「北斗の宴 by the MALT’S」をダウンロードして専用6缶パックをかざせば、誰でも楽しむことができます。

北斗の拳自撮りジェネレーターアプリ「北斗の宴 by The MALT’Sについて

POINT1.あなたの顔が北斗の拳キャラに変身!

画像を選択するだけで、誰でも北斗の拳のキャラになることができます。

<パーツも選択可能>
輪郭・体・髪の毛・マユゲ・目・鼻・口・耳・ヒゲ・帽子・めがねなどを自由に選択、修正することができます。パーツの組み合わせは全部で3億2千万通り以上です。

POINT2.オリジナルストーリーの中でケンシロウ達と乾杯!

全5パターンのストーリーの中から、好きなストーリーを選んで動画にすることができます。
ストーリーは、ケンシロウ、トキ、ラオウ、サウザー、北斗四兄弟が登場する5つのパターンがあります。

<動画をシェアすることも可能>
 作成した動画は各種SNSでシェアすることも可能です。

アプリを楽しむ方法

STEP1.専用6缶パックを購入
STEP2.専用6缶パック裏面のQRコードより「北斗の宴by the MALT’s」をダウンロード
STEP3.アプリを起動。専用6缶パックにかざすとロックが解除。

北斗の拳自撮りジェネレーターアプリ「北斗の宴 by The MALT’S」詳細

<タイトル>
北斗の宴 by The MALT’S

<URL>
・iOS:

・Android:

<対応端末>
・ios:iphone5S/iPad3以上のios8以上が搭載された端末
・Android: AndroidOS4.4以上が搭載された端末
※カメラが付いていない端末など、一部機種では正常に動作しない場合があります。
 
<対象商品>
■ザ・モルツ「グッとくるアプリ第3弾(北斗の宴 by the MALT‘S)」
 対応6缶パック 350ml・500ml ■ザ・モルツ「グッとくるアプリ第3弾(北斗の宴 by the MALT’S)」
 対応くじ付き6缶パック 350ml ※対象製品は数量限定です。

「ザ・モルツ」商品について

サントリービール(株)が今まで「ザ・プレミアム・モルツ」や「~ザ・プレミアム・モルツ~ マスターズドリーム」を通して培ってきた製法やノウハウを活かし、苦味・コクとほのかな甘みを感じる複層的な味わいを実現した‘UMAMI’の“NEWスタンダードビール”です。

商品名:「サントリー ザ・モルツ」
容量:
レギュラー缶:350ml
ロング缶:500ml
瓶:500ml・633ml
*希望小売価格は設定していません。
*その他、料飲店向けに樽生(10L、15L、20L)を発売。
アルコール度数:5%
発売地域:全国

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

カレシよりカラシ!?淋しいあなたを大きな包容力?で包み込むカラシれんこんクッションプ…

”九州の元気に会いに行こう!”熊本・大分復興支援プロジェクトで当たる「カラシれんこんクッション」。「彼氏がほ…

「さらりとした梅酒」がボトルになって登場!青空の下、ボトル片手に女子会はいかが?

澄み切った青空の下、梅酒をモチーフにしたペーパーシェードに下で白いドレスコーデの大島優子さんが、みんなに梅酒…

栃木の名産品「レモン牛乳」ががぶ飲みシリーズとコラボ!「がぶ飲みレモンクリームソーダ…

がぶ飲みメロンクリームソーダでお馴染みの「がぶ飲みシリーズ」からなんと、栃木のソウルドリンク「レモン牛乳」が…

未来の面接プロジェクト始動!メガネ型デバイスが企業とあなたをつなぐ架け橋に

株式会社インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、面接の可能性を探る「未来の面接プロ…

「北斗の宴(えん) by The MALT‘S」大好評につき、原哲夫先生のサイン入り…

写真を撮って北斗の拳のキャラクターになれ、ケンシロウ達と乾杯が出来る「北斗の宴」。もうみなさんはお試しいただ…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子