マッサージスペース

施術者が自由に動き回れるスペースを確保しましょう。マッサージの種類によっては動き回らず最小限のスペースで大丈夫なものもありますが、ロミロミなど体重移動を利用してスタンスを取って行うマッサージの場合は、施術者が無理な姿勢になって体を痛めしないよう、また適切な圧でマッサージするためにも、あらかじめスペースを確認しておきましょう。

トリートメントルームの室温

お客様にとって心地良い温度を保つように心がけましょう。施術者はマッサージを行い体を動かすので、時には汗をかいてしまうほど暑くなることもありますが、着衣せずシーツとブランケットで施術を受けているお客様の身体は、リラックスして筋肉が緩むこともあり肌寒く感じることがあります。

寒さを感じるとお客様の筋肉が収縮し始め、せっかくマッサージでリラックスしたくてもリラックスできず身体は再びストレスを感じます。ですのでトリートメントルームの室温はお客様を案内する前に必ず確認し、施術途中のお客様の体温の変化も忘れずに、心地よい温度を保つようにしましょう。

人によっての体質が違ったり、またハワイなどのリゾート地では色々な国の方が来られるので、温度の感じ方はそれぞれの違う場合があるかもしれません。そのため施術を始める前、また途中でも室内の温度は大丈夫か、もし問題があればすぐにお客様が知らせやすいようコミュニケーションを取るように心がけましょう。

室内の照明

気持ちの変化の大きな要因に、目に入る光が大きく影響しています。白っぽい光の照明は、緊張と覚醒を起こし、リラックスできないだけではなく寒々しさを感じさせます。一方、オレンジのような柔らかい光、または自然光などは、気持ちをリラックスさせ、安心感や温かみのある印象を与えます。

ですので、蛍光灯などの照明ではなく、間接照明やキャンドルやランプなどの柔らかい光が施術室には向いています。ただし、キャンドルやランプを使用する際は火の元に気をつけましょう。電池で動くキャンドルにも火のゆらぎの動きをするものもありますので、ご自分の要望に合うものを見つけてみてください。

いかがでしたか。

お部屋の快適なものにすることはトリートメントの一部と考え、お客様にとってベストの環境で施術するはプロフェッショナルとして非常に大切なことですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

やっぱりスゴかった!!えのき茸ダイエット

3~4年前にテレビで紹介された「えのき茸ダイエット」。 ダイエットだけでなく、美肌効果や生活習慣病・糖尿病の…

NYで話題のカーボン美容って知ってる?

バーベキューやキャンプなどアウトドア時の燃料や、消臭剤などで私達の生活の中に重宝されている『炭』。 そんな炭…

ヒリヒリ真っ赤な日焼け、こんな時はコノ応急処置!

せっかくハワイに来たからと張り切って遊んでしまい、炎天下の中で日焼け止めの塗り残しやムラによる部分焼けをして…

透き通るような光、繊細な輝きを放つ春メイク

春の高揚感を繊細なきらめきでまとい、気持ちまで前向きにしてくれるような春メイクがLUNASOL(ルナソル)か…

忙しいママにおすすめ♪たった4分間でできちゃうダイエット運動!!

ワーキングママは仕事に家事に育児にと大忙し...ストレスでつい、間食→気づけば体重増(´Д`)なんてことあり…

関連するキーワード

Abhasa Spa

アバサスパは、2001年にワイキキ初のガーデン カバナと共にこのロイヤル ハワイアン ホテル内にオープンしました。このアバサスパが、ご要望にお応えして、ロミロミ マッサージ スクールを開始しました。

Sponsor